ガジェットの整理整頓に便利!iPhone&Apple Watch対応「Oittm 多機能充電スタンド」レビュー【PR】

iPhone 8 PlusとApple Watch Series 3
SPONSORED LINK

iPhoneとApple Watchの充電をどうしてますか?

2015年の発売当初から、Apple WatchはiPhoneとペアリングする前提となっている。

このため、製品としては別だが、実質的にセットの製品といえ、例えば、

  • スマホはAndroid、ウェアラブル端末はApple Watch
  • ガラケーとタブレット、ウェアラブル端末はApple Watch
  • Apple Watch単品

という使い方をする人は、少ないだろう。

いたとしても、少なくともセットアップにiPhoneが必要になる以上、複数のガジェットを使いこなすような人だと思う。

なので、iPhoneとApple Watchは基本的にセットであり、充電もほぼ同じタイミングで行うだろう。

iPhoneとApple Watchを、同時に充電・格納出来るDockが欲しい

1度くらい、そんなことを思ったことはあるんじゃ無かろうか。

僕は結構ある。
というわけで、今回は『Apple WatchとiPhoneが充電出来る多機能充電スタンド』を紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Oittm 多機能充電スタンドの概要

Oittm 多機能充電スタンド

Oittm 多機能充電スタンド

今回紹介するのはOittm 多機能充電スタンドということで、メインは、

を充電出来るDock(スタンド)となる。

さらに言えば、USBポートを3基搭載しているため、その他のUSBデバイスも充電可能だ。

ガジェットが増えれば、充電中に机が散らかるようになる。

整理整頓という意味でも便利なアイテムだと思う。

ただし、充電機能としての性能は決して高くない

  • Quick Charge・USB Power Deliveryなど、急速充電は非対応
  • デバイスに応じて、最適な電圧に調整する機能もなし
  • iPadの急速充電(2A)も非対応

となっており、基本的にはiPhoneの標準規格(1A5V)の充電のみに対応している。

このため、寝る前に置いておくなど、急ぎでない充電に最適なスタンドだと思う。

また、この手の製品はApple認証(MFI認証)の取得有無が、製品購入の判断要素になるが、Oittm 多機能充電スタンドは取得していない。

だが、これには理由があり、

充電ケーブルは別途用意する必要がある

という条件がある。
これはメリットともデメリットともとれる。

だが、このスタンドが有する機能は電力供給のみで、iPhoneとApple Watchは純正ケーブル経由で充電なので逆に安心出来ると思った。

カラーバリエーションは、

  • シルバー
  • ブラック

の2種類があり、記事の作成時点(2017年11月3日)はAmazon価格3,680円で同一価格だったが、僕が最初に見た時はシルバーの方が200円くらい高かった

時期によって価格は変動しているので、最新の価格はチェックして欲しい。

今回はブラックを紹介する。

Oittm 多機能充電スタンドの開封レポート

Oittm 多機能充電スタンド

Oittm 多機能充電スタンド

パッケージ裏面

パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
パッケージはかなりしっかりしている。

箱を開封

箱を開封

開封すると本体(スタンド)とコンセントが登場。

同梱品

同梱品

スタンドのパーツ

スタンドのパーツ

マニュアルは英語のみ

マニュアルは英語のみ

  • スタンド本体
  • スタンド用のパーツ
  • コンセント
  • マニュアル(英語のみ)

