携帯の2年縛り更新月に解約・MNPする場合、一番お得な解約方法

先月(2015年4月)は母親が使用していたiPad mini(au版)の2年契約が終了し、更新月だった。母親の携帯は3月にiPhone 6 Plusに一本化したためこの回線は解約する方向としていた。

で、2年縛り明けで解約する場合、一番お得なのは「1日」だという記事を以前書いたのだが、

これを実際に試してみることにした。結果は大成功。更新月は1円足りとも費用が発生せず、解約することが出来た。

1日解約がお得な理由

現在多くのスマートフォン・タブレットは、大きく分けたら以下のサービスを契約している。

  1. 基本使用料(音声通話プランなど)
  2. データ通信料(多くの場合パケット定額プラン)
  3. ISP料(SPモードなど)

このうち1と2については、解約を行った場合日割り計算となるのだが、パケット定額については1日でも契約すると1ヶ月分の費用が丸ごと発生してしまう。

つまり、2日に解約しても、31日に解約してもデータ通信料は変わらない。しかし、解約の場合、料金の請求は、解約日の「前日」までとなるため、1日に解約すると解約月の料金が発生しないというからくりだ(前日は前月末日なので)。ちなみにパケット定額だけを外す場合は、1日に外しても料金は発生する。この場合は、前月末での解除が無難だ。

というわけで、今回2015年4月が更新月だったので、2015年4月1日に解約手続きを行った。
20150430150154_pdf(1_2ページ)
こんな感じだ。

翌月の請求はどうなったか

そして、今月になり前月分の利用料が確定。請求書が届いたわけだが、こんな感じだった。
auお客さまサポート
今回解約した「080-63~」という番号は請求書上も存在しなくなっている。てっきり内訳0円で明細くらいは上がるのかと思ったが、4月の契約が何も無い状態なので明細にすら上がらないようだ。

ちなみに補足すると僕はau回線を他に3回線(1つは現在嫁が使っているiPhone 5s回線、残り2つは先日MNPして新規契約)、さらに固定回線としてauひかりを利用している。

なので請求は上がってくるのだが、1回線のみ契約していてそれを1日に解約した場合、請求処理すら行われなくなるという事になる。

MNPやdocomo・SoftBankなど他キャリアの場合どうなる?

僕に5回線以上運用している人間は珍しいが、今や2回線くらい契約している人は珍しく無い。そういう人はMNPする人もいるかと思う。

MNPの場合も基本的には解約と同じ考え方なので、利用料という意味では同じ請求となる。ただ、MNPの場合解約したキャリアにMNPの転出手数料(税抜2,000円)と転出先キャリアの新規契約事務手数料(税抜3,000円)が発生する。
スクリーンショット_052115_010021_PM
上記明細は先月docomoからauにMNP転出した際の、docomo側での明細だが、音声契約のみのため料金は全て日割りとなっており、それに加えてMNP手数料が請求されている。

MNPの場合は、都合良く1日に転出とは行かないため(週末にセールがあったりするため)、前月末でパケット定額だけ解約しておくのが無難かと思う。

また、今回はauでの話になるが、docomoについては同じと考えて良いようだ。SoftBankは色々調べても分からず、現在SoftBank回線も無いため確認する手段が無いのだが、SoftBankは締め日(docomo・auは全て月末締め)が人によって違うという他社にない特徴があり、一概に「1日」がお得とは言えない気がしている。

終わりに

と言うわけで、単純に解約するなら2年契約の更新月の「1日」に解約するのが最良の方法。MNPも1日に出来るならそれに越した事はないが、出来ない場合前月でパケット定額だけでも解除しておくことをお勧めする。

これ、結構重要な話なので覚えておくと役に立つと思いますよ!
携帯乞食なんて言われる僕みたいな人は知ってる人も多いが、ほとんどの人は知らないと思うので。

SPONSORED LINK

docomoのサービスに関する記事

docomoユーザーなら必携!dカードの申込はこちらから

  • 年会費無料でとりあえず持つならdカード
  • dカード
  • ポイントの還元率が10%となり一番お得なdカードゴールド
  • dカード GOLD
SPONSORED LINK