運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

SONY Eマウントレンズ「SEL24105G」レビュー。最初の1本や旅行におすすめのオールラウンダーレンズ

SEL24105Gレビュー
SPONSORED LINK

SONYのフルサイズミラーレスを購入して、まず1本だけレンズを選ぶとしたら、どんなレンズを選びますか?

わたしが最初に選んだレンズは、「SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」。

幅広いシーンで活躍する、

これがあれば、ひとまずOK

なすごいレンズです。

わたしは2019年9月に「SONY α7R III」と「SEL24105G」を買ってから、旅行や取材仕事の8割はこのレンズで撮影しています。

SONY α7RⅢを使った感想

SONY「α7R III」長期利用レビュー。レタッチに強くシャッター押すだけでいい感じの写真が撮れるが、データ容量が大きくお金がかかるのが欠点

この記事では、「神レンズ」との呼び声も高い、「SEL24105G」を使った感想を紹介します。

作例は、RAW撮影後Lightroomで現像し、WEB向けに画像データを最適化しています。

SPONSORED LINK

SONY Eマウントレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)」のスペック

SEL24105G

SONY Eマウントレンズ「SEL24105G」のスペックは以下のとおりです。

価格は2020年3月時点のものです
名称FE 24-105mm F4 G OSS
型名SEL24105G
レンズマウントソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ35mmフルサイズ
焦点距離24-105mm
開放絞り(F値)4
最短撮影距離0.38m
手ブレ補正レンズ内手ブレ補正方式
外形寸法最大径x長さ 83.4 x 113.3mm
質量663g
発売日2017年11月25日
ソニーストア価格149,630 円(税別)

SEL24105Gをおすすめする人

SONYのフルサイズ対応レンズは全体的に値段が高いので、慎重に選びたいですよね。

SEL24105G」を2019年9月以来使ってきて、「1本で幅広く使えることが魅力」と感じていますが、特にこんな方にはおすすめです。

SEL24105Gをおすすめする人
  • 最初の1本を探している人
  • どんな画角のレンズが必要かわからない人
  • できるだけ便利なレンズが欲しい人

今後レンズを増やすにしても、「撮影しながら自分に必要な画角を探る」のに、SEL24105Gは最適と感じました。

おすすめの利用シーン

SEL24105Gレビュー

SEL24105G」は以下のような時に使いやすいでしょう。

  • 荷物をコンパクトにしたいとき
  • レンズを交換する時間がない撮影

具体的には以下のような撮影です。

おすすめ利用シーン
  • 旅行
  • 山登りやツーリング
  • イベント
  • 結婚式
  • 日々の暮らし
  • 近づけるステージ撮影
  • 取材仕事
  • フォトウォーク

景色・物・お花・子ども・動物…どれもいい感じに撮れます。

向いてない利用シーン

逆に、こんな時には向かないかなと感じました。

向いてない利用シーン
  • 癖の強い写真を求めるとき
  • 撮るのが難しいレンズで腕を磨きたいとき
  • 超広角/望遠など、求める画角が合わないとき
  • 撮る画角が決まっていて、強いボケが欲しいとき

以降、SONY Eマウントレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)」を使って感じたことを、詳しく紹介します。

SEL24105Gの良いところ

SEL24105Gレビュー

SEL24105G」最大の魅力は、

24mm~105mmの焦点距離をF4で撮れる

ことです。

これだけでも便利なのですが、SEL24105Gの魅力はそれだけではありません。

SEL24105Gのここがいい!
  • これ1本でだいたい撮れる
  • 純正レンズなので、AF(オートフォーカス)が一瞬
  • 近接撮影に強い
  • 解像感がすごい
  • ボケがきれい
  • 逆光耐性がある
  • 動画撮影にも便利

これ1本でだいたい撮れる

SEL24105Gレビュー

幅広い撮影領域でオールラウンドに活躍する、標準ズームレンズ

と謳われているとおり、「たいていの状況で撮れる」レンズです。

人気が高く、販売開始後しばらく品薄が続き、入荷数カ月待ちだったのもうなずけます。

旅や山登り、ゲストとして呼ばれた結婚式など、「できるだけ交換レンズを持ち歩きたくない時」の撮影に大活躍!

