指紋認証「Touch ID」のメリットとお勧め設定内容。iPhoneユーザーは必ず設定しておこう!

iPhone 5s/5c/SE
SPONSORED LINK

iPhone 5sの目玉機能と言えば、指紋認証機能「Touch ID」。

指紋認証大好きな僕は、これ1点でiPhone 5cは候補から消えた。で、2週間程度5sを使った感想としては、

素晴らしい!!

の一言。iPhone 5sで初めて指紋認証を使ったという人も多いだろうが、僕は何年も前からdocomoの富士通製ガラケーで使って来た。

その経験から言っても、「Touch ID」は凄い。その辺りを紹介する。

SPONSORED LINK

認識の早さ

指紋認証搭載の携帯を使った事がある人は分かるだろうが、正確にセンサーに合わせないと認識されないことが多い。

それ故に、セキュリティとしては優秀なのだが、逆に急いで使いたい時に認証されずイライラする事がある。

結果として、富士通携帯ユーザーでも指紋認証をONにしている人って案外少なかった。

逆にiPhone 5sに搭載された「Touch ID」はめちゃくちゃ認識が早い。そして、わりと適当な感じでタッチしてもほぼ認識される。

正直、最初に設定してしまえば、後は指紋認証が動いている事を忘れてしまうんじゃないかと思えるほどの早さだ。

これが快適さに繋がっている。
そして、使おうという気になる。

詳しい技術的な事は分からないが、僕が購読している夏野剛氏のブロマガ情報では(そもそも富士通に指紋認証搭載を指示したのは夏野さんらしい)、指紋には本人を特定する認識率と、誤認識率という2つの指標があるそうだ。

この調整はなかなか難しいらしいのだが、AppleのiPhone 5sでは認識率をかなり甘くしているのではないかという見解だった。

逆に、恐らく富士通製携帯に搭載された指紋センサーは認識率が高めになっているのだと思う。

これは両方を使った実感として感じるし、そもそものコンセプトの違いなのだろう。富士通携帯と言えばセキュリティだったので。

そういう意味で、「Touch ID」は絶対的なセキュリティを求めている人には不向きかもしれない。

「Touch ID」に感じるAppleの哲学

Apple製品は引き算の哲学でシンプルな製品作りを行うと言われる。

「Touch ID」は久しぶりにそういう心意気を感じる機能だと思った。

指紋認証はあくまでも今まであった「4桁のパスコード」の延長線上にあるものなのだろう。

堅牢にする事はおそらく技術的には簡単だと思う。

だが、これを絶対的なセキュリティとして使うのではなく、あくまでも補助的なものと位置付けて、利便性を高めて使ってもらうことの方が重要とAppleは考えたのだと思う。

とは言っても、「4桁のパスコード」よりははるかに強力なセキュリティであることは間違いない。

要はそのバランス感なのだ。指紋認証が搭載されていることを忘れてしまうくらい、すんなりとアンロックできること、これが「Touch ID」のコンセプトなのだと思う。

「Touch ID」のお勧め設定

で、この「Touch ID」だが指紋を5つまで登録出来る。僕がお勧めと思う設定を公開。

Touch ID設定内容
登録したのは以下の5つだ。

  1. 右手親指
  2. 左手親指
  3. 右手人差し指
  4. 左手人差し指
  5. 嫁の右手親指

親指はiPhoneを持っている時、ホームボタンを押す時に使う指。

人差し指はiPhoneを置いた状態で、ホームボタンを押す時に使う指だ。ここはまあ皆さん納得かと思う。

目玉の設定

最後は、特に既婚者の男性にお勧めの設定。「嫁の指」だw

かつて富士通の指紋認証付きガラケーは「浮気ケータイ」と言われた。

プライバシーモードに設定すると、特定人物からの着信やメールを隠したり、どう考えても浮気相手からの連絡がばれないようにするためだろ!と、思わせる機能の数々で一部でコアなファンがいた(僕も長年富士通の携帯を使っているが、そういう目的ではございませんw)。

「Touch ID」はあくまでもロックにしか使えないため、特定人物の着信を表示しないようにするなんて事は出来ないが、あらぬ疑いをもたれるのも嫌だろう。

なので、配偶者の指も1つは登録しておいて、いざという時は使えるようにしておいた方がよいかと思う。

パスコードを教えるのも良いが、自分じゃないと操作出来ないというのはある意味面倒なので、1つくらいは家族の指を登録するのがお勧め。

終わりに

「Touch ID」を使う前一番不安だったのは、認識スピードだった。

その部分はほんと良い意味で期待を裏切ってくれて、本当に指紋認証の存在を感じさせない。

また、長年指紋認証を使った経験として濡れた指やカサカサに乾燥した指は認識率が悪かった。

この辺りも「Touch ID」は上手く解決している。

セキュリティと利便性のバランスは非常に難しいが、僕は利便性を取って今までiPhoneでパスコードロックは設定していなかった。

だって、1日に何十回と打つなんて面倒で仕方がない。

だけど、ノンセキュリティという不安も常に抱えていたので、「Touch ID」の存在は本当に神レベル。

特にdocomoユーザーは過去に1度くらい指紋認証が搭載されている携帯を購入して、煩わしくてやめたと言う人は多いと思う。そういう人には是非使って見て欲しい。

iPhone 5s持ってて「Touch ID」使わないなんてもったいないですよ!

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017.04.19

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK