運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Apple公式iPhone下取りシステム「iPhone Upgrade Program」と中国市場の関係を考察

SPONSORED LINK

iPhone 6s/6s Plusの発売に伴い、旧モデルとなったiPhone 6/6Plusのカラーバーリエーションが変わった事をご存じだろうか。

具体的に言うと ゴールドモデルが姿を消した。旧モデルになったのでカラーバリエーションは大きく分けたら、ブラックとホワイトに統一するというのは理由としてわかる。

ただ、それだけなんだろうか。僕はゴールドモデルの存在と、iPhone 6s/6s Plusの発売に伴いアメリカで開始した「iPhone Upgrade Program」は、Appleの中国戦略としか思えない。

SPONSORED LINK

iPhone 5sから始まったゴールドモデル

iPhoneは発売以来長年、ブラックとホワイトという構成だった。

ここにゴールドモデルが加わったのは2013年にiPhone 5sが発売した時。当時からゴールドモデルは中国市場を意識したものと言われていたが、新色と言うことで日本含めて世界中で争奪戦になった。

iPhone 5s発売日のゴールドモデルを巡る混乱。地方民が狂想曲に乗ってみた

iPhone 6sのカラバリは、「レッド」 or 「ローズゴールド」が追加され4色展開に?カラーバリエーション追加と混乱の歴史

ところが、やはり初物ということで飛びつく人は多いが、その後はすっかり落ち着いた。

日本ではiPhone 5sではゴールドモデルを持っている人が多かったが、iPhone 6/6 Plusでは減ったという印象が強い。

僕もiPhone 5sはゴールドを買ったが、iPhone 6ではシルバーを買った。
※そういう意味でiPhone 6sではローズゴールドに人気が集中している

これは個人的な印象だが、ゴールドって長く使う端末にはあまり適していないように感じる。飽きてきちゃうんですよね。

逆にスペースグレイやシルバーは ベタな色 なので、新鮮さはないが逆に言えば飽きも来ない。

つまり、ゴールドモデルは最初に売ってしまって、後はリセール(中古市場)で流通させてしまえという意図が見え隠れする。

Apple公式の下取りシステム「iPhone Upgrade Program」

日本では旧モデルの下取り・回収と言えば、docomo・au・SoftBankなどの大手キャリアがやっている印象が強い。

ドコモの「下取りプログラム」を使った感想。キットの郵送からポイント付与までの流れ

スマホ(iPhone)のお勧め下取り方法は?キャリア・中古業者・ヤフオクそれぞれのメリット/査定金額を比較検証しました

AppleのiPhone下取りプログラム

Apple公式iPhone下取りプログラム「Apple Trade In(旧GiveBack)」を使ってみた。条件が緩く、郵送対応なので簡単なことが魅力

で、それらの端末の行き先ってあまり明らかにされていないが、一節では日本国外(主に発展途上国)で中古端末として流通させていると言われる。

こういう部分は専門業者が関わることが多く、いわゆるリセール市場に関して今までAppleは直接関与している雰囲気はなかった。

ところが、iPhone 6s Plusの発売に伴いApple自身がまずはアメリカから始めた「iPhone Upgrade Program」。

これは機種・ストレージ量に応じて一定金額支払う事で、1年後に追加負担無しで最新モデルに機種変更が出来る。参考までに2015年10月での料金はこんな感じなのだが、

iPhone 6siPhone 6s Plus
16GB32.41ドル/月36.58ドル/月
64GB36.58ドル/月40.75ドル/月
128GB40.75ドル/月44.91ドル/月

いつか日本でも始まるかもしれない。

このアップグレードプログラムのポイントは、ユーザー的には常に最新モデルが使える事だが、最新モデルへの機種変更時に 旧モデルは回収されるということ。

つまりApple自身がSIMフリー版の中古iPhoneを手に入れる事になる。

で、Appleはそれをリセール市場に流通させるだろうが、どこで売るかと言えば、主となる市場は中国なんじゃないかと思う。

中国で主流の通信方式(TD-LTE、TD-SCDMA)に対応している

その根拠がiPhone 6s/6s Plusで対応する通信方式。

iPhone 6sのモデル番号はA1633、A1688、A1700の3種類。iPhone 6s PlusはA1634、A1687、A1699。日本ではA1688とA1687が流通 している。

A1699とA1700が中国向けモデルなのだが、注目は中国独自の3G(日本ではW-CDMA、CDMA2000が3Gとしては利用されている)とも言える TD-SCDMAが全モデルで対応 していること。

