運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

手帳型ケース/ウォレットケースって必要?使い勝手はどう?iPhoneで使った率直な感想

SPONSORED LINK

手帳型ケースを使ったことがありますか?

スマホをカバンに入れて持ち歩くことが多い、女性が主に使っているイメージのある手帳型ケース

iPhoneの場合、2015年に発売したiPhone 6sまでは、男女問わず利用者が多かった。

主な用途は、クレジットカードやSuica(ICカード乗車券)を入れて、財布代わりに使うことだったと思うが、iPhone 7以降のモデルはApple PayがFeliCa方式に対応し、利用者が減った印象がある

僕は、iPhone 6sを使っていた2015年頃に、手帳型ケースを使い最終的に使うのはやめてしまったのだが、実際に使ってメリット・デメリットがよく分かった。

この記事では以下を紹介しようと思う。

  • 手帳型・ウォレット型ケースのメリット
  • 手帳型・ウォレット型ケースのデメリット
  • どんな人におすすめか

SPONSORED LINK

手帳型・ウォレット型iPhoneケースに対する期待

僕は、時期によって様々だが、大きく分けると以下のケースを使っている。

これらのケースはフィット感や手触りが抜群で、お気に入りのケースだったのだが、問題点が2つあった。

  • 画面保護のために、保護フィルム・ガラスを貼らざるを得ない
  • Suicaなどをはさめる、カードスロットがない

これらを解決する手段が、手帳型・ウォレット型ケースを使うことだと思った。

チー
その後、Suicaに対応したiPhone 7の登場で、カードスロットの有無は僕にとっては価値がなくなりました。

Suicaエリア以外で「定期券」を使う人には、まだまだ価値があるけどね

手帳型・ウォレット型ケースを使った感想

その後、実際に手帳型ケースを使ってみた。

確かに、保護フィルム・ガラスは不要だし、カードをはさめるのでiPhone1つ持ち歩けば、ほぼ生活できるというのは便利だった。

しかし、不満も出てきた。

手帳型・ウォレット型ケースの良いところ

まずは良いところを紹介する。以下の3点。

手帳型ケースを使うメリット
  • ケースが画面を保護するため、保護フィルム・ガラスは不要
  • クレジットカード・Suicaなどを入れたら、財布がほぼいらない
  • ビジネスの場で机の上に置きやすい
チー
ここはある意味予想通りだった!

ケースが画面を保護するため、保護フィルム・ガラスは不要

手帳型ケースを装着した状態

ケースを装着するとこんな状態になる。

見ての通り、ディスプレイは見えない。

この状態でポケットやカバンに入れて、画面に傷が付くことはまず無いだろう。

仮に落としても運悪く開いた状態で落ちたらアウトだが、ガラス割れになどになる可能性は、一般的なケースよりは低いと思われる。

このため、液晶保護フィルム・ガラスはほぼ不要といえる。

チー
「何も貼らなくていい」というのはメリットと思っていたけど、使えば使うほど、皮脂などの汚れが目立つので、いいことばかりともいえないことが使って分かったよ
iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

クレジットカード・Suicaなどを入れたら、財布がほぼいらない

カードスロットがある

これも僕が期待していたこと。

僕はコンビニなど少額決済でもクレジットカードを使う。現金を使うことはかなり少ない。

なので、今まではクレジットカードが必要というだけの理由で、財布も一緒に持ち歩いていた。

しかし、それが不要となった。これは本当に嬉しい。

なにせちょっとした外出の時は、iPhoneだけ持って出れば、買い物も出来る。

おサイフケータイは2015年当時もAndroidで採用されていたが、普及は頭打ちだったので、クレジットカードの方が汎用性が高かった

しかし、2016年に発売されたiPhone 7がFeliCa方式のApple Payに対応し、状況が一変。

多くの店舗で、FeliCaリーダーが採用され、再び脚光を浴びるようになる。

チー
iPhoneが採用するインパクトを久々に見せつけられたね

このため、カードスロットによるメリットは、使っているiPhoneのモデルによって異なる。

  • iPhone 6sまでを使っているなら、メリット大
  • iPhone 7以降を使っているなら、メリットは少ない

こんな感じだろう。

ビジネスの場で机の上に置きやすい

僕は仕事をしているので、お客さんと打合せをすることがある。

そういう時、当然iPhoneも持っていくのだが、時間やスケジュールのチェックのため、打合せ中もiPhoneは机の上に置いている。

だが、そういう時に限ってメール通知で画面が明るくなったりするわけだ。

気が散るし、会話中に他の事をするのはビジネスマナー的にもあまりよろしく無い。

その点、この手帳型だと画面が見えないので気が散ることはない。

さらに言えば、形状的にビジネス(打合せ)の場にある事に違和感がないため、机の上に置きやすい。

これは隠れたメリットだと思った。

チー
スマホを持ってくるのが「失礼」なんていう人はいないけど、気の持ちようだよね

手帳型・ウォレット型ケースのイマイチなところ

今度は逆に不便になったこと。これが案外多かった。

手帳型ケースのここがイマイチ
  • カバーがかぶるためカメラが使いづらい
  • 電話が使いづらい
  • カード類を入れるとカバーが重くてバランスが悪い

カバーがかぶるためカメラが使いづらい

カメラに干渉する

言われてみれば当たり前じゃんって思うのだが、手帳型ケースを付けてまず驚いたのがカメラが使いづらくなることだ。

何も考えずにカメラアプリを起動する。しかし、被写体が何も見えない。

チー
カバーがカメラにかぶってしまう……。
カバーの位置を確認する必要がある

スマホではよくある縦向きのスタイルで使う時は、カバーの位置を気にしないといけない。

ただ、縦向きはまだ良い。

DSC00797

横向きはさらに不便……。

僕が買ったケースは左開きだった。
iPhoneを使う人ならお分かりいただけると思うのだが、横向きで撮影する場合、ボリュームボタンでシャッターを切る人は結構多いと思う。

