iTunesライブラリの一部をNAS化

コラム
SPONSORED LINK

MacBook Airを購入してから、iTunesライブラリをどうしようかずっと悩んでいたがようやく一応の解決策を見つけた。

SPONSORED LINK

まず、当初考えていたライブラリ全体のNAS化だが、有線ならともかく無線だとスリープから復帰後にエラーが出たりと不安定な動作が多かった。またスピードの面でもそれほど遜色はないもののローカルには及ばないため断念となった。そこで思ったのが、ライブラリの容量の大半を占めているのが動画である点。動画を除けば30GB程なのでストレージの少ないMacBook Airでも許容範囲となる。ただ、動画だけをNASに保存してライブラリを構築することができるのか。結果から言えば、ひとつの設定を変更するだけで可能だった。

20110328_2005464.png

「ライブラリへの追加時に~」のチェックボックスを外す事で、NASから動画データをドラックとかでiTunesに追加すると、リンクを貼る形でライブラリに取り込まれる。これで簡易的になが、動画データだけのNAS化が可能となった。

肝心の動作だが、一応再生は可能。が、動作は重いと言わざるを得ない。だけど別に動画データは頻繁に再生するものでもないし、この程度の不便は許容範囲かなと。

次に試したいとしたらこの環境でAppleTVを導入して、テレビから再生ができるか。それができると随分便利になるんだけどなぁ。

あわせて読みたい

SPONSORED LINK