IPhone 6s 技術仕様 Apple 日本

TD-LTEは日本でもau(UQ-Wimax)がWiMAX 2+、SoftBankがAXGPの名前でサービスを提供しているのでまあ分かるが、TD-SCDMAについては明らかに不可解。

先進国で販売し中古端末として回収したiPhoneを、中国で販売しようという意図が見え隠れする。

終わりに

僕が住む岡山県倉敷市は美観地区や大原美術館などがあり、一応観光地だが外国人旅行客ってあまり見かけなかった。

ところがここ数年は、中国人観光客をよく見かけるし、住んでいる人も増えているようだ。そんな中国人が持っているスマートフォン・タブレットで一番よく見るのはiPhoneとiPad。

Xiaomi(シャオミー)の端末持ってても中々気づかないからなのか、日本に来るような中国人はそれなりに豊かな人が多いからなのか、iPhone比率は日本人よりも高い印象すらある。

つまり日本人に負けず劣らず中国人は、iPhoneが好きってことは間違いなさそうだ。

iPhoneは高い
貧富の差が大きい中国では、最新モデルを買う富裕層は今でも多いのだろうが、中間層に対して中古品として安価なiPhoneを、Apple自身が流通させてようとしているのかもしれない。

Apple自身が販売する事で大きいのは、信頼とサポート。

最新モデルが買えない層は、カラーバリエーションが減った新品の旧モデルより、ゴールドモデルを含むカラーバリエーションが豊富な中古品の方を選択するかもししれない。

来年発売するであろうiPhone 7以降は、中国市場でのiPhoneの販売が注目ポイントになるような気がする。

AppleのiPhone下取りプログラム

Apple公式iPhone下取りプログラム「Apple Trade In(旧GiveBack)」を使ってみた。条件が緩く、郵送対応なので簡単なことが魅力

格安SIMの人気モデル「iPhone 6s」

2015年9月に発売したiPhone 6sは、発売から2年以上経過していますが、格安SIMで幅広く販売されています。

iPhone 6s長期利用レビュー。格安SIM人気機種の評価とおすすめポイントを徹底解説

iPhone 6sからの機種変更

2015年9月に発売したiPhone 6sは、2019年には市場から姿を消すと予想されています。iPhone 6sからの機種変更を考える方も増えていると思うので、解説記事は以下をご覧ください。

iPhone 6s・iPhone SEからの機種変更

【2021年版】iPhone 6s・SE(第1世代)から機種変更するならどれがいい?ドコモ・au・SoftBank・格安SIM別におすすめiPhoneの選び方を解説

iPhone 6sはUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されていましたが、販売終了となりました

現在は後継モデルの「iPhone SE 第2世代」に販売が切り替わっています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

ビックカメラ.comでも、SIMフリー版の取り扱いを開始しました
iPhone SE 第2世代長期利用レビュー

iPhone SE 第2世代長期利用レビュー。スペックに表れない「サクサク感」が魅力。安い新品のiPhoneを買うなら、これしかない!

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone 6sユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
あると便利なガジェット

iPhoneで格安SIMを使うなら、Y!mobileは大半のモデルが「通信設定プロファイル」のインストール不要で便利です。

SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

Y!mobileのSIMをさす

Y!mobileならiPhone XRとiPhone XSが、APN構成プロファイルなしでSIMを挿せばすぐ繋がります。実際に試してみた

チー
その他にもY!mobileのメリットは以下のようなものがあるよ!
Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

2021年4月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富なので、是非最新キャンペーン紹介記事も参考にしてくださいね!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年4月最新】最大30,900円(税込)分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

通話をあまり使わないなら、UQ mobileも視野に入れてみよう

ゆりちぇる
Y!mobileがいいのはわかったけど、通話はあんまり使わないんだよねえ。
やぶなお
UQ mobileも通信品質がau回線と同等で高速だから、比較しながら検討してみるといいかも!

UQ mobileは以下のような人におすすめです。

UQ mobileがオススメな人
\ MNPで10,000円キャッシュバック /

UQ mobileをチェック

UQ mobileとY!mobileの違いを、通話料金・データ通信・キャンペーンの観点から徹底比較し、それぞれに向いている人について解説しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

UQ mobileとY!mobileの違いは何?通話料金・データ通信・キャンペーンを徹底比較!それぞれのキャリアにオススメな人を解説。

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年4月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年4月最新】最大2万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説

docomoの新サブブランド!?「ahamo」(アハモ)メリット・デメリットは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」は安くなった?おすすめは無制限の5G。変更ポイントを解説します

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年3月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!