Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

福山市・尾道市・笠岡市の地域メディア「備後とことこ」始めました。公式ではかけなかった、アイドルオタクの夢

備後とことこ
SPONSORED LINK

2020年9月7日に、新規メディア「備後とことこ」をオープンしました。

2018年9月に開設した倉敷とことこに続く、「とことこシリーズ第2弾メディア」といえば、それらしい感じもしますが正直違和感しかない(笑)

元々「シリーズ化」の構想なんてなかった

それでも、やると決めたのは僕なのでそれはおいといて……。

やると言い始めてから、いろんな話の展開がとにかく早く、実際オープンしてからも周りの動きが活発。

そんなこともあり、「備後とことこ」に関しては、最初から「壮大な夢」を詰め込むことにしました。

チー
アイドルヲタクの夢は「アイドルとの共演」だ!

SPONSORED LINK

「備後とことこ」とは

備後とことこ

「備後とことこ」は、以下の地域をメインエリアにした地域メディアです。

  • 広島県福山市
  • 広島県尾道市
  • 岡山県笠岡市

いわゆる「備後都市圏」と呼ばれる地域の、主要都市をターゲットにしています。

運営は倉敷とことこと同じく、「一般社団法人はれとこ」が担うので、代表は僕。

ただ、倉敷と大きく違うのは、僕が住んでいる街ではないという点

立ち上げのきっかけは「メンバーからの声」なので、ライターさんなど関係者が住んでいる街ではありますが。

地域ブログ・メディアは、そこに住んでいる人が個人で運営しているケースが多いです。

しかし、僕らは最初から「チーム」で運営しているので、僕ららしい展開とは言えるかもしれません。

いつの間にか「ガチ」なメディア作りになってきた

倉敷とことこ

倉敷とことこを開始して約2年。

当初から、「ブログ」ではなく「メディア」と位置付ける戦略をとってきました。

ここでいうメディアの定義というのは、

全て「取材記事」として作成し、アクセス数・収益などの数字を目的化しない

というもの。

どちらかといえば内部的な目標だったんですけど、いつの間にか外部からも「メディア」として扱われるようになってきます。

こんなことは、個人ブログはもちろん、単純に「法人成り」したから実現されるものでもありません。

そして、狙ったわけでもないので、再現性も全くない……。

チー
周りからいつしか、「ガチになってきた」なんて言われるんですよ
倉敷とことこ10万PV達成

倉敷とことこが月間10万PV達成!早すぎる裏目標達成と、同時に感じた「剣」を持つ責任感

外に目を向けて、新しいことに「挑戦」したい

広島県福山市

こんな感じで、「倉敷とことこ」はある程度存在価値が認められるようになってきましたが、そろそろ頭打ちとも感じていました

良くも悪くも、メンバーが固定化され、取材もルーチン化してくるので、淡々とした感じになってきます。

僕自身としても多少「飽き」が出てくるわけで……。

「そろそろ視点を変えよう」なんて思い始めていた頃、メンバーから「他の地域でもやってみたい」みたいな声が上がり、話を進めるとこれがキレイにハマるわけです。

何より驚いたのが、地元のキーマンがすぐに見つかったこと

  • その土地に住み
  • 何かしたいという想いを持ち
  • 人脈などをそれなりに持っている方

「地域メディア運営は、人の繋がりで成り立つ」というのは実感していたので、地元のキーマンがいないとうまく行かないし、逆にいえば、いればうまく行く(笑)

ただ、説明が大変なんですよね。理解してもらうのはもっと大変。

ゼロから始めた倉敷とことこはそこに苦労したんですが、

「倉敷とことこ」の備後版ができます

といえば先方としても何がしたいかすぐ分かります。

なので、協力する・しない・何ができるかの話がとにかく早いんです。

そんな中で、久々に封印していた「夢」を口にすると、案外反応がよかった(笑)

チー
アイドルを起用してみたい

メディアをいろどるタレントを起用する

公式サポーター「福山あいどるくらぶ」

テレビ・雑誌など「メディア」と呼ばれるものに必ず登場するのは、「タレント」です。

  • タレントとして出演すること
  • タレントに出演してもらうメディアになること

これはお互いにとってメリットがあります。

ただ、いきなり有名なタレントに出てもらえるわけもない。そういう意味では、お互いに協力し、育てて行くみたいな関係が必要です

そういうのに最適なのは「アイドル」。

なので備後とことこでは、福山あいどるくらぶ」を「公式サポーター」と称して起用させていただきました

こんなことを考えるのは、僕がアイドルオタクだからというのもありますが、僕らをいい意味で踏み台にして、羽ばたく人が出れば面白いと思うからです。

最大の目標はわーすた「松田美里」との共演

わーすたライブ

というのが、外向けの理由ですが、もう少し独りよがりな夢があります(笑)

チー
広島県福山市といえば、わーすた松田美里

2020年はコロナ禍&忙しくて現場からも遠ざかっていますが、2016年からハマり、今も応援し続けている大好きなアイドルグループが「わーすた」です。

わーすたアーティスト写真2019年10月

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

わーすたメンバーの松田美里ちゃんは、広島県福山市出身。

第2弾メディアをやろうと考えた時に、まず思い浮かんだのは「福山市」ですが、それは松田美里ちゃんと無関係ではありません。

中高はよく遊んだ街ですが、大学進学以後ほぼ足を運ぶことのなかった福山が、再び身近になったのは、間違いなく「わーすた」がきっかけ

2020年の今となっては「老害」と言われるかもですが、2017年6月の「松田美里のマツダスタジアム国歌斉唱」は、今でも当日のエピソード含めて、わーしっぷ(わーすたファン)として一番思い出に残っている出来事。

松田美里のマツダスタジアム国家斉唱レポート。と、撮影・観賞の必勝攻略法

そういう意味で、いつの日か「わーすた松田美里」に出演してもらえるようなメディアになることは、最大の目標であり夢ですね。

チー
ハードルが高すぎる目標だけど、だからこそ面白い(笑)

わーすた「松田美里(まつだみり)」のプロフィール。広島出身卵とカープが好きすぎるアイドルの素顔

終わりに

備後とことこ

2018年7月末で会社員をやめフリーランスとなり、その月に平成30年7月豪雨が発生。

意識高くWebメディア「倉敷とことこ」を立ち上げて約2年。

個人サイト・ブログの運営経験はそれなりにあり、経験を活かした面はありますが、Webメディアと一言で言っても、こんなに違うのかと最近は驚くことが多いです

  • シリーズ展開
  • タレントを起用するみたいな目標

2年前は想像すらしていませんでした。

そういう意味で、今考えていることも、数年後には全く違った形で実現しているかもしれないし、まだ見ぬ何かにチャレンジしているかもしれません。

予想もつかないのが、メディア運営の面白さ

とは思っているので、楽しみながら、それでもやるからには「ちゃんと続けること」は何よりも大事にして、運営していこうと思います。

チー
備後とことこ」の応援よろしくお願いします!
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!