パナソニックの挑戦。スマート家電は白物家電を変えるか

デジタル家電の特需が終了し、国内家電メーカーは軒並み苦境に陥ったため、価格が比較的安定している白物家電(冷蔵庫・洗濯機など)に力を入れるメーカーが増えているそうだ。その白物家電で最近よく聞くキーワードが「スマート家電」というものだ。スマート家電って何ぞや?というと、ざっくりとした僕の理解では、

従来単体で動いていた家電をネットワークに繋ぎ、たとえばスマートメーターと連動して電力消費を使用量に応じて自動的に抑制したり、スマートフォンと連携して消費電力のモニタリングや動作を遠隔操作できるようにした家電製品。

そんな感じではないだろうか。デジタル家電といわれるテレビ・レコーダー・パソコンなどは既にある程度実現しているものだ。それがついに白物家電にもやってきている。これ、個人的にはとても興味深い商品。

スマート家電とPanasonic

Panasonicのアプローチはスマホアプリ(パナソニックスマートアプリ)とFeliCaを使って、利用状況をモニタリングしたり最適な設定を転送できるというものが中心。正直、最初試してみて「おーすげー」って喜んで、ほとんど使わなくなる機能が多い気がする。ただ、そんな中でいいなと思ったのは、「どこでもリモコン」というもの。

これは外出先からエアコンをON/OFFしたり設定が変更できるというもの。ペットの為にエアコンを付けっぱなしにしたりしている人には便利そうだなと思う。あと、帰宅時間に合わせてエアコンをONできれば、今の時期とか帰宅してモワッとした部屋に入らなくてすむ。

「どこでもリモコン」はエアコンに限らず色んな家電で対応してくれたら便利な気がするんですけどね。テレビ・レコーダー・洗濯機・炊飯器あたりなら使えそう。炊飯器とか帰宅時間に合わせて予約してたけど、予想外に遅くなったりした時ずっと保温してるわけで、無駄な電気使った気分になるじゃないですか。ああいうのがリモートで変更できたら素敵。と、思うのは僕だけでしょうか、、、

あとはリモコン。ボタンが多すぎるとかそういう話は置いといて、今やテレビ・レコーダー・エアコン・扇風機、、、とにかくリモコンが多い。机の上がそれで埋まっちゃう。スマホの魅力はバラバラになってたデジタルデバイスがこれ一つにすっぽり収まってしまった点。パッと使えないというデメリットはあるが、Bluetoothとかでも使ってリモコンもスマホに収まってくれたら便利な気もするが。

いずれにしてもスマート家電はまだ過渡期のものだが、HDMIリンクでテレビ・レコーダーを同一メーカーで囲い込みしたように、今度は家電全般でそれが始まるんだろうな。我が家の家電はまだ3年程度のモノばかりで買い替える予定は当分ないが、今後家電の新製品を見るのも楽しみが増えそうだ。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)