地域WEBメディア「倉敷とことこ」を正式オープン!こだわりが多くて苦労したけど、仲間と乗り越えた3ヶ月

「倉敷の今」を伝えるWEBメディア 倉敷市の情報
SPONSORED LINK

WEBサイトそのものは、2018年9月下旬に公開していましたが、「倉敷の今」を伝えるWEBメディア「倉敷とことこ(愛称:くらとこ)」を正式オープンします。

まあ何が変わるわけでもなく、あまり積極的にアピールしなかったのを「やめる」だけですが(笑)

3ヶ月運営してきて、間違いなく言い切れることがあります。

チー
複数人で運営する、WEBメディアを作るのは大変!

正直に言えば、思った以上に負荷が高く、本当に続けていけるか自問自答していた面もあります。

とはいえ、「みんなで作り上げる感じ」はすごく楽しいですね。

2019年は「倉敷とことこ」発展のために、頑張りたい

そう思っているので、この記事では、

  • 「倉敷とことこ」に込めた思い
  • 3ヶ月運営した苦労話
  • 楽しかったこと

を紹介しようと思います。

SPONSORED LINK

「倉敷とことこ(くらとこ)」をはじめた理由

「倉敷の今」を伝えるWEBメディア

「倉敷とことこ(以降:くらとこ)」はいわゆる「地域ブログ」に分類される、WEBメディアです。

ですが、正直この手のメディアに全く興味が無かったです。

  • 読むことが無い
  • 読みたいとも思わない
  • もちろん運営にも興味が無い

そもそも論として、地域ブログを作るほど「地域に対する熱い思いはなかった」ので、当たり前なんですけどね。

そんな僕ですが、平成30年7月豪雨があり、災害ボランティアに関わるなかで考えが変わりました

チー
倉敷の中心部である美観地区と、被災地である真備町の情報を同時に発信したい
倉敷市災害ボランティアセンターの入り口

倉敷市災害ボランティアセンターに関わって感じた、システムの導入(IT化)は簡単でも、運用は難しいと感じた話

2018年8月5日
閑散とした美観地区

倉敷美観地区と被災地真備町の「今」を発信する、ブログ「倉敷とことこ」を9月中に開始するべく準備中です

2018年8月20日

真備町という地域は、2005年8月1日に倉敷市に編入合併しました。

倉敷市としての歴史は案外短いわけで、同列に扱うメディアはあまりありません。

チー
ないなら、作るしかない

これが「新規WEBメディア」を作った理由です。

「くらとこ」でこだわっていること

倉敷美観地区内にある有隣荘

このような経緯ではじめたので、僕は地域ブログのノウハウがありません。

ですが、ブログの運営ノウハウはあります。

だったら敢えて、他の地域ブログは参考にしないし、横の繋がりも作らずにやっていこうと思いました。

僕が死んでも続くために「1人でやらない」

大原美術館

個人ブログとWEBメディアの大きな違いは、継続性をある程度保証する必要があることと思っています。

個人ブログは、個人の名前で運営するブログです。

このブログ「アナザーディメンション」は僕の個人ブログなので、究極的には僕が死ねば、このブログも死ぬ(=閉鎖する)でよいと思っています

今やそこそこのアクセスがあり、ほっといても稼げるので、わざわざ閉鎖する必要もない気がしますが、それはまた別のはなし(笑)

ただ、地域ブログは個人の死・飽きたなどのモチベーションに左右されるべきじゃないと思っています。

地域は絶対に残り続けるので、始めるからには「ちゃんと続ける覚悟」が必要です。

「くらとこ」は僕が代表という位置付けですが、全てを1人ではやりません。

また、なるべくやったことをメンバーに共有するようにしています。記事作成などはマニュアルも用意しています。

未来のことは分かりませんが、僕がいなくなっても続く前提の運営です

個人と法人の違いといってもよいかもしれませんね。

そういう意味で、個人運営ですが「くらとこ」は組織化しています。

メンバーはほとんど「岡ブロ」の関係者

岡山ブログカレッジ

組織化するためには、メンバー(仲間)が必要なんですが、普通はこれに一番苦労します。

しかし、さいわい僕には2017年4月から開始した「岡山ブログカレッジ」があり、ここで出会った人達が沢山います。

  • 運営メンバーは「岡ブロ」で付き合いの長いメンバーで構成
  • ライターも、岡ブロで出会った人にお願いする

つまり、面識のある人に仕事をお願いするので、ある程度の安心感があります

組織化しているとは言え、会社ではないので、あまり堅いものにはしたくないわけです。

メンバー選定にあたっても「面談」とかはしたくないので、信用できる方にだけお願いすることにしています。

運営メンバー、協力してくれているライターさんは、以下の記事で紹介しています。

まあ、見事に岡ブロメンバーですよ(笑)

メディアとして「取材」して記事を書く

メディアとして取材して記事を書く

ブログとメディアの違いとは何か?

