運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 7の注目はモデル構成。iPhone 7 Proの登場は何を意味するのか?

iPhone 6sとiPhone 6s Plus
SPONSORED LINK

例年通りであれば、iPhoneの2016年モデル「iPhone 7」(あいふぉんせぶん)の発表&発売が9月に迫ってきた。

iPhoneは2年に1回デザインを変えてモデル名の番号も1つアップする。前回は2014年に発売したiPhone 6の時なので、2016年はそのパターンにはめるとデザインが変わる年にあたる。

だが2016年は例年と少し様子が異なっている。
デザインよりもモデル展開の話の方が良く聞くのだ。噂の話ではあるが、iPhone 7のモデル展開について考えてみようと思う。

SPONSORED LINK

iPhone 7のモデル展開は3種類

噂として聞くiPhone 7の噂の目玉は、「iPhone 7 Pro」と呼ばれる最上位モデルが登場するということだ。この事で、

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7 Pro

の3モデル構成となり、2016年3月に発売された4インチのiPhone SEも加えたら、4モデル構成となる。

別の噂ではPlusがProに変わるとも言われているし、Plusの最上位モデルがProという扱いになるとも言われている。いずれにせよProと名の付くiPhoneが登場する確率は高い。

そしてこのiPhone 7 Proのスペックは、

  • デュアルレンズ
  • iPad Proで搭載され、キーボード接続で使用されているSmartConnectorの搭載

などが噂されている。

僕は2016年3月にハワイで購入してもらったアメリカ版SIMフリーiPhone 6s PlusiPhone 6sを併用している。Plusというのは1台に全てを集約したい人におすすめと以前記事を書いたが、

iPhone 6sとiPhone 6s Plusはどっちがおすすめ?私の選び方は「全てを1台に集約したいならPlus」

まさにその状況が発生していて、iPadが完全に不要になってしまった。

デュアルレンズはともかく、SmartConnectorとキーボードが登場すると、iPadの地位をますます脅かす事になる気がする。

SPONSORED LINK

Apple製品のモデル構成

2016年7月現在販売しているApple製品のモデル構成をざっくりまとめると以下のような感じだ。

タイプモデル構成
デスクトップPCMac mini
iMac
Mac Pro
ノートPCMacBook
MacBook Air
MacBook Pro
タブレットiPad mini
iPad Air
iPad Pro(12インチ/9.7インチ)
スマートフォンiPhone SE
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

Macシリーズは長年Proが最上位というモデル構成が長く続いていた。

そしてMacと比べたら後発に当たる、iPhone・iPadはこの構成ではなかったのだが、2015年にiPad Proが登場。
これによって「Pro」の名を持たない製品は、iPhoneだけとなった。

なので、今やiPhoneの製品構成の方が特殊なんですよね。

iPhone 6s Plusの後継が「iPhone 7 Pro」

というのは自然な流れとして、じゃあ「mini」に該当するものは?と思ってしまう。

iPhone miniにふさわしいモノは既に登場しているからだ。

4インチiPhoneの扱いが注目

2016年3月に発売されたiPhone SE
2016年3月に発売されたiPhone SE

iPhone miniに該当する製品は、4インチ液晶を搭載するiPhone SE。

2016年3月に登場したiPhone SEは、SE(Special Edition)の名で登場したiPhone 5sの後継モデルだが、このiPhoneは久々に売れまくった。

調達・物流の鬼と言われるティム・クックCEOになってから、Apple製品の欠品というのは少なくなっていたが、久々にそれが発生した。しかも、数ヶ月続くレベルで。

これは完全にAppleの見込み以上に売れたことを意味していると思う。4インチの根強い人気で、iPhone SEの次期モデルに悩む事になる。

  • iPhone 7などと同等の扱いとし「iPhone 7 mini」のような形とするか
  • iPhone SE2みたいな形で、別ラインであることを強調するのか

