とにかく薄くて軽い機動力重視のiPhone Xケース。Spigen「シン・フィット」レビュー【PR】

パッケージと装着後
SPONSORED LINK

iPhoneケースは今や必須アクセサリともいえるが、

iPhoneを裸(ケース無し)で使いたい!

という人も多い。

ケースを付ければ、

  • 大なり小なり、大きく・重くなる
  • デザインが台無し

というのは避けられない。

ただ、iPhone XはiPhone 8 Plusと比較すれば小型だが、iPhone 8よりは少し大きくて重い。

つまり、わりと落としやすく、傷つきやすい。

本体の雰囲気を損なわず、傷など最低限のガードだけかけたい

という人におすすめのケースが、Spigen社の「シン・フィット」だ。

薄型・軽量が売りのケースだが、早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen『シン・フィット』の特徴

シン・フィット

シン・フィット

今回紹介する、Spigen『シン・フィット』は薄型・軽量ケースだ。

Spigen社のケースは耐衝撃性能の高さを売りにすることが多いが、このケースはそのような機能を持っておらず、

  • ハードケース採用
  • 厚さを最小限に抑えたスリムケース
  • フチを高くして、液晶やカメラレンズが傷つかないように配慮
  • Spinge社が販売する「車載ホルダーAirVent」の、プレートを収納できる(同梱はしていない)

といった感じ。

機能的な特徴はほぼないというのが、「シン・フィット」の特徴と言える。

ということで、基本的には画面割れなどiPhone Xを壊すのが怖い人向けの、ゴツいケースだ。

確かに、使うと分厚くなった感覚は強く、特にPlusシリーズではタダでさえ、デカくて重いiPhoneが、さらに重くなった印象を持つ。

だが、iPhone XはPlusシリーズと比較すればコンパクトなので、今までPlusを使っていた人なら、タフアーマーを付けてもコンパクトに感じると思う。

カラーバリエーションは、

  • サテン・シルバー
  • シャンパン・ゴールド
  • ブラッシュ・ゴールド
  • ホワイト
  • マット・ブラック
  • メタリック・レッド

の6色展開となっている。

また、iPhone Xが対応する、ワイヤレス充電『Qi』もケースを付けたまま利用可能となっている。

今回レビューするマット・ブラックはAmazon価格1,250円となる。

開封レポート

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

簡単な開封レポートを。
パッケージはSpigen社お馴染みのデザイン。

シン・フィット(前面から)

シン・フィット(前面から)

シン・フィット(背面から)

シン・フィット(背面から)

箱から取り出すと、ケースだけがが出てきた。

普通の薄型ケースとしか表現のしようがない、シンプルな構造だ。

唯一の特徴はSpigen社が販売する、マグネット式の車載フォルダー『AirVent(エアーヴェント)』の金属プレートが収納できること。

これを収納すると、エアコン吹き出し口に、マグネットで吸着できるようになる。

Spigen SGP車載ホルダー「エアー ヴェント」レビュー。エアコン吹き出し口にマグネットで取付可能なホルダー

2015.08.31

装着後の状態

装着後(前面から)

装着後(前面から)

装着後(背面から)

装着後(背面から)

iPhone Xシルバーに装着してみた。

ケースを付けたとは思えないくらい薄い

というのが見た目でも分かると思うが、実際手に持っても裸で使うのとほぼ変わらない感覚だ。

Lightningコネクタ

Lightningコネクタ

上部

上部

右側面

右側面

左側面

左側面

薄型軽量ケースなので、

  • ボタン
  • ポート

はケースが覆い隠さないスタイルとなっている。

また、本体上部もむき出しとなっており、軽量化の代わりに、耐衝撃性能などが犠牲になっていることはよく分かると思う。

カメラ周辺

カメラ周辺

縦に並ぶデュアルカメラにもピッタリフィットしている。

使った感想

パッケージと装着後

パッケージと装着後

このケースの特徴はとにかく薄くて軽いこと、に尽きる。

その分耐衝撃性能などは犠牲になっており、防御力を期待するのはナンセンスだ。

ただ、持ちやすさにはこだわっていると感じた。

今回マット・ブラックをレビューしたが、手にしてまず思ったのは、薄さ軽さもあるが、

手にフィットして持ちやすい

ということだ。

マットな質感だが、滑りにくいような仕上げとなっており、かといってシリコンのようにズボンのポケットの出し入れで邪魔になることもない。

このようなケースを使う人は、ポケットに入れる人が多いと想定し、ケースを付けることでより持ちやすくなるように配慮されていると感じた。

終わりに

シン・フィットは防御力よりも機動力を重視するケースだ。

iPhone XiPhone 8 Plusの性能を、iPhone 8のサイズ感に詰め込んだ製品なので、コンパクトなことが大きな特徴の1つだ。

つまり、取り回ししやすいことが強みなので、ケースも機動力重視という人は多いと思う。

そんな方は、是非試して欲しい。

Amazon価格1,250円ということで、わりと安価なケースだ。

きっと満足出来ると思う。

さらに、Spigen社の保護ガラス「GLAS.tR SLIM」を使えば、画面割れリスクはさらに下がると思う。

iPhone Xガラスフィルムは強度とTrueDepthカメラの扱いに注意!Spigen「GLAS.tR SLIM」レビュー【PR】

2017.11.19

iPhone Xを自慢出来るクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー【PR】

2017.11.24

スタンド付きで動画が見やすいiPhone Xケース。Spigen「タフ・アーマー」レビュー【PR】

2017.12.01

iPhone Xケースに関する記事

SPONSORED LINK

パッケージと装着後

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)