心地よいガールポップ。Tomato n’ Pine(トマパイ)1stアルバム「PS4U」レビュー

先月東京行った時に立ち寄ったイベントで初めてみたトマパイの1stアルバム「PS4U(Pop Song 4 U)」が発売された。PS2Uというイベントで何曲か聴いていたが、ちょっと親近感も沸いたのでほんと久しぶりにCDを購入した。

で、そのアルバムだがビックリするくらいの名盤。別にアイドル好きじゃなくても、ガールポップが好きな人は多いと思う。ただのアイドルソングと思う事なかれ!いわゆる楽曲派な方にも十分お勧めできる。

楽曲レビュー

『3番線 楽園行き列車 参ります 3番線 楽園行き列車参ります
ご乗車の皆様 乗車券ご確認の上 白線の内側までお下がりください』

というイントロから始まる「Train Scatting」は完全にスキャットマン・ジョン。なんだかここで引き込まれる。続いて、「ワナダンス」。

これイベントでもウケが良かったように思った曲。シングル曲ではないがライブパフォーマンスの方向性を決めているように感じた。ハロプロ的に楽曲内に合いの手が入るわけでも、AKB的にダンスやフォーメーションで見せるわけでもない。今時の規格大量生産型アイドルポップスではなく、ガールポップという感じがする。

その後「なないろナミダ」、「渚にまつわるエトセトラ」(PUFFYのカバー)、「10月のインディアン」、「キャプテンは君だ」と続いていき、僕が一番気に入っている楽曲がアルバムの表題曲ともいえる「PS2U」。

まあおそらくこの曲に込められたものが、トマパイというユニットのコンセプトなんだと思う。何かってそのままだが「ポップソングを届ける(Pop Song For/To You)」って事なんだろうなぁと。今時のアイドルのように、握手会等のイベントをやりまくるわけでもなく、ガツガツしていないアイドル。その根底には「音楽」っていうのがある気がする。それくらい楽曲の質が高い。

この後もいい曲が続いている。
15曲という収録楽曲も十分満足出来る量だし、楽曲が本当に丁寧に作られている感じがする。「ポップソングを届けたい」という作り手の思いと聴く人の事を考えて作られた事を感じる1枚。

帯には「最後の楽園へようこそ!」と書かれているのだが、まさに楽園に行ったような心地よい気分になれる。是非聞いてみて欲しい。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)