iPhone Xの不満点から、iPhone 2018年モデル(iPhone Xs)で改善して欲しいこと

2018年モデルのiPhoneは2018年9月12日発表 iPhone XS
SPONSORED LINK

2018年9月12日(日本時間13日)にAppleのスペシャルイベントが開催される。

いよいよ2018年モデルのiPhoneが発表されるわけだが、噂になっているモデルは、全てiPhone Xの後継モデルといえるものだ

近年の傾向から言えば、ほぼ確定情報と言えるので、iPhone Xを使って感じた不満をもとに、次期モデルに望むことを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

2018年モデルのiPhoneラインアップ(噂)

2018年モデルのiPhoneは2018年9月12日発表

Appleのスペシャルイベント開催前の、2018年9月8日時点の噂は以下のようなものだ。

モデル名特徴
iPhone Xs(テンエス)iPhone Xの後継モデル
iPhone Xs Plus6.5インチの大型iPhone X
デュアルSIM対応になるとか
iPhone 96.1インチ液晶の、iPhone X廉価版と言えるモデル

機能・ハード的な噂はデュアルSIM対応くらいしか耳にしない。

このため、2018年は「s」と名の付く、セカンドモデルになる可能性が高いと思う(例:iPhone 6s)。

ポイントは、iPhone 8の後継モデルはなく、全てiPhone Xの後継モデルという位置付けになっているということだ。

つまり、iPhone Xで導入された、

  • 顔認証「Face ID」
  • ベゼルレスのディスプレイ

これらがiPhoneの標準機能になることを意味する。

iPhone Xについては、僕自身2017年11月以来使い続けている。

全てが変わった初号機のわりには高品質だったが、不満がなかったかと言えばそうでもない。

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが、10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018.09.01

iPhone Xの不満と次期モデルで改善してほしいこと

10年先の未来を感じたiPhone X

iPhone Xを使っていて感じた、不満は主に以下の3点だ。

iPhone Xの不満
  • Face IDが認識しないケースが多い
  • 付属している5W充電器では、充電に時間がかかりすぎる
  • ポートレートモード撮影時の熱暴走

いずれも普段使いで困ることは少ない。

だが、iPhone Xは10万円を超える高級品であるわりに、肝心なところの詰めが甘いと感じたのも事実で、それが不満に繋がっている

Face IDが認識しないケースが多い

Face IDは革新的な機能

iPhone Xで導入された、顔認証「Face ID」は革新的な生体認証技術だ。

これまでよくあった顔認証は、以下のような問題があった。

  • 認証が遅い
  • いちいちスマホに顔が映し出される

対して、Face IDはスマホを見つめるだけで一瞬にしてロックが解除される

存在を忘れるくらい早くて、便利なのだが、やはり弱点もあった。

  • 暗闇での認識率が低い
  • マスクをつけていると認識しない

ある程度は仕方ないと割りきるしかない。顔認証の宿命だと思う。

だが、改善は続けて欲しい。

そして、長い目で見たときFace ID最大の弱点は、

横画面(ランドスケープモード)では動作しない

ということだ。

案外知られていないが、

縦に持ってみつめる必要がある

このような感じで縦に持った場合のみ、Face IDは動作する。

iPhoneではそれほど気にならないが、iPadへの展開を考えた時、問題が多いと思う。

iPadは縦画面、横画面で使う人が両方とも多いので、「どちらかしか使えない」では役に立たない。

ここは、何としても改善して欲しいと思う。

Face ID(顔認証)は使える?暗闇・マスクを着けていたら認識しないので不便です

2017.11.26

ホームボタンはいらない。iPhone Xが教えてくれた、『やめる勇気』を持つ大切さ

2017.12.23

付属している5W充電器では、充電に時間がかかりすぎる

USB-PDでの急速充電は爆速

iPhone Xはかなり大型のバッテリーを搭載している。

2017年モデルで比較すると、以下のような感じだ。

iPhone XiPhone 8iPhone 8 Plus
2,716mAh1,821mAh2,691mAh

iPhone 8より大きいのは納得できるだろうが、実はiPhone 8 Plusよりも大型のバッテリーを搭載している

にもかかわらず、付属している充電機器はiPhone 5の頃から変わらず、

  • 5W充電アダプタ
  • USB-Lightningケーブル

となっている。

正直、この構成での充電は相当な時間がかかる。

USB-C - Lightningケーブルのパッケージは小さい

実はiPhone XはUSB-PD(Power Delivery)による急速充電に対応している。

  • USB-PD対応充電アダプタ
  • USB-C – Lightningケーブル

の組み合わせなら、かなり早く充電できるが、対応機器を揃える必要がある

ここはそろそろなんとかして欲しい部分だ。

2018年5月頃、USB-C – Lightningケーブルは、1メートルのケーブルのみ値下げされた。

1メートルと言えば、iPhoneに同梱されるサイズだ。

2018年モデルでは、同梱される前触れだと思っている。

USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017.10.04

ポートレートモード撮影時の熱暴走

ポートレートモード

デュアルカメラを搭載したiPhone Xの、目玉機能の1つはポートレートモードによる高画質な写真撮影だ。

僕は、iPhone 8 Plus・iPhone Xの両方を使って、ポートレートモードで撮影をしたことがある。

iPhone 8 Plusの短所は「大きさと重さ」、長所は「カメラと急速充電」。長期利用レビュー

2017.10.21

大好きなアイドル「わーすた」のライブでは、前の方で見られた場合、90分程度のライブで100枚ほど写真を撮ることもあった。

この時、問題が発生した。

熱暴走で撮影速度がだんだん遅くなり、使えない時が増えた

同じような使い方でもiPhone 8 Plusでは問題なかった。

個体差かもしれないが、iPhone Xではポートレートモードでの撮影を連続して行うと、負荷が大きいようで、iPhoneがかなり熱くなる。

写真撮影だけでなく、熱くなりやすい印象が強いので、改善を期待している。

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

終わりに

2018年モデルのiPhoneは「iPhone Xs(テンエス)」と呼ばれている。

「s」の名が付くセカンドモデルは、名機が多い。

  • 4インチiPhoneの完成形「iPhone 5s」
  • 2018年現在でも、格安SIMなどで主力の「iPhone 6s」

特に驚異的なのはiPhone 6sで、発売から3年経過しても、まだ売れ続けているのはある意味異常だと思うが、それくらい完成度が高いとも言える

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

当初予定から1年前倒しにされたと言われる、iPhone Xは完成度は高く、歴史的には大きな転換点の端末だっただろうが、名機というほどのものではなかった。

iPhone Xsには、iPhone Xでできなかったことを盛り込んだ、完成形を期待したいなと思っている。

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが、10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018.09.01

iPhone XはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

iPhone 8とiPhone Xのまとめ記事

iPhone 8 Plusの短所は「大きさと重さ」、長所は「カメラと急速充電」。長期利用レビュー

2017.10.21

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが、10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018.09.01

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK