運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

富士通「arrows Be4 F-41A」レビュー。通話録音機能を搭載、らくらくホン譲りの操作性で高齢者に優しいスマホ

富士通「arrows Be4 F-41A」レビュー
SPONSORED LINK

日本メーカーの安いスマホが欲しい

日本国内では、2019年10月から分離プランの義務化、端末値引きの制限によって、スマホの売れ筋が「5万円以下のミドルクラス」に変わった

10万円ほどするハイスペックモデルよりも力を入れるメーカーが増えているが、ドコモでは最近富士通の「arrows」が頑張っている。

ガラケー」の全盛期、スマホが増え始めた2010年代前半は、富士通のケータイ・スマホといえばハイスペックモデルの代表格だった

しかし、AppleのiPhoneを筆頭に、海外メーカーのシェアが高まり、富士通など日本のスマホメーカーは競争力を失っていく……。

富士通の「arrows」は「Be(ビー)」シリーズを2017年から発売し、日本製の信頼感と低価格を武器に一定のシェアを獲得するようになった。

  • プロセッサやメモリは「それなり」
  • カメラはシングルカメラ
  • ディスプレイは「有機EL」
  • 価格は「23,760円」

5万円程度のミドルクラスのなかでも、特に安さが目立つモデルだ。

しかし、ガラケー時代から「指紋認証」や「らくらくホンのようなシンプルメニュー」など、使い勝手に定評のある「富士通」

この記事では「arrows Be4 F-41A」に関して、使い勝手に焦点をあてて紹介しようと思う

SPONSORED LINK

富士通「arrows Be4 F-41A」の概要

富士通「arrows Be4 F-41A」

富士通「arrows Be4 F-41A」は、2020年6月25日に2020年夏モデルとして発売された。

「4」と名付けられている通り、4代目にあたるモデルで、2017年以来毎年アップデートされている。

初代モデルから価格は「3万円程度」とかなり安く、価格に敏感な層の支持を集めている定番モデル

販売は「ドコモ限定」

ガラケー時代から富士通は基地局側の開発を担うなど、docomoとの関係が深く、docomo限定というスタンスはスマホになっても変わらない。

スペック概要としては以下の通り。

ディスプレイ約5.6インチ(有機EL)
バッテリー容量2780mAh
プロセッサSnapdragon 450
内蔵メモリ(RAM)3GB
内蔵メモリ(ROM)32GB
アウトカメラ標準:1310万画素
インカメラ810万画素
テレビ機能×
おサイフケータイ
急速充電×
ワイヤレス充電×
サイズ147(高さ) × 70(幅) × 約8.9(厚み) mm
重量144g
通信速度(受信時最大)4G(LTE) 150Mbps
通信速度(送信時最大)4G(LTE) 50Mbps

販売価格は「23,760円」。

前モデルよりも1万円ほど安くなった。

ドコモでは買い切り型のスマホとして販売されており、「スマホおかえしプログラム」の適用対象外だが、他社と比較してもかなり安いスマホだ

チー
「arrows Be4」はとにかく安いのが魅力!
\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

特徴は価格とらくらくホン譲りの高齢者に優しい操作性

らくらくホンのようなシンプルメニュー

arrows Be4 F-41A」は、ミドルクラススマホとして販売されているが、その中でも「特に価格が安い」のが特徴だ。

同時期に発売された4モデルと比較しても、突出して安い。

機種名本体価格発売月
AQUOS sense4 SH-41A
AQUOS sense4

レビュー記事
37,224円2020年11月
Galaxy A21 SC-42A
Galaxy A21
22,000円2020年11月
Xperia 10 II SO-41A
Xperia 10 II SO-41A

レビュー記事
41,976円2020年6月
LG style3 L-41A
LG style3 L-41A
41,976円2020年6月
Galaxy A41 SC-41A
Galaxy A41 SC-41A
37,224円2020年6月
arrows Be4 F-41A
arrows Be4 F-41AA