SEL24105Gレビュー

わたしは『倉敷とことこ』の取材撮影も、これ1本のことが多いです。

イベントやライブ撮影のように、1枚1枚に時間をかけられない&広い画も寄った画もほしいときに助かります。

レンズに手ブレ補正機能があるため、ボディ内の手ブレ補正と合わせると暗所にさらに強くなりますよ。

純正レンズなので、AF(オートフォーカス)が一瞬

SEL24105Gレビュー

AF(オートフォーカス)が優秀なカメラの性能を最大限発揮してくれるのは、純正レンズでしょう。

アイドルのライブ撮影でも助けられました。

ハニースパイスRe.26

アイドルのライブ撮影に初挑戦!SONY「α7R III」はすごかった…ハニースパイスRe.ライブ撮影レポート

近接撮影に強い

SEL24105Gレビュー

SEL24105Gは、最短撮影距離が「0.38m」

つまり、イメージセンサー面から被写体までの距離が38cmあれば、ピントを合わせることができます。

わたしは旅の記録に使うので、次の2シーンが特に嬉しい!

  • 左手で持ったものを右手で撮れる
  • 席に座ったまま料理が撮れる
SEL24105Gレビュー

お花の撮影にも便利です。

SEL24105Gレビュー

解像感がよい

SEL24105Gレビュー

質感をしっかり写してくれます。

わたしは高解像度の「SONY α7R III 」を使っているので、カメラ本体の解像力を生かしてくれるのが嬉しいところ。

SEL24105Gレビュー

ピントが合っていない場所はふんわりぼかしながら、ピントが合っている場所は、まつげまでしっかり写りました。

SEL24105Gレビュー

ボケがきれい

SEL24105Gレビュー

ボケかたがスムーズで、素直でふわっとしたボケが得られます。

「F4だとボケ具合が足りないかな」と心配していましたが、ふだん使いにはじゅうぶんでした。

SEL24105Gレビュー f4
F値4で撮影

逆光耐性がある

SEL24105Gレビュー

逆光で撮影するとき、フレア・ゴーストと呼ばれる現象が起こることがあります。

「フレア」とは、写真全体が白っぽくなること。
「ゴースト」は、絞りの形や楕円などの形で光が写るもの。

フレア・ゴースト
フレア・ゴーストが出ている写真 NikonD7200 + AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

ズームレンズはフレア・ゴーストが起こりやすくなるのですが、「SEL24105G」ではほとんど気になりません。

上の海の写真も、ゴーストが出やすい状況でしたが出ませんでした。

SONYは独自のコーティング技術である「ナノARコーティング」を採用し、高い逆光性能を実現しています。

他メーカーもコーティング技術が進化しているようです。

動画撮影にも便利

SEL24105Gは「F4通し(広角から望遠までのズーム全域で開放絞り値が一定してF4)」です。

ズームしても明るさが変動しないので、動画撮影に便利!

またSEL24105Gは、オートフォーカス時に音がしません

フォーカスが動くときに「ジャッジャッ」という音が鳴るレンズは、動画撮影時に音が入ってしまいます。

良い写真が撮れるレンズが、動画に適しているとは限りません。

「SEL24105G」は動画のことも考えて作られているので、創作の幅が広がります。

吉野なこ
困ることがほとんどない、便利なレンズです

SEL24105Gのここがイマイチ

SEL24105Gレビュー

ほとんど困っていないのですが、あえて悪いところを上げるとしたら、次の2つです。

SEL24105Gのここがイマイチ
  • 価格が高い
  • お出かけで持っていくには、ちょっと重い

価格が高い

2020年8月現在、SEL24105GのAmazon販売価格は「143,200円」です。

SONY Eマウントのフルサイズ用標準ズームレンズとして、SEL24105Gとよく比較されるのが、タムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」。

