iPhone X(テン)とiPhone 8発表!2017年モデルで変わったことをピックアップ

iPhone Xにはどう考えても人気が集中
SPONSORED LINK

遂にiPhoneの2017年モデルが発表された!

モデル名は、

  • iPhone X(テン)
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus

ということで、近年のAppleらしいというか事前に流れた噂通りのスペックとなっている。

発表前の噂のまとめは以下の記事だが、

iPhone 8は何が変わる?新機能・モデル構成・発売日など噂のまとめ(2017年9月12日発表予定)

2017.09.09

多分ほぼ予想通りですねw
というわけで、答え合わせ的な位置付けになってしまうが、iPhone発売10周年モデルを考察してみようと思う。

SPONSORED LINK

モデル名はiPhone XとiPhone 8

2017年のiPhoneは3モデル

2017年のiPhoneは3モデル

今回のモデル構成は以下のような形となっている。

タイプ名称前モデル
コンパクトiPhone 8iPhone 7
大画面iPhone 8 PlusiPhone 7 Plus
プレミアムiPhone X

なんと言っても注目は、新登場となるiPhone Xだろう。

なにせ、iPhone XはこれまでのiPhoneとは見た目の雰囲気が全く異なっている

  • 全面ディスプレイ
  • ホームボタンが廃止

このインパクトは大きく、好き嫌いの議論は置いといて、一番目に付くのは間違いない。

Androidみたい

って思う人も多いんじゃなかろうか。僕もそう思う。

iPhone 8シリーズ・iPhone X共通で変わった事

iPhone 7の後継はiPhone 8

iPhone 7の後継はiPhone 8

スペック比較については、Apple公式サイトを参照するのが一番分かりやすいので割愛するが、

今回何が進化したのかをピックアップして紹介しようと思う。

まずは、iPhone 8シリーズiPhone Xの共通仕様部分。

  • プロセッサが進化(A10→A11)
  • HDRディスプレイ、True Toneディスプレイ対応で色再現度がアップ
  • ガラス製の筐体を採用(全体的に重量アップ)
  • ビデオ撮影が4Kビデオ60fpsに対応
  • 高速充電に対応(USB-PD)
  • ワイヤレス充電に対応(Qi充電器に対応)

といった辺りだ。

ガラス製筐体の採用により見た目が変わった

と感じる人は多いだろうが、それ以外の進化は使う人によっては全く分からないかもしれない。

個人的には、アイドルグループ「わーすた」のライブ・イベントでは、スマホでの動画写真撮影がOKなのでカメラの進化は気になっていた。

だが、目立った進化は4Kビデオ撮影が60fpsに対応したくらいで、動画職人には大きな話だが、個人的にはあまり魅力は感じない。

なお、モデル番号をみると、

  • iPhone 8はA1906
  • iPhone 8 PlusはA1898

となっており、iPhone 7と同じく日本専用モデルとなっていた。
iPhone Xについてはまだ記載がないが、恐らく同じでは無いかと思われる(理由はApple PayにFeliCaを採用しているから)。

ガラス製の筐体とストレージ構成が原点回帰

筐体はガラス製

筐体はガラス製

iPhone 8シリーズ最大の変化は、質感ではないかと思う。

どちらかと言えば原点回帰で、iPhone 4Sの頃をイメージすると分かりやすいと思うが、

金属フレームをガラスで挟んだ筐体

となっている。
iPhone 6シリーズ以降は、アルミニウム素材で手触りなどは金属そのものだったわけだが、ガラスに回帰したことでツルッとした感覚に変わるだろう。

そして、この事に伴いカラーバリエーションも原点回帰してしまった。

  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド(iPhone 8のみ)

という構成で、近年はカラーバリエーションの増加が激しかったが、整理された。

また、ストレージ構成も、

  • 64GB
  • 256GB

の2種類となり、要するに多いか少ないかという選択肢になった。

とはいえ、64GBあればほとんどの人は事足りると思われ、iPhoneの容量問題はもう発生しないだろう。

カラバリやストレージ構成を見ると、拡大を続けていたが10周年を機に、全体的にリセットしたという印象が強い。

SPONSORED LINK

新登場のiPhone X(テン)

10周年モデルの「iPhone X(テン)」

10周年モデルの「iPhone X(テン)」

そして、これが今後のスタンダードとなるのであろう、iPhone X。

iPhone 8シリーズとの大きな違いは、

  • 5.8インチの有機EL全面ディスプレイ採用(OLED)
  • ホームボタンを廃止
  • 生体認証はTouch IDからFace ID(顔認証)へ
  • メインカメラのデュアルレンズがデュアル光学式手ぶれ補正に対応
  • フロントカメラがTrueDepthカメラに進化。ポートレートモードにも対応(自撮りもキレイに)

といった辺りだろうか。
iPhone Xはとにかく見た目にインパクトがある。

5.8インチの有機EL全面ディスプレイ採用

全面ディスプレイ

全面ディスプレイ

まずこの全面ディスプレイ。

iPhoneの象徴はホームボタン

そのように考える人は多いはずだが、なんと無くなってしまった。

近年のスマートフォンのトレンドとも言えるが、ホームボタンで実現していた機能は、

  • Siri起動・Apple Pay起動はスリープボタン
  • Touch IDはFace IDに

という感じで移管されている。

肝心の、

ホーム画面に戻る機能はどうなったのか?