レビュー記事
23,760円2020年6月
iPhone SE 第2世代 64GB
iPhone SE 第2世代

レビュー記事
57,024円2020年4月

2万円台前半という価格設定には理由がある。

2019年10月から分離プランと端末値引きの制限を目玉とした、「改正電気通信事業法」が施行され、スマホの値引きは22,000円までに制限された

結果、いわゆる「0円スマホ」はほぼ姿を消したが、価格を2万円台前半にすることで、0円を実現するスマホが徐々に増えている

3万円台で販売されていた「arrows Beシリーズ」が、4代目になって価格を下げた理由は、「外部環境の変化」によるものだろう。

目玉はシンプルモード

また、富士通ケータイといえば昔から「らくらくホン」が有名。

徹底的に分かりやすく、シンプルな操作性にすることで、高齢者にも使いやすいよう配慮した製品で、「シンプルモード」として搭載されている。

しかし、スマホ時代になり「徹底的な作り込み」は難しくなった

Androidという自由度の高いOSを使っているが、開発元であるGoogleが徐々にカスタマイズを制限するようになっているからだ。

とはいえ、「らくらくホンのメーカー」というブランド力は強く、買いやすい価格とともに、購入ターゲットを高齢者とした、珍しいスマホだと思う

目玉は迷惑電話対策機能

その最たる例が、「arrows Be4」になって追加された「迷惑電話対策機能」。

電話帳に未登録の電話番号から着信時に、ガイダンスを流し、通話を録音する

という機能。

通話録音をスマホの機能として搭載したのも珍しいし、通話内容を分析し、牽制と注意喚起をうながす「還付金詐欺対策機能」を盛り込んだことには驚いた

チー
通話録音機能は海外スマホではほぼ実装されない機能です。

Androidはアプリで使えることもありますが、動作はかなり不安定……。

「日本製」の強みが現れた、いい機能!

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

外観をチェック

arrows Be4 F-4本体前面 arrows Be4 F-41A背面

製品の外観をチェック。

2万円台のスマホと言うこともあり、ステンレス・アルミニウムなど高級素材は使われておらず、「プラスチック感」が強い

ただ、チープではないので、比較すればキリがないが、十分満足できる質感だと思う。

四方からチェック。

上部

上部にはSIMカードスロットがある。micro-SDカードスロットと共有。

SIMカードスロット

nano-SIMのシングルスロットでデュアルSIMには非対応。

本体下部

充電端子は「USB-Type C(USB-C)」を採用している。

近年のAndroidスマホの定番だが、USB Power Delivery(USB-PD)による、急速充電に「非対応」である点は注意して欲しい

以下の記事は「iPhone 8」での検証事例だが、USB-PDによる充電は圧倒的に早い

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

安さが売りとはいえ、この機能をカットしたのは残念だ。

また「3.5mmイヤホンジャック」も搭載している。

完全ワイヤレスイヤホン」も普及したが、バッテリーを気にせず使えるし、長年愛用しているヘッドホンなどが変換アダプタなしに利用できる。

右側面

右側面に、ボタン類が配備されている。

左側面

左側面には「ストラップホール」がある。この辺りも「日本製」ならではといえる。

シングルカメラ

スマホのメイン機能とも言えるカメラはコストダウンされている部分で、シングルカメラ。

指紋認証センサーも富士通製品としてはお馴染みで「背面」に配備されている。

指紋認証は使いにくい

このように触れるため、正直ちょっと使いづらい。

手に持った状態

手に持つと、収まりのよさに驚く。

幅が約70ミリでとても持ちやすく、重量も「144グラム」と軽い。

手に取った瞬間「軽い!」と驚いた。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

「arrows Be4 F-41A」のここが凄い!

富士通「arrows Be4 F-41A」レビュー

以降は僕の感想を中心に紹介しようと思う。

僕が触ってみて「arrows Be4」の良いなと思ったポイントは、以下の4点だ。

arrows Be4のよいところ
  • 日本メーカーのスマホで価格が安い
  • 高齢者にも使いやすい、らくらくホン譲りの「シンプルモード」
  • 通話録音される「迷惑電話対策機能」

日本メーカーのスマホで価格が安い

富士通「arrows Be4 F-41A」

冒頭でも紹介したが「arrows Be4」最大の特徴といえるのは、「23,760円」という価格の安さ。

いわゆる「格安スマホ」ともいえるが、この手のスマホは海外メーカー製が多かった。

対して、「arrows Be4 F-41A」は日本の企業である「富士通」が、「日本国内の工場」で作ったスマホ

「だから何?」と思う方もいるだろうが、特に高齢者は「日本製」にこだわる方も多いので、強みといえるだろう。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

高齢者にも使いやすい、らくらくホン譲りの「シンプルモード」

らくらくホンのようなシンプルメニュー

富士通ケータイといえば「らくらくホン」

といわれた時代もあったが、僕に言わせれば「富士通ケータイは、らくらくホンのUIを他機種に適用するのがうまい」と思っていた。

高齢者だから「らくらくホン・らくらくスマートフォン」

と安易に決めつけたがる人は多いが、高齢者だって好きなスマホは持ちたい

短縮ダイヤルもらくらくホン譲り

「いかにも」という見た目は好まない方も多いので、見た目は普通のケータイで「中身はらくらくホン」というのは、ある意味理想的

母親がまさにそうだった。

富士通のガラケーをらくらくホン化する

らくらくホンじゃなくても出来る!シンプルメニューでガラケーを高齢者(シニア)向けにカスタマイズしよう

以下の記事でも書いたが、子供がサポートするのであれば、子供が持つスマホと同じにした方がよいと思う

しかし、遠隔地に住んでいる、1人暮らしという高齢者であれば、らくらくホンのように使える「arrows Be4 F-41A」は使いやすいだろう。

シニア向けスマホはどれがいい?