WEBも紙も関係なく、一番大きな違いは「取材」するかどうかと思っています。

例えば、飲食店の紹介をする場合、ブログでは以下の流れが多いです。

ブログ記事作成の流れ
  1. お店に行く
  2. オーダーして、写真などを撮る
  3. お店の人にブログで紹介して良いか確認する
  4. OKなら記事を書く
  5. 記事を公開する

3番はやらない人も多いでしょうね。

基本的に「勝手に書く」スタンスです。

だからこそ、正直な感想が書けるわけで、ここに善悪はありません。

ただ、メディアの場合は以下の流れが多いです。

メディア記事作成の流れ
  1. 取材依頼をする
  2. 日程調整して、そのお店に行く
  3. オーダーして、写真などを撮る
  4. お店の人の話を聞く
  5. 記事を書く
  6. 記事を確認してもらう
  7. 確認OKなら記事を公開する

取材依頼をして、お店に記事も確認してもらうことが大きな違いでしょうか。

「新聞」の場合、記事の事前確認はありません

逆に言えば、取材依頼して了承がとれなかったら、記事も書けません

そういう意味で「自由」はないですが、お店の人の話を聞いて書くので、1次情報で構成された正確な内容になります。

「くらとこ」は後者です。
全て取材依頼をして、記事を書いています。

正確な情報を書く

くらとこでこだわっている「データエリア」
「くらとこ」は地域メディア、さらに言えば美観地区など「観光情報」が中心です。

観光情報として気になるのは、スポット情報だと思っています。

お店の紹介記事は沢山ありますが、

  • クレジットカード、電子マネーは使えるのか?
  • トイレはあるのか?
  • 予約出来るのか?

あたりって気になりますよね。

客観的なデータを整理して掲載することに、「くらとこ」はこだわっています

くらとこでこだわっている「データエリア」

上記スクリーンショットは「データエリア」と呼んでますが、これを記事の前半と末尾に敢えて掲載しました。

チー
お店の方にちゃんと確認した情報だから、正確だし、ここだけ見て離脱してくれてオッケーですよ

ブックマーク的に使ってもらえたらな、と思っています。

「人」にフォーカスをあてる

お店の情報だけでなく「人」にもスポットをあてたい

取材依頼をするので、普通は「お店の紹介」が中心になります。

飲食店なら、

  • お店の写真
  • メニューの紹介

が中心になるんですが、せっかくお店の方にも時間をいただくので、「お店の人」を見せたいと思いました

もちろん、「出たくない」という方もいるので、ケースバイケースですけどね。

なので、「くらとこ」の記事は基本的に2部構成としています。

  1. 前半は、お店の紹介など「客観的なデータ中心」
  2. 後半は、店主インタビューなど「主観的な話中心」

後半は、情報サイトとして見た場合、不要なコンテンツでしょう。

なので、実際そのお店に足を運んだ後、気になった人が読んでくれたらいいと考えています。

例えば、「すごくいいお店だった!」と感じた時、そのお店のことがもっと知りたくなると思います。

そんなニッチな需要に応えるための、コンテンツです。

コンテンツ量(紙面)の制限がない、WEBだからできることとも言えますね。

3ヶ月運営した苦労話

地域メディアを運営する大変さ

こんな感じで、3ヶ月程運営してきました。

当初の青写真はこんなものだったんです。

  • 3ヶ月で30記事ほど書く
  • 以降は量産体制に入る
  • 1年くらいでほとんどのお店の記事を書き終える

しかし、記事がなかなか増えません(笑)

現実は、3ヶ月経った2018年12月末時点で「15記事」

チー
自分で言うのもなんだけど、頑張り過ぎている

予定の半分ですし、とても量産できる気がしません(笑)

取材して、確認など校正しながらだと、スピード感が出ません。

体感的には、普通のブログなら1日で書ける記事が、メディア形式だと最低3日かかります

じっくり腰を据えて運営することになりそうです。

「個人運営」の地域メディアは怪しがられる

信頼を得るのが難しい

なかなか記事が作成できない理由の1つに、取材依頼が思うように通らないことが挙げられます。

こういうメディアは普通、法人が運営するんです。

ですが、「くらとこ」は個人です。

個人運営の地点で怪しがられます

面と向かってお願いしても、その傾向は強いですね。

個人と法人の違いもありますが、根底に以下の意識があるようです。

  • 観光メディアなんて儲かるわけが無い
  • なのに、この人は何故こんなことをしているのか

特に年配の方からは、怪しまれるか、

お店の人
あなたにも生活あるでしょう?

