コーティングが長持ちする高品質保護ガラス。「Farfalla iPhone Xガラスフィルム」レビュー【PR】

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』
『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』
iPhoneの液晶保護フィルム・ガラス
SPONSORED LINK

iPhone Xを2ヶ月感使ってきて感じる、必須アクセサリは、

保護ガラス

だと感じている。

保護ガラスと言えば一般的には、

落下時の画面ガラス割れを防ぐ

という目的が大きいが、もちろんそれもある。だが、iPhone Xにおいては、

画面を清潔に保つ

という目的の方が大きいかもしれない。というのも、ホームボタン廃止に伴い、画面に触れる機会が激増し、とにかく皮脂などの汚れが目立ちやすい。

保護ガラスは1ヶ月程度で貼り替えるのがベストと思う。

今回紹介する保護ガラスは、1枚500円程度も珍しく無くなった保護ガラスの中で、

1枚2,000円という高品質な保護ガラス

だ。
頻繁に貼り替えるのが面倒という人におすすめの保護フィルムだ。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

Farfalla iPhone Xガラスフィルムの特徴

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

今回紹介する、保護ガラス(ガラスフィルム)は、『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』という製品だ。

保護ガラス(ガラスフィルム)は、どのメーカーも同じような製品なので、差別化要素は、

  • コーティングの有無
  • 厚さ(0.2mm〜0.4mmが主流)

くらいしかない。

コーティングはどこの製品も行われているが、メーカーによって指の滑り・持続期間に差がある

厚さは、薄い方が見た目上の違和感は少ないが、落下時の保護力は落ちる結果となる。

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』は、

  • 厚さ0.2mm
  • コーティング時間を5時間と通常より2.5倍長く行っている(=長持ち)

という特徴に加えて、

ブルーライト92%カット

という機能を持っている。

保護ガラスの多くが500円〜1,000円程度で販売される中、2,000円という今どき珍しい価格だが、高いなりの手間はかかっている。

実際僕は3週間ほど使用しているが、コーティング効果の高さは実感出来た

安い保護ガラスは2週間もすると、コーティング効果が落ちて、皮脂・指紋が目立つようになるが、『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』はそれがない。

とはいえ無限とは行かないだろうが、1ヶ月〜2ヶ月は持続しような感じがして、それは大きな魅力だと思う。

開封レポート

簡単な開封レポートを。

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

パッケージはゴリラが印象的(ゴリラガラスからきていると思われる)。

海外製と思われるが、文言は日本語対応

海外製と思われるが、文言は日本語対応

保護ガラスは海外製かつグローバル対応の製品が多いが、この製品はきっちり日本向け対応を行っている

同梱品

同梱品

同梱品は、

  • ガラスフィルム本体
  • アルコールペーパー
  • 拭き取り用のクロス
  • ホコリ取りのシール

となっており、一般的な構成だ。

最近は貼り付けを楽にするために、位置合わせ用のキットが付属しているものもあるが、この製品では付属していなかった。

貼り付け手順

ガラスの貼り付けは、一般的な流れだ。

アルコールペーパーで汚れを落とす

アルコールペーパーで汚れを落とす

まず、アルコールペーパーでiPhone Xの汚れを落とす。

拭き上げる

拭き上げる

それをキッチリ拭き上げる。

ホコリを落とす

ホコリを落とす

ホコリシールで取り払い貼り付けを行う。

ガラスを貼る

ガラスを貼る

貼り付け直後

貼り付け直後

ガラスの貼り付けは、

位置合わせが全て

なので、位置合わせだけ慎重にしておけば、あとは思い切って貼るだけだ。

多少ずれたり、気泡が入っても気にしない方が良い。

気泡は数時間待てばほぼ消えるし、1ヶ月程度で貼り替えと割り切る方がよいです

貼り付け後の状態

貼り付け後の状態

貼り付け後の状態

貼り付け後はこんな状態だ。

TrueDepthカメラを覆い隠すタイプ

TrueDepthカメラを覆い隠すタイプ

本体下部

本体下部

側面

側面

色んな方向から見ても、特に違和感は無い。

保護ガラス単体で見ると、ブルーライトカット機能のため、多少黄色っぽい感じがあったが、貼り付けると全く感じない

種類にもよるがケースとも干渉しない

種類にもよるがケースとも干渉しない

種類にもよるが、一般的なケースであればガラスと干渉することも無かった。

他社製品にない特徴は?使った感想

このガラスを貼り付けて3週間程度使っているが、正直最初の印象はあまり良くなかった。

指紋がものすごく目立った

なのだが、しばらく使ううちにこなれて来る(?)のか、滑りも良くなったし、汚れも目立たなくなった。

そして、500円程度の安価な保護ガラスでも、コーティングは施されているが、通常の2.5倍の時間をかけているという特徴は伊達ではなく、

3週間経ってもコーティング効果が落ちたことを感じない

恐らく1ヶ月は余裕で持つと思われる。

もう1つの目玉機能である、ブルーライトカット機能を実感する機会は少ないが、24時間365日使うスマートフォンなので、目に優しい機能はないよりもあった方が良い。

また、TrueDepthカメラをガラスが覆い隠すタイプなので、Face IDの認識に影響が出ることも懸念されたが、僕が使った感じでは特に認識率が落ちたとは感じなかった。

終わりに

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』

保護ガラスは非常に種類が多いが、僕が共通して思っていることは、

短期間での使い捨て

ということだ。

つまり、

  • 安物を短期間で貼り替える(2週間〜1ヶ月)
  • 高品質ガラスを使い、少し長く使う(1ヶ月〜2ヶ月)

この2択になる。

短期間で貼り替えるのは僕がおすすめしている方法だが、貼り付けという手間がかかる

なので、

  • ガラスの貼り付けに、自信が無い
  • 短期間で貼り替えるのが面倒

という方は、高品質ガラスがよいかと思う。
その中だと、『Farfalla iPhone Xガラスフィルム』は非常に使いやすすく、コスパが高いのではないかと思う。

iPhoneの保護シートはガラスフィルムと保護フィルムどっちがおすすめ?安物を試してみた

2016.04.19

iPhone 8 Plusを清潔に保つなら安くて・薄いガラスフィルムがおすすめ!0.15mmの極薄ガラスを試してみた

2017.09.27

iPhone Xガラスフィルムは強度とTrueDepthカメラの扱いに注意!Spigen「GLAS.tR SLIM」レビュー【PR】

2017.11.19

iPhoneの液晶保護フィルム・ガラスに関する記事

あわせて読みたい

SPONSORED LINK