シニア(高齢者)のスマホはiPhoneとAndroidのどちらがよい?らくらくフォンよりiPhoneをおすすめする理由と選び方

通話録音される「迷惑電話対策機能」

目玉は迷惑電話対策機能

最後に紹介するのは「迷惑電話対策機能」。

概要としては以下のような機能だ。

迷惑電話対策機能の概要
  • 電話帳登録されていない電話から電話がかかる
  • 警告する通知が流れ、相手には「録音」される旨のガイダンスが流れる
  • 音声解析し、詐欺などの恐れがある場合警告が流れる
  • 通話内容が録音される
通知される 通話中も表示される

最大のポイントは、通話内容が録音される機能

これ、ありそうでなかった機能だ。

Androidでは昔から、通路録音アプリがあるのだが、機種を選ぶなど動作はかなり不安定。

【Android】スマホの電話を録音する方法。通話録音アプリ「通話レコーダー」で会話を自動録音

iPhoneについては、通話録音機能は提供すらされない。

本国アメリカにおいて、州によっては「同意を得ずに通話録音は違法」とされているかららしい。

迷惑電話メモが保存されている

なので、スマホ標準機能として、通話録音が搭載されるのは「日本ならでは」ともいえる

実際録音したデータを聞いてみたが、相手の声もハッキリ聞こえるし、通話録音機能としてはかなり優秀。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

「arrows Be4 F-41A」のここがイマイチ

富士通「arrows Be4 F-41A」レビュー

arrows Be4」を使って、イマイチと感じた点ももちろんある。

感じたことをまとめると、以下のような感じだ。

arrows Be4のイマイチなところ
  • カメラ機能はそれなり
  • 顔認証に非対応
  • 急速充電(USB-PD)とワイヤレス充電に非対応

カメラ機能はそれなり

シングルカメラ

arrows Be4」のカメラはシングルカメラ。

arrows Be4で撮影した写真
arrows Be4で撮影した写真
arrows 5Gで撮影した写真
arrows 5Gで撮影した写真

同じ時・同じ場所で撮影した写真も、上位モデル「arrows 5G」と比較したらかなり違う。

一眼レフのように背景をぼかす「ポートレートモード」など、トレンドは押さえているが、カメラの画質は価格なりのものと理解した方がよいと思う

また、操作性もイマイチで、横持ちでメニューを押すと、縦表示が前提の表示となる

メニューが表示される

2万円台のスマホを買う方が、高度なカメラ機能を求めているとは思えないが、ここは価格相応だった。

顔認証に非対応

指紋認証は使いにくい
arrowsの「伝統」といえるのが、背面に配備した指紋認証センサー

スマホ生体認証トレンドは、指紋認証からiPhoneの「Face ID」相当となる顔認証に変わっている。

2020年のコロナ禍においては、マスクをつけると顔認証が使いづらいので、指紋認証の価値は見直されたと思う。

ただ、自宅内でマスクをつける人は少ないし、背面の指紋認証センサーは使いづらい……。

チー
今どき「背面の指紋認証だけ」っていうのは、ちょっと物足りない感じ……。

急速充電(USB-PD)とワイヤレス充電に非対応

本体下部

最後が、急速充電(USB-PD)とおよびワイヤレス充電に非対応という点

ミドルクラスのスマホは、ワイヤレス充電に非対応であるケースが多い。これは仕方ないと思うが、USB-PDによる急速充電にも非対応。

USB-PDによる充電は圧倒的に早いので、あえてこの機能をカットしたのは残念だ。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

終わりに

富士通「arrows Be4 F-41A」レビュー

日本市場においては、行政が介入する形で「値引きは22,000円まで」という特殊な構造となった。

「23,760円」という価格は、値引き額から逆算された価格であることは容易に想像できるし、そういう意味でも「日本専用端末」

制限のあるなかで機能を開発すれば、メーカーが技術力で切磋琢磨すると思う。

実際、価格ののわりにはコスパが高く、独自機能もありよくできたスマホだ

ただ、このルールは日本のみでまさに「ガラパゴス」。

正直意味があるのか……という疑問は残る。メーカーに責任は全くないが……。

とにかく安く購入できて、高齢者での使いやすいスマホを探しているなら、「arrows Be4 F-41A」は有力な選択肢になるだろう。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows Be4をチェック

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?そろそろ5Gもあり!使って分かった評価を本音でレビュー【2020年夏モデル・冬モデル】

ミドルクラススマホのレビュー

ドコモ旧モデルのおすすめ2021年1月版

【2021年1月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更するならXperia 10 II、iPhone SE 第2世代が狙い目!

docomoミドルクラス2020年12月版

【2021年1月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がAndroidユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2021年1月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年1月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!