こちらも評価の高いレンズです。

「タムロン A036」は、2020年8月現在Amazonで「84,000円」で販売されています。

比較すると、SEL24105Gは高いといえるでしょう。

しかし、「SEL24105G」は「タムロン A036」よりも使える画角が広く、レンズ内手ブレ補正もあります

わたしにとっては「A036の広角(28mm)」だと、旅行時に足りません。

なので、わたしには価格差以上のメリットがあります。

また、SONY Eマウントの最高峰「G MASTER」ブランドのレンズだと、「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」は、2020年8月現在Amazonで「240,000円」。

SEL2470GMと比べると、まだ手が出しやすい価格です。

ちょっと重い

SEL24105Gの重量は「663g」。

お出かけで持っていくには、女性にはちょっと重いです。

ミラーレスカメラは本体がコンパクトなので、このレンズを付けると重心が前のほうになり、持つ手が疲れます

しかし、SONY調べでは、フルサイズ用24-105mm F4標準ズームクラスにおいて最軽量(2017年10月25日時点)。

たとえば、Canon「EF24-105mm F4L IS II USM」なら795gです。

レンズを数本持ち歩くよりは軽いので、これだけの性能のレンズが663gなのは、ありがたいといえるでしょう。

SEL24105Gの焦点距離について

SEL24105G」の焦点距離は、24mm~105mmです。

どれくらいの範囲が撮れるのでしょうか。フルサイズ機での作例を紹介します。

SEL24105Gレビュー 24mm

もっとも広角の24mmで撮影すると、こんな感じです。

建物や部屋の中、景色などを撮ることができます。

日常やレポート記事で使うには、じゅうぶんな広さではないでしょうか。

次に、どれくらいの拡大できるのか見てみましょう。

山の上から工場地帯が見えるスポットで三脚を立てて、同じ場所からズームしてみます。

SEL24105Gレビュー 24mm
24mm

24mmでは、手前の木々や道が見え、空も広く写ります。

SEL24105Gレビュー 105mm
105mm

もっとも望遠側の105mmだと、紅白煙突がはっきり見えるようになりました。

SEL24105Gレビュー 105mmAPS-Cクロップ
105mm APS-Cサイズ撮影(157mm相当)

イメージセンサーの中央部分のみを使用する「APS-Cサイズ撮影」を使えば、さらにアップの157mm相当に。

高画素の「SONY α7R III 」なら、APS-Cモードでも2000万画素あるので、じゅうぶん実用的です。

吉野なこ
全体像も、ピックアップしたいモチーフも写せます。

まとめ

SEL24105Gレビュー

SEL24105G」は、SONY Eマウントのフルサイズカメラで使うレンズとして、まず1番におすすめしたいレンズです。

日常使いに、旅に、イベントに。
プロも使っていてアマチュアも使いやすい、かなり便利なレンズです!

吉野なこ
これ1本で、だいたい撮れちゃいます

吉野なこのカメラの話

吉野なこのカメラの話

当ブログでは、写真を愛する吉野なこ(@naco_ysn)さんが、大好きな写真や機材(カメラやアクセサリ)について解説する記事を連載しています。

メインの使用機材について

メインで使っているカメラは、SONY「α7R III(α7RM3 ILCE-7RM3)」。

SONYのフルサイズミラーレスを購入した理由
  • ミラーレスの開発力と技術力にわくわくする
  • 瞳AFが優秀、動物瞳AFもある
  • 動画の評判が良い
SONY α7RⅢを購入した理由

SONYのフルサイズミラーレス「α7R III」へ乗り換えて大満足!購入理由は高画素・優秀な瞳AF

「こんなシーンも撮れるの?」「撮影が楽」と思うシーンは数知れず。

吉野なこ
賢くてとっても頼れるカメラ!

どんどん使って、学びながら気づいたことなどを詳しく解説していきます。

SONY α7RⅢを使った感想

SONY「α7R III」長期利用レビュー。レタッチに強くシャッター押すだけでいい感じの写真が撮れるが、データ容量が大きくお金がかかるのが欠点

\ 撮影レポートも更新中 /

撮影レポートを読む

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年8月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!