Macユーザー必携!AirMac Time Capsuleの魅力とお勧めの使い方まとめ

AirMac Time Capsuleの紹介記事を何回かに分けて書いてきたが、今回は最終回と言う事でまとめ編だ。
Appleのお正月セールで購入したため実質24,800円で、最新規格IEEE 802.11ac対応のWi-Fiルーターと2TBのストレージが手に入ったと思えば、わりと安い買い物だったのではないかと思う。

で、結論から先に言っとくと、AirMac Time Capsuleの現行モデルは、特にMacBoookユーザーならほとんどの人が購入してもメリットはあると思う。やはり、バックアップへの安心感が段違いなのだ。

AirMac Time Capsuleをお勧めしたい人

こんな方に特にお勧めと思う。

  • MacBookユーザー
  • バックアップに何となく不安を抱えている人
  • IEEE 802.11acの無線LAN環境を構築したい人
  • 無線LANとかバックアップってよく分からないけど、何も考えずに使いたい人

以降は僕のお勧めポイントを交えて紹介。

リビングにも置けるデザイン性の高さと高性能さが凝縮されている

無線LANルーターやNASと言えば、黒基調で無骨なデザインが多い。ACアダプタも外付けで、本体だけでなく場所をとる。結果、特に既婚者は嫁にこの手のアイテムは嫌煙される。

AirMac Time Capsuleの大きな特徴はACアダプタ内蔵である事と、静粛性だ。このおかげで全体的には多少大きくても、スッキリとしたデザインが実現されている。女性にも受け入れられやすいデザイン。これは大きなポイントだと思う。

また、1人暮らしでワンルームマンションに住んでいるような人にもお勧めだ。これなら部屋に置いてもガジェットヲタク的に見られる事もないだろうw

MacやiPhone/iPadユーザーなら設定が簡単

これは僕が一番驚いた部分だが、設定がすごく簡単だ。無線LANの設定なんて、僕がPC関係に明るくない人から未だに問い合わせを受ける筆頭。

昔に比べたら随分簡単になったが、それでも初心者にはまだまだ難しい証拠だと思う。AirMacユーティリティ使うと本当に簡単で、これはちょっと感動できるレベルだった。

あと恐らく今年はIEEE 802.11acのルーターが普及する年になるだろうが、現状では数少ない対応ルーターにもなる。ビームフォーミングという技術に対応しているのは、何気に少ないため無線LANルーターとしても実は優秀だ。

存在を意識せずバックアップができる

バックアップが重要というのは、パソコンに限らず今やスマートフォンでも言える事だ。Macのバックアップと言えばTime Machineという機能があるが、これは基本的にUSB-HDDとの接続が前提となる。iMacなどデスクトップタイプならいいのだが、Macbookシリーズはどうしても邪魔になる。

結果、バックアップが毎日実行されないなんて事になりがち。AirMac Time Capsuleだと設定されすれば、あとはWi-Fi経由で自動的にバックアップしてくれる上、今はスリープ中も実行してくれる。AirMac Time Capsule自体の故障というリスクはあるが、一般的なバックアップとしてはほぼ完璧だと思う。

バックアップの基本は自動化。これほど頼もしいバックアップはないと思うし、設定も簡単で誰でも安心して使う事ができる。

終わりに

AirMac Time Capsule購入のきっかけは、友人から子供の写真を山盛りいれたハードディスクがクラッシュして、復旧に10万以上のお金がかかったという話を聞いたことだった。バックアップを自動化する為に、多少の投資は仕方ないと思った。

で、今回イニシャルコストとして25,000円投資したわけだが、これは本当に大正解だったと言い切れる。バックアップに対する信頼性が格段に増したし、おまけにWi-Fiまで高速化できた(これは僕が昨年MacBook Proを購入したからと言うのが一番だが)。

この手の製品は毎年発売されるが、機能的なものが大きく変わるわけじゃ無い。また、ハードディスクを搭載している以上、基本は3年、長くて5年くらいで使い捨てるようなイメージになる製品。特にバックアップに対して少しでも不安を持っている人は、すぐに購入しても損はないと感じた。

AirMac Time Capsuleは購入に一片の悔い無し!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK