iPhone Xを自慢出来るクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー【PR】

パッケージと装着後(背面から)
SPONSORED LINK

iPhone X見せびらかしてますか?

iPhoneの2017年モデルであり、10周年モデルとなる『iPhone X』は、

  • 有機ELの全面ディスプレイ
  • 縦に並ぶデュアルカメラ

が見た目上の大きな特徴で、それはすなわち目立つことを意味する

かなり売れているとは言え、まだ周りには少ないiPhone Xユーザーは、持っていたり、机に置いているだけで、

おっ!iPhone X買ったんだ!!みせて〜

なんて声をかけられるのもしばしば(僕は既に3回くらい言われた)。

だから、僕はiPhone Xのデザインってなるべく見せたいなと思っている。

しかし、同時にiPhone Xは落としたりして、画面割れなどの破損が発生すると、高額な修理費用が発生する。

壊れるのも怖い

なので、落下に強いクリアケースが欲しくなる。

そんな方におすすめなのが、Spigen社が販売する耐衝撃クリアケース『ウルトラ・ハイブリッド』だ。

その他のモデルでも販売されている、定番モデルとも言える製品だ。早速紹介する。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen『ウルトラ・ハイブリッド』の特徴

ウルトラ・ハイブリッド

ウルトラ・ハイブリッド

今回紹介する、Spigen『ウルトラ・ハイブリッド』は同社が展開する、耐衝撃クリアケースの定番モデルだ。

主な特徴は以下。

  • TPU素材を採用したクリアケース
  • Military Grade【米軍軍事規格】で耐衝撃性能が高い
  • フチを高くして、液晶やカメラレンズが傷つかないように配慮

ベタなクリアケースなのに性能が高いというのが魅力。

カラーバリエーションは、

  • S_クリスタル・クリア(スタンド付き)
  • S_ジェット・ブラック(スタンド付き)
  • クリスタルクリア

の3種類となっている。

価格は、スタンド付きモデルが2,000円前後となっており、今回レビューするクリスマス・クリアはAmazon価格1,670円

AmazonのiPhone X向けケースで売上げNo.1となる、人気の定番モデルだ。

開封レポート

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

簡単な開封レポートを。
パッケージはSpigen社お馴染みのデザイン。

梱包はビニール袋のみ

梱包はビニール袋のみ

箱から取り出すと、ケースが袋に入って出てくる。

ウルトラ・ハイブリッド(前面から)

ウルトラ・ハイブリッド(前面から)

ウルトラ・ハイブリッド(背面から)

ウルトラ・ハイブリッド(背面から)

ケースの見た目はいたって普通の、クリアケースとなる。

ケースには内側と外側に傷つき防止用のフィルムが貼られている
※使用時は剥がす必要あり

フィルムを剥がす

フィルムを剥がす

フィルムを剥がした後

フィルムを剥がした後

フィルムを剥がすと、こんな状態。

装着後の状態

装着後(前面から)

装着後(前面から)

装着後(背面から)

装着後(背面から)

iPhone Xシルバーに装着してみた。

クリアケースなので、ケースの存在感はパッ見ほとんどない。

手に持った状態(前面から)

手に持った状態(前面から)

手に持った状態(背面から)

手に持った状態(背面から)

iPhone Xの大きな特徴は、iPhone 8とほぼ同じサイズ感に、Plusの性能を有していることだ。

iPhone 8 Plusの時は、ケースを付けるとゴツくなったという印象があったが、今回はほぼ無かった。

左側面

左側面

右側面

右側面

Lightningコネクタ

Lightningコネクタ

上部

上部

iPhone Xの側面(フレーム)は、iPhone 8までと異なり、ステンレス製となっている。

輝きが大きな特徴だが、クリアケースなので、ケースを付けてもステンレスの高級感を味わえる

カメラ周辺

カメラ周辺

iPhoneロゴもバッチリ

iPhoneロゴもバッチリ

縦に並ぶデュアルカメラにもピッタリフィットしており、

  • Appleマーク
  • iPhoneの刻印

がちゃんと見えることが、Appleファンにとっては嬉しいポイントだ。

使った感想

パッケージと装着後(背面から)

iPhone X向けは使用して1週間弱だが、その前にiPhone 8 Plusで僕は2ヶ月ほどこのケースを使った

iPhone 8 Plusのデザインを損なわない頑丈なクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド2」レビュー【PR】

2017.10.01

2ヶ月使い続けられるくらい、癖のないよいケースなのだが、一つ大きな欠点があった。

それは、

皮脂などの汚れが付着し、ヌルヌルすること

だ。
ツルツルした素材なので、汚れが目立つし手触りにも直結する

汚れが付くのはどのケースも同じだが、例えばレザーケースと比較して、汚れを実感しやすいことは大きな欠点だ。

なので、定期的に洗ったりすることをおすすめする(素材的に水洗いは問題なさそう)。

そのような欠点はあるものの、耐衝撃性能は本物だ

iPhone 8 Plusを2ヶ月使用していたが、やはり端末が大きいため、

  • 手が滑って落とす
  • ポケットから滑り落ちる

なんてシーンが結構あり、実際3回おとした

だが、結果は無傷

保護ガラスも同時に付けていたのだが、運良く、

  1. 角に当たって落ちて
  2. 背面が下になる形で、着陸

だったのが救いだったw

だが、一般的なケースであれば恐らく、画面が割れていただろう。

耐衝撃性能の高さがSpigen社製ケースの特徴といえるが、その性能は実感したし、助けられた。

終わりに

パッケージと装着後(前面から) パッケージと装着後(前面から)[/caption]

クリアケースは特徴らしい特徴がないが、2017年11月現在としては、

iPhone Xを持っていることが、特徴

なので、普段は使わない人も使ってみてはいかがだろうか。

実売価格1,690円なのでそれほど高くなく、非常に使いやすいケースだと思う。

さらに、Spigen社の保護ガラス「GLAS.tR SLIM」を使えば、画面割れリスクはさらに下がると思う。

iPhone Xガラスフィルムは強度とTrueDepthカメラの扱いに注意!Spigen「GLAS.tR SLIM」レビュー【PR】

2017.11.19

iPhone 8 Plusのデザインを損なわない頑丈なクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド2」レビュー【PR】

2017.10.01

スタンド付きで動画が見やすいiPhone Xケース。Spigen「タフ・アーマー」レビュー【PR】

2017.12.01

とにかく薄くて軽い機動力重視のiPhone Xケース。Spigen「シン・フィット」レビュー【PR】

2017.12.09

iPhone Xケースに関する記事

SPONSORED LINK

パッケージと装着後(背面から)

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)