財布代わりになる手帳型のiPhone Xケース。Spigen「ウォレットS」レビュー【PR】

パッケージと装着後(正面から)
SPONSORED LINK

スマホに全てを集約したい

この願望はスマホを使えば使うほど思うことで、そこで一番ネックになるのは、

  • 鍵やIDカード
  • 決済方法

だと思う。
前者は未だ最適解がないが、後者についてはiPhone 7Apple PayがFeliCaに対応したことで、かなり利便性が上がった。

しかし、

  • 多少の現金
  • クレジットカード

は持っておかないと、電子マネーが使えないお店では困ってしまう。

この1点で財布は手放せないが、いわゆる手帳型ケースを使うことで、その点は解消できる。

基本はApple Payと考えれば、カードも現金も多くは必要無いので。

今回紹介する、Spigen『ウォレットS』は、耐衝撃ケースや薄型ケースが主流の同社において、唯一存在する手帳型ケースとなる

早速紹介する。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen『ウォレットS』の特徴

ウォレットS

ウォレットS

今回紹介する、Spigen『ウォレットSリキッド・エアー』は、手帳型ケースだ。

機能的な特徴は以下。

  • 外側は柔らかくグリップ感の良い高品質TPUレザーを使用
  • マグネット式ストラップで、カバーをしっかり固定
  • クレジットカードや現金を収納可能
  • スタンド機能搭載

カラーバリエーションは『ブラック』のみとなっている。

一般的な手帳型ケースで、大きな特徴はない。

価格は、Amazonで2,390円となっており、このタイプのケースとしては比較的安いことも魅力の1つと言える。

開封レポート

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

簡単な開封レポートを。
パッケージはSpigen社お馴染みのデザイン。

ウォレットS(正面)

ウォレットS(正面)

ウォレットS(背面)

ウォレットS(背面)

ウォレットSの中身

ウォレットSの中身

ケース本体。
同梱品も無く、「これだけ」って感じだ。

ケースの内部はポリカーボネート素材となっており、ここにはめ込む形で使用する

装着後の状態

装着後(前面から)

装着後(前面から)

装着後(背面から)

装着後(背面から)

カバーを開けた状態

カバーを開けた状態

iPhone Xシルバーに装着してみた。

iPhone Xは基本的にブラック基調なので、装着するとブラック一色という感じになる。

右側面

右側面

Lightningコネクタ

Lightningコネクタ

上部

上部

Lightningコネクタは、ケースを付けたままでも利用しやすいように、開口部が大きくなっている。

カメラ周辺

カメラ周辺

縦に並ぶデュアルカメラにもピッタリフィットしている。

クレジットカードの挿入方向に関する説明

クレジットカードの挿入方向に関する説明

カード挿入状態(OK)

カード挿入状態(OK)

カード挿入状態(NG)

カード挿入状態(NG)

手帳型ケースの目玉機能と言える、カードスロット。
留め具にマグネットを使用しているため、磁気部分に干渉してしまう仕様があるため、警告書かれている。

クレジットカードの表面が見える形で挿入するのはNGとなる。

ちょっと使いづらいかもしれない、、、

P1040510-2

留め具がマグネットなので、クレジットカードの磁気に影響を与える

ここが留め具の部分。
マグネットなのでパチンと固定されて、使いやすい。

だが、前述の通りクレジットカードとの干渉問題があるため、どちらがよいのかというのは判断にまようところ、、、

スタンド機能あり

スタンド機能あり

角度はある程度自由

角度はある程度自由

動画鑑賞に便利なスタンド機能もある。

使った感想

パッケージと装着後(背面から)

パッケージと装着後(背面から)

手帳型ケースのメリットは、スマホと財布を一体化できたり、スタンド機能が付いているなど、これ1つに集約出来る高機能さだと思う。

ただ、逆に言えば、本体が大きくなりがちで、何より、メリットでもありデメリットでもある、

カバー(蓋)があること

ここの判断が非常に難しい。

スマホを頻繁に触る人にとって、このカバーをめくる行為がとても面倒で、過去に購入した際この1点で手帳型ケースは合わないと感じた。

手帳型スマホケース/ウォレットケースの汎用性は?iPhoneで使った感想のまとめ

2015.10.16

とはいえそれは好みの問題。

画面を保護してくれる手帳型ケースがよいという人もまた多いので、手帳型ケース好きには有力な選択肢になると思う。

終わりに

パッケージと装着後(正面から)

パッケージと装着後(正面から)

『ウォレットS』は、手帳型ケースとして必要な機能を全て備えている。

このタイプのケースは高機能だが、その分お値段が高くなりがちで、3,000円を超えるものも珍しく無い。

そんな中、Amazon価格2,390円とそれほど高くないので、価格の安い手帳型ケースを探している方には有力な選択肢になると思う。

さらに、Spigen社の保護ガラス「GLAS.tR SLIM」を使えば、画面割れリスクはさらに下がると思う。

iPhone Xガラスフィルムは強度とTrueDepthカメラの扱いに注意!Spigen「GLAS.tR SLIM」レビュー【PR】

2017.11.19

iPhone Xを自慢出来るクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー【PR】

2017.11.24

スタンド付きで動画が見やすいiPhone Xケース。Spigen「タフ・アーマー」レビュー【PR】

2017.12.01

とにかく薄くて軽い機動力重視のiPhone Xケース。Spigen「シン・フィット」レビュー【PR】

2017.12.09

1000円以下で買えるiPhone Xケース。Spigen「ラギッド・ クリスタル」レビュー【PR】

2017.12.18

皮脂でベタつきにくいのが魅力。Spigen iPhone Xケース「リキッド・エアー」レビュー【PR】

2018.01.07

iPhone Xケースに関する記事

SPONSORED LINK

パッケージと装着後(正面から)

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)