みたいに心配されるかの、どちらかが多いです(笑)

チー
他でそれなりには稼いでます

と言っても、今はフリーランスなので「信用力が落ちた」というのは実感しました。

ピープルソフトウェア株式会社

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018年8月1日

ここで、「一応会社員もしてますので」と会社の名刺をチラ見せしたりすれば、かなり違うんでしょうけど。

ただ、「くらとこ」は僕が会社員をやめたからこそ出来ているので、そこのバランスは難しいですね。

私費で200万円投資するけど、回収は難しそう

利益を生むのが難しい地域メディア

とはいえ、やはりお金のことは大事です。

「くらとこ」には、2019年一杯までで、「私費を200万円投資する」と決めて始めています。

ここは、ライターさんにお支払いする原稿料なども含みます。

「くらとこ」で利益はでなくていいけど、理想は赤字ゼロ

と思っているので、200万円はどこかで回収したいわけです。

ですが、3ヶ月運用した結果として思うのは、難しそうだなってことでしょうか。

見れば分かるのですが、「くらとこ」にはAdSense広告すら入れていません。

広告収入はゼロ

PV(ページビュー)が増えたら、AdSenseだけである程度収益化出来そうですが、もし広告を入れるなら、出来れば地元企業の広告にしたいんですよね。

今の段階でスポンサー的に応援してくれる企業は皆無でしょうが、将来の夢です。

そのためにも、いい記事を積み重ねて行くしかないかなと思っています。

地域メディアを運営する楽しさは「人の繋がり」が増えること

人との繋がりが増えるのは嬉しいし楽しい

苦労話が続きましたが、本当に大変なんです。

チー
他のこともやらなきゃいけない

くらとこに投資する資金を稼がないといけない

そう考えると、わりと胃が痛いので(笑)

ですが、個人ブログにはない「楽しさ」があります

それはやっぱり、色んな人と作り上げていくことです。

  • お店の人
  • 記事を書くライターさん
  • モデル、カメラマンなど記事に彩りを添えてくれる人
  • 応援してくれる人

たった3ヶ月でも、一体何人の人に会っただろうと、積み上がった名刺を見ながら思ってしまいます。

僕にとって倉敷は「地元」なので、今まで案外少なかった「地元の知り合い」がものすごく増えた感覚があります。

内部に目を向けても、今まで月1の「岡山ブログカレッジ」開催時くらいしかコミュニケーションが無かったのに、ほぼ毎日のように何らかの話していたりして、関係が深まりました。

人との繋がりが増えて、深くなった

これが個人ブログではなく、複数人で運営するWEBメディアを作る、一番の楽しさかもしれませんね。

フリーランスの仕事って孤独な面があります。

ですが、「くらとこ」を始めたお陰で、出かけたり・人に会う機会が増えたので、気分転換にもなってます。

アイドルを絡めてみたいという「夢」

モデル・カメラマン体制でも記事を作成

あと、メディアの体裁になるとやってみたいことが出てきました。

先日、モデルさんを起用した取材に同行していて思ったんですけどね。

チー
モデルにアイドルを起用した記事書きたいなぁ

とか、夢は膨らみます(笑)

2018年11月時点の煌めき☆アンフォレントメンバー

三重県のご当地アイドル「煌めき☆アンフォレント」。東海・関西地方で最も勢いのあるアイドルの秘密

2016年4月9日

こういうのは、やはり個人ブログでは難しい部分なので、泊を付ける意味でも、「コラボ」みたいなものは是非やりたいなって思いますね。

終わりに

「倉敷の今」を伝えるWEBメディア

というわけで、長くなりましたが「くらとこ」のことを紹介してみました。

1年後(2019年末)に、「始めて良かった」と振り返られるように、2019年は注力しようと思います。

ここまでご覧いただいた方は、是非「くらとこ」ご覧になって欲しいですし、SNSなどもフォローいただけると嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

「倉敷とことこ」SNSアカウント

SNS担当はやぶなお&ゆりちぇる

この記事で紹介したWEBメディア以外に、SNSアカウントも運用しています。

SNSは、岡山の若きインフルエンサー「やぶなお&ゆりちぇる夫妻」に運用してもらっています。

Twitterは主に関連記事のシェア、Facebookページはこれに加えて、編集後記などの裏話を掲載しています。

さらに、Facebookページはマルチリンガル対応も行っています

Instagramはファッション情報の発信を予定していますが、まだ動けておらず、アパレル情報の掲載に合わせて始動予定です。

あわせて読みたい

SPONSORED LINK