倉敷美観地区と被災地真備町の「今」を発信する、ブログ「倉敷とことこ」を9月中に開始するべく準備中です

閑散とした美観地区 災害ボランティア
SPONSORED LINK

平成30年7月豪雨で、僕が住む岡山県倉敷市を含む西日本の多くが被災しました。

スマホの緊急速報で通知される、避難準備・避難勧告・避難指示(緊急)って何が違う?岡山県倉敷市の豪雨体験を通じて感じたこと

2018.07.08

被災から1ヶ月弱経過し、本当に色んなことがありました。

  • もっと上手く出来たんじゃないか
  • 〜してくれたら

そういうことはありますし、今後に向けては考えるべきなのかもしれませんが、被災者支援が生活再建フェーズへ変ってきているのを感じます

僕は今、倉敷市災害ボランティアセンターにいることが多いですが、僕も含め素人達が寄せ集められた『集団』から、全国から集まるプロの人達中心の『組織』となってきました。

僕の役割もそろそろ終わりになると思うので、

チー
これから何をするべきか?

と考えた時、僕の得意分野でできることをやるというのが一番だと思うわけです。

僕の会社員としての仕事はシステムエンジニアですが、もう1つ自分で言うのもなんですが、それなりに成功したブロガーという一面もあります。

倉敷市は観光の街です。

であれば、

チー
倉敷の、

  • 美観地区など観光情報
  • 被災地真備町の今

を同じWEBメディアで発信し、盛り上げると同時に、復興への道を伝えて行こう

と思いました。

というわけで、

倉敷美観地区ブログ「倉敷とことこ」

を始動しようと思います。

SPONSORED LINK

なぜ倉敷美観地区ブログなのか?

閑散とした倉敷美観地区

そもそも、何故今倉敷美観地区ブログなのかですが、それはやはり豪雨災害に伴い、観光客が明らかに減っていることがあげられます。

危機的状況!西日本豪雨災害で閑散とした倉敷美観地区へ遊びに来ませんか?

2018.07.19

上記写真は2018年7月中旬の写真ですが、こんなに閑散とした美観地区は見たことがありません

ただ、同時に観光客が減るのもある意味仕方ないと思ってます。

風評被害

とよく岡山県民は言うんですが、僕はそう思っていなくて、自粛ムードだと思います

他県の人
被災して大変な時に、観光にいくとか不謹慎ではないか
他県の人
被災していない地域で観光して、お金を落とすのも復興支援とは言われても、周りがそう見てくれるとは限らない

これも偽らざる本心ではないかと思います。

僕はそういう意識わりとあるので、こういう時観光客がある程度減るのは仕方ないと思っています。

ただ、1度減った観光客が戻るのには数年かかります。

美観地区ブログだけど「真備町」の情報も発信したい

井原線とメインストリート

僕は岡山県倉敷市で生まれ、育ち、進学や仕事で県外に出ていた時期もありますが、結婚し子供が生まれてここに住み続けることを決めました

ですが、「地元愛が強かったか?」と問われれば、そうでもないと思います

どちらかと言えば、県外に出たかったタイプです。

ですが、初めて地元が被災する状況になり、自分でも驚きましたが、思った以上に、

倉敷のために役立ちたい

という気持ちがわいてきました。

僕は2018年7月末で会社を辞めました。

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018.08.01

この災害が起こったときは、有休消化期間だったわけで、仮にですが6月に発生していたら、今のようにボランティアセンターに関わることもなかったでしょう。

そういう意味で、『運命的』なものは感じました。

だからこそ、倉敷の象徴としての『美観地区の情報』を発信したいですが、同時にそれを決意するキッカケになった、

被災地「真備町の今」

も発信していきたいと思っています。

被災地の今

を継続的にチェックしてくれる人なんて、時間が経つにつれて減ります。

だからこそ、

被災地真備町の今、倉敷市のメイン観光地である美観地区の今を、同じWEBメディアで発信することに意味がある

僕はそう思っています。

美観地区ブログのタイトルは「倉敷とことこ」

美観地区入り口

2018年8月4日に、2017年4月から運営している「岡山ブログカレッジ」が新聞記事に掲載されました。

実は、この取材は豪雨災害の前日(7月6日)に受けたんです

記事の最後に、

いつかカレッジで倉敷・美観地区を紹介するサイト作りに挑戦してみたい

と書いていましたが、確かに言ったのは事実です。

ですが、「いつか」だったんですよね。一応構想だけはツイートしてましたが。

少なくともその翌月に、動き始めるほどの「意欲」はなかったです。正直。

現実はといえば、

  • ブログのタイトル(倉敷とことこ)
  • 中心的な運営メンバー、ライターなど実働メンバー

まで決めて、遅くても9月中には開始する勢いです

終わりに

がらんとした美観地区は寂しい
というわけで、

倉敷美観地区ブログ「倉敷とことこ」

は現在、9月中の開始に向けて鋭意準備中です。

ちなみに、愛称は「くらとこ」です

基本的には観光ブログなので、

  • お土産
  • グルメ
  • 観光

情報がメインですが、こだわりたいのは、

誰がどういう思いで記事を書いているのかを、見えるようにすること

です。「ちゃんとやっている感じ」とでも言えばよいでしょうか。

よくある「地域ブログ」とは少し違うかもしれません。

準備状況は随時発信していこうと思いますので、お楽しみに!

【アイデア募集】美観地区ブログ「倉敷とことこ」のロゴ決定に向けて意見をもらえませんか?

2018.08.30

あわせて読みたい

SPONSORED LINK