が入っている。

見ての通り、完成品ではなく組み立てが必要となる

スタンドの上部

スタンドの上部

スタンドの裏側

スタンドの裏側

iPhone 8 Plusとのサイズ比較

iPhone 8 Plusとのサイズ比較

これが組み立て前のスタンド本体。
iPhone 8 Plusよりも大きいので、わりと大型だ。

裏側にはシリコンの滑り止めがついている

このお陰で、机などにおいても傷はつかないし、振動にも強い。

蓋を開けると空間がある

蓋を開けると空間がある

USBポートが2つ

USBポートが2つ

スタンドは蓋があり、開けるとこんな感じになっている。

USBポートが2基搭載されており、

を差し込むイメージだ。

このため、どんなケーブルを使ってもよいということになるのだが、基本はApple純正ケーブルを使った方が良いと思う。

組み立ててみた

iPhone 8 PlusとApple Watch Series 3

完成状態

そこまで難しいものではないが、組み立てが必要なのでやってみた。

僕はある程度、ケーブルなどをさっと用意できるので早かったが、最低でも30分くらいは見込んでおいた方が良いと思う

ざっくり組み立てた状態

ざっくり組み立てた状態

まず、スタンドのパーツをざっくりはめ込んでみる。

  • 左がiPhoneスタンド
  • 右がApple Watchスタンド

となる。

純正ケーブルを配備

純正ケーブルを配備

ここに純正ケーブルをはめ込む

裏側は配線しやすいような配慮あり

裏側は配線しやすいような配慮あり

裏側にケーブルを配線し、

LightningとApple Watch用のUSB充電ケーブルを接続

LightningとApple Watch用のUSB充電ケーブルを接続

スタンド内のUSBポートに接続する。

結束バンドも付属している 

結束バンドも付属している 

このままだとゴチャっとするので、結束バンド(付属している)を使って収まりよくする。

スタンドが完成

スタンドが完成

これでスタンドが完成だ。

裏側にはAC電源とUSBポートが3つ

裏側にはAC電源とUSBポートが3つ

あとは、裏側にあるコンセントを繋げばOK。

ここに、USBポートが3基あるので、他のデバイスを充電することも可能だ。

Oittm 多機能充電スタンドを使った感想

iPhone 8 PlusとApple Watch Series 3

iPhone 8 PlusとApple Watch Series 3

基本的にただのスタンドなので、iPhoneやApple Watchを充電・保管する以外の用途には使えない。

ただ、特にiPhoneについてはどこまで使えるかなぁ、というのは気になった。

上記画像はiPhone 8 PlusApple Watch Series 3だが問題なし。

iPhone 7と初代Apple Watch

iPhone 7と初代Apple Watch

iPhone 6とApple Watch Series 3

iPhone 6とApple Watch Series 3

iPhone SEとApple Watch Series 3

iPhone SEとApple Watch Series 3

4.7インチのiPhone 6系や、iPhone SEはもちろん問題なし。

Apple Watch Series 3を設置

Apple Watch Series 3を充電

Apple Watchは、初代でもSeries 3でも大丈夫だ。

横向きに充電するので、デフォルトではナイトスタンドモードとなる。

AirPodsとApple Watch Series 3

AirPodsとApple Watch Series 3

あと、意外だったのがAirPodsも充電出来た。

スタンドの位置はネジで調整可能なので、少しずらせばわりと柔軟に格納可能だ。

不安定なのでおすすめはしないが、iPadも充電可能だったことは一応申し添えておこうと思う。

終わりに

机にはこんな感じで配置

机にはこんな感じで配置

僕はいわゆるガジェット好きで、この記事で紹介したデバイスをみれば分かるだろうが、多数のデバイスを所有している。

Apple Watchも購入以来、スタンドで充電していたが、これはApple Watchのみ対応する製品だったし、Appleは今でもDockを販売しているが、基本的に単機能だ。

Apple Watchの充電はドックよりスタンドがおすすめ。Spigen「S330」レビュー

2015.06.02

しかし、スマートデバイスが一般化する中で、複数のデバイスを所有することはそれほど珍しく無くなった

結果として、

  • 整理整頓
  • 充電機の一元化

などの用途で、複数デバイスを格納出来るスタンドの需要は高まっていると思っていて、Oittm 多機能充電スタンドはとても便利だった。

この手の製品は類似製品が多数あるが、Oittm 多機能充電スタンドの特徴は、

充電そのものは、任意のケーブルが使える(=Apple純正ケーブルが使えるし、交換可能)

ということで、欠点と見る人もいるだろうが、僕は逆に便利だと感じた。

メーカー保証は12ヶ月あり、Amazon価格は3,680円なので、わりと買いやすい価格では無いかと思う。

複数デバイスをお持ちの方は、是非試してみて欲しい。

Apple Watchのまとめページ

SPONSORED LINK