僕はまさにそれなのだが、カバーが邪魔で使いづらい……。

左開きの手帳型ケースでボリュームボタンでシャッターを切るのは、ほぼ不可能だと思った方が良さそうだ。

チー
カメラはスマホのメイン機能なので、これは本当に大きなデメリット

電話が使いづらい

手帳型ケースは電話が使いづらい

今回手帳型ケースを選ぶにあたって、閉じたままでも電話が出来るよう、受話口に穴が空いているケースを選んだ

ところが、使ってみて根本的なことに気がついた。

チー
カバーが付いているから、カバーを開けないと誰から電話がかかってきたか分からない

さらに言えば、電話を受けるには、どちらにせよ画面を操作する必要があるため、結局カバーを開けることになる

これはかつて「フィーチャーフォン」で折りたたみ携帯が主流になった頃の、サブ液晶と同じ話だ。

なので、閉じたまま電話ができるなんてメリットはほとんど無かった(笑)

カード類を入れるとカバーが重くてバランスが悪い

カバーを畳んで使う

手帳型ケースの場合、カバーを裏側に畳んで操作するか、

ブラーン度とさせる

このようにブラーンとさせたまま操作することになる。

で、特に後者の場合に思ったが、カードが2枚入ると案外重量が増えて、カバー側が重くなった。

結果、バランスが悪くてちょっと持ちづらいなと感じるようになった。

閉じているときは良いのだが、実際操作する時はカバーの扱いに結構困ってしまうのだ。

手帳型ケースはスマホヘビーユーザーにはあまりおすすめしない

手帳型ケースはおすすめか?

このような感じで、メリット・デメリットあるのだが、どうしてもスピード感が落ちてしまう印象がある。

チー
使いたいときに、サッと使えないのが僕にとっては最大のデメリット

それでも、カード類を収納できるメリットの方が勝っていた時期もあるが、iPhone 7以降はその強みも消失……。

このように考える人は、多いのかもしれない。

僕が手帳型ケースを使った2015年当時は、男女問わず利用者が多かったが、あれから5年近く経った2019年現在はあまり見かけない。

  • カバンにスマホを入れて持ち歩く女性
  • 動画視聴を重視し、スタンド機能が使いたい人

この2択かなと感じている。

チー
スタンド機能を重視するなら、スタンド内蔵ケースを買うのもおすすめだよ

終わりに

手帳型ケースを使って感じた注意点は、以下の2点だ。

手帳型ケース購入時の注意点
  • カバー(蓋)の操作感はチェックしておいた方がいい
  • 左開けのケースは、特にカメラを横向きで撮影する人に非推奨

僕もそうだが男性はポケットに入れて機動力重視で使うことが多い。つまり、使いたい時にすぐ使えないと嫌だ。

逆に女性はカバンに入れて、比較的落ち着いた時に使う人が多い。

結局カバー(蓋)をどう捉えるかで、評価が分かれるのかなと思った。

僕は、どちらかと言えばウザイ・邪魔って思うことの方が多かった。

そういう意味で、僕は手帳型・ウォレット型ケースは向いてないなという結論になった。

おすすめケースはどれ?

全面ディスプレイ化したiPhone X・XSには、「シンプルなデザイン」のケースがおすすめです。

タイプ 価格 グリップ性 対衝撃性能 機能性
ハード
ソフト
手帳型 × ×
Apple純正 × × ×
チー
色んなケースがあって、選ぶのが難しいけど、基本はTPU素材のソフトケースが無難な選択と思うよ。
その中では、安価かつ高品質な「Spigen社のケース」が僕のおすすめです!
\ Amazonなら送料無料 /

Spigenのケースをチェック

iPhone X/XS/XS Max対応ケースのおすすめ

全面ディスプレイ化したiPhone X・XSの画面保護には、「ガイド枠付き全面保護ガラス」がおすすめです。

種類 価格 指滑り 貼りやすさ 機能性
保護フィルム ×
保護ガラス
コーティング ×
チー
保護ガラス唯一の欠点は「貼りにくさ」だったけど、特にNimaso製品はガイド枠付きなので、初めてでも楽チン!
\ Amazonなら送料無料 /

Nimasoの保護ガラスをチェック

iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

見た目重視なら「コーティング剤」

ガラスの見た目が嫌、という方には見た目を損なわない「コーティング剤」がおすすめです。

チー
正直コーティング剤は効果を実感しづらいけど、保護ガラスの元祖「Spigen社のGLAS.tRシリーズ」は信用できます!
ナノリキッドの同梱品

iPhone XSは販売終了しました。
現在は後継モデルとして「iPhone 12 Pro」が販売されています。

キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone XSユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年8月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhone XSのまとめ記事

iPhone XS長期利用レビュー
Pixel 3で寄って撮影する

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!