というと、画面下部をスワイプとなっているらしい。

ホームボタンの代わりはジェスチャ

ホームボタンの代わりはジェスチャ

てっきりAndroidのように画面下部にソフトウェアボタンが表示されるのかと思っていたが、そうではないようだ。

使ってみないと何とも言えないが、『慣れ』が必要というのは間違いない気がする。

生体認証はTouch IDからFace ID(顔認証)へ

生体認証はFace IDへ

生体認証はFace IDへ

生体認証については、iPhone 5sの時代から指紋認証のTouch IDがスタンダードだった。

しかし、これも無くなり顔認証のFace IDに変わった。

iPhoneを見つめるとロックが解除される

一見便利そうだが、若干不安もある。例えば、車などで触るときTouch IDは画面を見なくても解除できるので便利な面があった。

そもそも触るなよ、という議論はさておき、便利な面と不便な面があると思うので、どちらの割合が多くなるのかが気になるところだ。

TrueDepthカメラ

TrueDepthカメラ

Face IDの搭載に伴い、フロントカメラがTrueDepthカメラに進化し、赤外線カメラなども搭載。

暗い場所でもFace IDが動作するように

という配慮のようだが、例えばライブ会場や花火大会など、暗いけど光の加減がめまぐるしく変わるような場所で、上手く動作するのかという不安はある。

指紋認証も、乾燥肌や濡れた手では動作が怪しかったので、全てが完璧ではないが、どっちがよいのかは試してみないと分からないだろう。

メインカメラのデュアルレンズがデュアル手ぶれ補正に対応

デュアルカメラも進化

デュアルカメラも進化

iPhone 7 Plusにおける大きな進化は、デュアルレンズ採用による、光学ズーム(2倍)対応と高画質化だった。

iPhone Xにおいてこのデュアルカメラは、横配置から縦配置に変わったが、基本的なコンセプトは変わらず、進化している。

ここが同じくデュアルカメラを採用する、iPhone 8 Plusとの差別化ポイントにもなる

具体的には、望遠側のレンズが進化しているようだ。

スペックiPhone XiPhone 8 Plus
レンズ仕様ƒ/2.4の開口部ƒ/2.8の開口部
光学式手ぶれ補正ありなし

という感じだ。

光学ズームの倍率については、特に記載が無いので従来通り『光学2倍ズーム』と思われる。

ここはちょっと残念だ。

全体的な感想

見た目が大きく変わったiPhone X

見た目が大きく変わったiPhone X

事前に流れていた噂通りなので、サプライズはほぼ無かった

個人的には、予想通りではあっても、

  • 高速充電規格のUSB Power Delivery対応
  • ワイヤレス充電のQi(チー)に対応

が地味に嬉しく、これらの充電規格の覇権は決まったといっても良いと思う。

慣例に従えば、今年はiPhone 7sとなるべきところを、iPhone 8とiPhone Xとしたのは、

10周年を節目

と捉えているからだと思う。

来年以降、iPhone Xがどうなって行くのかがある意味注目だが、基本的な方向性は、iPhone Xがデフォルトになっていくのだろう。

そういう意味で、Appleの考えるモバイルデバイスの未来を感じたければ、iPhone Xを使ってみるべきと思う。

だが、

正直ちょっと使いづらそう

って思っている。
全面ディスプレイということは、基本的に全てがソフトウェア制御で動作する事になるので、iOSのバージョンアップで不便な部分は解消される可能性がある。

そういう意味で、iOS 11の完成度も気になるところだ。

何を買うか

で、僕は何を買うのかと言えば、

iPhone Xのシルバー256GBモデル

かなと思っている。
予約開始が10月27日から、発売が11月3日ということで、発売が11月にずれ込むのも異例だが、どうせ買うなら待つべきかなと考えているので。

終わりに

10周年モデルの「iPhone X(テン)」

10周年モデルの「iPhone X(テン)」

色々変わりすぎて、この変化をどう評価するかは使ってみないと分からない。

だが、近年のAppleは、

  • カラバリエーションやストレージ構成が多すぎる
  • デザイン含めて変化が少ない

と思っていて、iPhoneなんて特にそう思うのだが、飽きたという印象は強かった。

特にiPhoneのホームボタンを廃止するなんて、Apple社内では大きな議論になっただろう。それでも、

まずは変えてみる

ということで、それを決断したことには拍手を送りたい。

普通出来ないと思う。

iPhone Xに触れるのが楽しみだ。

Apple Watch Series 3発表!初心者お勧めモデルと私がCellular版を購入する理由

2017.09.13

iPhone 8 Plusゴールド開封レポート!女子力高めのベージュっぽいパステルカラーが魅力

2017.09.23

Lightningはなくなる?iPhone 8で採用予定の急速充電規格「USB Power Delivery(USB-PD)」とは

2017.08.19

iPhone 8はおくだけで充電できる?ワイヤレス充電『Qi(チー)』を使って感じたメリット・デメリット

2017.09.06

iPhone 8 Plusゴールドが欲しい!iPhone Xの納期リスクと購入する個人的な理由

2017.09.18

iPhone XとiPhone 8シリーズが発表されました!

iPhone X(テン)とiPhone 8発表!2017年モデルで変わったことをピックアップ

2017.09.13
SPONSORED LINK

iPhone Xにはどう考えても人気が集中

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)