いずれにせよ、iPhone SEの次期モデルは何らかの形で今後も発売する事になると思う。

発売時期としてはずらした方が売上げ的なメリットがあるかもしれないが、統一感という意味では、例年と同じ時期(9月)にまとめて発表の方が理想的とも思う。

いずれにせよ僕は将来的にiPhoneは、

  • mini
  • 無印
  • Pro

というモデル構成になっていくんじゃ無いかと思う。

モデル構成が増える理由

DSC02601

モデル構成が増えるという話をすると、特に古くからのAppleファンは抵抗感を持つ人が多い。

スティーブ・ジョブズCEO在任時代は、引き算の哲学でそぎ落としていくのがApple製品の魅力と言われ、それは製品単体はもちろん、モデル構成にも表れていた。

その象徴はiPhoneだったと僕は思う。
iPhoneはiPhone 5sまでカラーバリエーションとストレージ容量しか違いが無く、呼称としてのiPhoneは1つしかなかった。

では、現在モデル構成が増え始めている理由はなんなのか。
それはやはりAppleですら、近い将来でイノベーションを起こすような製品・サービスの開発が難しくなったことを象徴していると思う。

どこの会社でも凄い製品を開発する場合、社内のリソースはそこに集中される。それは資金はもちろん人的リソースもだ。

これが余り始めているという事なんだと思う。
ここ2年程のApple製品は、

  • Proと名の付く上位モデル(=単価の高い製品)を追加
  • カラーバリエーション(最近ではローズゴールド)の追加と統一

が大きな流れ。これらの製品は派生モデルという位置付けなので、難易度も低くいわゆるエース級のエンジニアは不要と思う。

そうやって会社を維持するために言い方は悪いが繋ぎの製品を出している気がする。

終わりに

iPhone 7において、大きなサプライズはないと思っている。

ただ、そこで発表される製品ラインナップは注目ポイントだと思っていて、Proモデルの誕生は、Macも含めたApple製品全体がこの構成に統一されていくことを意味していると思う。

これが2015年辺りから続く流れであり、あと数年は続くのだろう。

その先には何か驚くべき製品の誕生をファンとしては期待したいですけどね、、、

iPhone 7のまとめ記事

iphone7

iPhone 7と8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。今買うなら2020年4月発売の「iPhone SE 第2世代」のコスパが高すぎる!

iPhone 7・7 Plusからの機種変更

【2021年版】iPhone 7・7 Plusから機種変更するならどれがいい?ドコモ・au・SoftBank・格安SIM別におすすめiPhoneの選び方を解説

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone 7はUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されていましたが、販売終了となりました

現在は後継モデルの「iPhone SE 第2世代」に販売が切り替わっています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

ビックカメラ.comでも、SIMフリー版の取り扱いを開始しました
iPhone SE 第2世代長期利用レビュー

iPhone SE 第2世代長期利用レビュー。スペックに表れない「サクサク感」が魅力。安い新品のiPhoneを買うなら、これしかない!

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone 7ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
あると便利なガジェット

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年1月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年1月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhoneで格安SIMを使うなら、Y!mobileは大半のモデルが「通信設定プロファイル」のインストール不要で便利です。

SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

Y!mobileのSIMをさす

Y!mobileならiPhone XRとiPhone XSが、APN構成プロファイルなしでSIMを挿せばすぐ繋がります。実際に試してみた

チー
その他にもY!mobileのメリットは以下のようなものがあるよ!
Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

2021年1月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富なので、是非最新キャンペーン紹介記事も参考にしてくださいね!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年1月最新】最大20,600円分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

通話をあまり使わないなら、UQ mobileも視野に入れてみよう

ゆりちぇる
Y!mobileがいいのはわかったけど、通話はあんまり使わないんだよねえ。
やぶなお
UQ mobileも通信品質がau回線と同等で高速だから、比較しながら検討してみるといいかも!

UQ mobileは以下のような人におすすめです。

UQ mobileがオススメな人
\ MNPで10,000円キャッシュバック /

UQ mobileをチェック

UQ mobileとY!mobileの違いを、通話料金・データ通信・キャンペーンの観点から徹底比較し、それぞれに向いている人について解説しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

UQ mobileとY!mobileの違いは何?通話料金・データ通信・キャンペーンを徹底比較!それぞれのキャリアにオススメな人を解説。

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!