スタンド付きで動画が見やすいiPhone Xケース。Spigen「タフ・アーマー」レビュー【PR】

パッケージと装着後(背面から)
SPONSORED LINK

スマホで動画見ますか?

iPhone Xの特徴の1つとして、

  • サイズ感はiPhone 8
  • 性能はiPhone 8 Plus

がある。
つまり、今までスマホ2台持ちとかしていた人が、1台に集約しやすくなったといえるのだが、そうなると増えそうなのが動画視聴だ。

  • 手持ちで動画みるのは面倒
  • かといって手帳型ケースは嫌い

って人はわりと多く(僕はまさにそう)、手軽に立てかけられるのが理想なわけだが、案外そういうケースは少ない。

今回紹介する、Spigen社の「タフアーマー」は、耐衝撃性能の高さはもちろん、

キックスタンドを内蔵している

というのが、個人的に一番おのおすすめポイントだ。

早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen『タフアーマー』の特徴

タフアーマー

タフアーマー

今回紹介する、Spigen『タフアーマー』は同社が展開する、iPhone 6の頃から増えて来た耐衝撃ケースの定番モデルだ。

主な特徴は以下。

  • 衝撃吸収性の高いプレミアムTPU素材のケースと、硬質ポリカーボネート素材の
    背面パネルで補強
  • Military Grade【米軍軍事規格】で耐衝撃性能が高い
  • フチを高くして、液晶やカメラレンズが傷つかないように配慮
  • 背面パネルにはキックスタンド内蔵
  • Spigen社のケースで『最も衝撃吸収が高い』

ということで、基本的には画面割れなどiPhone Xを壊すのが怖い人向けの、ゴツいケースだ。

確かに、使うと分厚くなった感覚は強く、特にPlusシリーズではタダでさえ、デカくて重いiPhoneが、さらに重くなった印象を持つ。

だが、iPhone XはPlusシリーズと比較すればコンパクトなので、今までPlusを使っていた人なら、タフアーマーを付けてもコンパクトに感じると思う。

カラーバリエーションは、

  • ガンメタル
  • サテン・シルバー
  • ブラッシュ・ゴールド
  • マット・ブラック

の4種類となっている。

今回レビューするサテン・シルバーはAmazon価格2,690円となる。

開封レポート

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

パッケージはSpigenお馴染みのデザイン

簡単な開封レポートを。
パッケージはSpigen社お馴染みのデザイン。

ケースと説明書

ケースと説明書

箱から取り出すと、ケースと説明書が出てきた。

タフ・アーマー(前面から)

タフ・アーマー(前面から)

タフ・アーマー(背面から)

タフ・アーマー(背面から)

2重構造のケースとなっており、見るからに防御力が高そうだ。

装着後の状態

装着後(前面から)

装着後(前面から)

装着後(背面から)

装着後(背面から)

iPhone Xシルバーに装着してみた。

見た目もかなりゴツくなった印象があるが、手に持ってもその感覚は強い。

だが、iPhone 8 Plusほどの幅ではないので、持ちにくくなったとはまでは思わない。

Lightningコネクタ

Lightningコネクタ

上部

上部

右側面

右側面

左側面

左側面

プレミアムTPU素材のケースが側面を覆い隠すため、iPhone Xの特徴であるステンレスフレームは姿を隠してしまう

ボタンは、しっかりした作りとなっており、押しやすく、Lightningコネクタも干渉は全く無い。

カメラ周辺

カメラ周辺

縦に並ぶデュアルカメラにもピッタリフィットしており、

Appleマークがちゃんと見えること

が、Appleファンにとっては嬉しいポイントだ。

ただし、iPhoneの刻印は消えてしまう。

使った感想

パッケージと装着後(背面から)

パッケージと装着後(背面から)

このケースはSpigen社トップの耐衝撃性能を売りにしているため、基本的には見た目よりも、落とした時などのリスクを重視する人向けのケースだと思う。

同社の『ウルトラ・ハイブリッド』でのその性能は実感しているので、タフアーマーはそう言う用途としては完璧だろう。

iPhone 8 Plusのデザインを損なわない頑丈なクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド2」レビュー【PR】

2017.10.01

ただ、このケースには冒頭に記載したように、キックスタンドが内蔵されているという特徴がある。

キックスタンドが内蔵

キックスタンドが内蔵

これをどう捉えるかが、このケースを選ぶ選定基準になるかもしれない。

まず、動画を全く見ない人にとっては、いらない部品がついているわけで、邪魔と感じるかもしれない。

だが、動画をよく見る人だと話は変わる。
このタイプの人は、手帳型を好むことが多く、その理由は『立てかけやすい構造』になっていることが多いからと思ってる。

しかし、

  • 手持ちで動画みるのは面倒
  • かといって手帳型ケースは嫌い

という人も多いと思われ、そんな人にはもう1つの選択肢になるかと思う。

このキックスタンドを使うと、

立てた状態(正面から)

立てた状態(正面から)

立てた状態(側面から)

立てた状態(側面から)

立てた状態(背面から)

立てた状態(背面から)

こんな感じで、どこでも立てかけることができる

だが、欠点もある。

角度調節はできない

ということだ。
ただ、手持ちしたり、他のものに立てかけるよりは、お手軽だし確実だ。

実際、僕の妻は今iPhone 6sを使用しているが、キックスタンドが内蔵されているという一点で、このケースを使っている。

僕は「わーすた」などのアイドルが好きなので、頻繁ではないがわりと動画はよく見る。

動画を快適に視聴するならキックスタンド搭載ケースがお勧め!iPhone 6s Plusにも最適

2016.04.25

そういう視点で見ると、このケースの印象は少し変わるかもしれない。

終わりに

パッケージと装着後(前面から)

パッケージと装着後(前面から)

タフアーマーは、

iPhoneを絶対に壊したくない人

をターゲットにしたケースだが、もう1つの対象として、

ライトに動画を見たい

という人にもピッタリだと僕は思う。

Amazon価格2,690円ということで、少し値は張るが、使いやすいケースだと思うので、是非試してみて欲しい。

さらに、Spigen社の保護ガラス「GLAS.tR SLIM」を使えば、画面割れリスクはさらに下がると思う。

iPhone Xガラスフィルムは強度とTrueDepthカメラの扱いに注意!Spigen「GLAS.tR SLIM」レビュー【PR】

2017.11.19

iPhone Xを自慢出来るクリアケース。Spigen「ウルトラ・ハイブリッド」レビュー【PR】

2017.11.24

とにかく薄くて軽い機動力重視のiPhone Xケース。Spigen「シン・フィット」レビュー【PR】

2017.12.09

iPhone Xケースに関する記事

SPONSORED LINK

パッケージと装着後(背面から)

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)