スティーブ・ジョブズの一周忌。Apple製品への思いを改めて

本日10月5日はスティーブ・ジョブズの一周忌。
あらためてご冥福をお祈り申し上げます

Apple製品の感動

僕は古くからのAppleファンではない。昔はどちらかというとデザインはいいけど、実用性は低く、値段が高いからということで、物好きとAppleファンを馬鹿にしていた方だ。そんな僕が、ひょんなきっかけからiMacを購入したのが2007年の話。あの時、iMacの大きな箱を開ける時のドキドキ感、スイッチを入れた時の感動は今でも忘れられない。

Apple製品の体験は箱を手にした時から始まっている

それから5年。今やMacBook Air(Mid 2011)、iPhone 4S、iPad2、iPod nano(第5世代)、iPod touch(第4世代)と家の中にはApple製品がずらりと並ぶ。すべてジョブズの子供達と言ってもいいと思う。Apple製品は広い意味でデジタルガジェットに分類されるものが多いが、ここ数年本当に進化が早いため、陳腐化も早くなった。規格大量生産と大量消費の時代は終わったと言われるが、この分野においてはまだまだ生きている。

だが、Apple製品だけは量産品なのに箱を手にした時から、作り手の思いというものが伝わってくるので不思議と愛着がわく。ほとんど使わなくなっても手元に残して置きたくなる。使ううちに、思い出の品となってしまうのだ。Apple製品はジョブズの子供と言ってもいいと思うが、いつの間にかそれが自分の養子になったような気分かも知れない。

ジョブズのモノ作り

先日発表されたiPhone 5はジョブズが開発に携わった最後の端末と言われている。ということは、ここから先は本当にジョブズ亡き後に生まれる製品。Appleがこの先もイノベーションを起こし続ける会社であるのか、僕自身がApple好きで居続けるのか、それは分からない。

ただ、欲を言えばジョブズの夢の続きをもう少し見てみたかった。体感したかった。それでも、「Think different」の名のもとにハードだろうがソフトだろうが「モノ作り」に込める思い、iPodやiPhoneでライフスタイルに変化を起こしてくれた事は決して忘れない。心からありがとうと言いたいし、この時代に生きていてよかったなぁと心から思う。
Apple
スティーブ・ジョブズさん安らかにお眠りください。

Apple公式サイトでも追悼ムービーとティム・クックCEOからのメッセージなどが掲載されている。
tim

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)