モーニング娘。の女性人気が高い理由を実感。モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~@香川レクザムホールレポート

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~チケット
SPONSORED LINK

2018年5月13日はモーニング娘。’18のコンサートに行ってきました。

モーニング娘。のツアーは昔から春と秋に開催されますが、近年は毎回岡山公演がありました。前回は2017年10月に行きました。

森戸知沙希ちゃんに恋をしちゃいました!モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~@岡山市民会館レポート

2017.11.02

なので、ここ数年は岡山公演に足を運ぶのが定番だったんですが、

2018年春ツアーは岡山公演がない!!!!!

というわけで、香川まで足を運び見てきました。

20周年ツアーということもあり、2000年頃から温度差はあれど応援し続けているモーニング娘。なので、どうしても見たかったんですよね。

というわけで、「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~」香川公演の感想をレポートします。

SPONSORED LINK

モーニング娘。’18 2018年春ツアーの概要

会場は香川県のレグザムホール

全体的な構成と特徴は、

  1. 『20周年記念』なので、昔の楽曲の比率が高め
  2. ランダム部分に、『過去シングル・ユニット曲コーナー』がある
  3. 2017年12月6日に発売した15thアルバム『⑮ Thank you, too』の楽曲が多め

という感じで、これだけ書くと同じく20周年ツアーと銘打たれた「2017年秋ツアー」と似ているように感じると思います。

森戸知沙希ちゃんに恋をしちゃいました!モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~@岡山市民会館レポート

2017.11.02

ですが、

全く違うライブですね

20年という歴史は伊達じゃなく、

  • 数百曲もあるオリジナル曲
  • 時代ごとに異なる定番曲

があるので、セットリストが変わると、全く違うライブになります。

ただ、20周年ライブだからといって、

  • 昔の曲ばかりではないし
  • かといって今の曲ばかりでもない

バランスをよく考えたライブだな、と感じました。

『ライブ感』を重視したライブ

2017年秋ツアーもそうでしたが、近年モーニング娘。ライブはガッツリ2時間の公演です。

ただ、モーニング娘。は10人を超えるグループなので、普通はMCだけでも結構時間を使うんです。

ほとんどのアイドルグループは、

  • 最初の挨拶は一言程度
  • ライブの最後は、わりと時間をとって

メンバー全員が話をします

そうしないと、メンバーの個性が見えないからだとは思います。

モーニング娘。もかつてはそうでした(2000年代前半)。寸劇とか、ほんと寒かったですよね、、、

ところが、最近のモーニング娘。はこれをやりません。

  • メンバーが交代でMCをする
  • 全員並んでいる時も、リーダーの譜久村聖さんが指名する数名のみ

という感じです。

つまり、

2時間のライブで、歌パート以外ほぼ一言も喋らないメンバーがいます

アイドルライブとしては珍しいと思います。

その引き換えに、とにかく沢山の楽曲を披露します。

今回のライブでは、メドレー曲を除いても20曲ほど披露しました(いわゆるテレビサイズが多かったですが)。

印象的には、ずっと歌ってた感じがします

逆に、メンバー個人に対する印象があまり残りません。

衣装の種類も多く、多分10種類近くあったと思います。

モーニング娘。の強みは、『パフォーマンス』と『華やかさ』です

そう言われている気がしました。

『ショー』を見ている感覚なんですよね。

僕は最近、「わーすた」など、モーニング娘。を含むハロプロ以外のアイドルを見ることの方が多いです。

頻度にすれば年に1回か2回なんですが毎回、

チー
娘。はやっぱり格が違う

と感じます。
もちろん今回もそうでした。

アイドルなんですけど、アイドルっぽく無いんですよね。

古参娘。ヲタには少し残念だったセットリスト

ここからは僕の主観全開の感想です。

2017年秋ツアーは、近年稀に見る楽しいツアーでした

その理由は、タンポポの「恋をしちゃいました!」など、僕が大好きな昔の曲を沢山披露してくれたからです。

今回も、もちろんそう言う楽曲がセットリストにあったんですけど、

香川公演は『プラチナ期(2007年〜2010年くらい)』の楽曲を昔の曲として披露していました

これらの曲ももちろん知ってますが、その当時を見ていないので、思い入れのレベルでどうしても差がつきます。

「どうせなら違うパターンがよかったな」と感じました。

ハロプロのトップに君臨するモーニング娘。の人気の秘密

今回のライブで1つ印象に残ったのが、14期メンバーという位置付けで、カントリーガールズと兼任している森戸知沙希(ちぃちゃん)のパフォーマンスでした

2017年秋ツアーがフル参加となる初めてのツアーでしたが、移籍的位置付けとはいえ、流石に着いていくのに必死という印象でした。

ところが、それからわずか半年程度で、昔からそこにいたように見えてしまうわけです。

ある意味、個性が消えたというか、

グループ(組織)の一員になった

ような印象を持ちますが、これこそがモーニング娘。の凄さだなぁと思いました。

いくら憧れのモーニング娘。メンバーになれたとはいえ、主に10代の年頃の女の子が、

  • 恋愛など我慢することが多く
  • 学校も満足に行けない
  • 週末はほとんどライブ

という生活を送れば、ストレスもたまるでしょう。

特にモーニング娘。なんかは、一時期程ではないにしても、無名の女の子がいきなりスターになるようなものです。

生活の変わりっぷりに誰もが戸惑うでしょうし、ストレス・不満もたまるはずです。

アイドルを成長させるのは『達成感』

そんな中で重要なことの1つは、定期的に得られる『達成感』なんだと思います。

例えば、最近はツアー毎にファイナルは日本武道館で開催してますが、

普段と違う『大きなステージ』を経験する

これも大事なことなんだな、って思うわけです。

2017年6月に解散した℃-uteのラストライブは、「さいたまスーパーアリーナ」でした。

この時、モーニング娘。・アンジュルムなどほとんどのハロプロ所属アイドルが、オープニングアクトを披露しています。

自分達だけではまだ辿り付けない、ワンランク上のステージは、

経験の長いメンバーでも、大きな刺激になったでしょう

ただ、これはどのアイドルグループでもできることじゃありません。

20年の歴史を誇り、浮き沈みはあれど、地方のホールコンサートを継続し続けてきた、ハロプロの強みであり偉大さだと思います。

それを見るファンは、やっぱり憧れますよね

モーニング娘。コンサートで最近強く感じるのは、10代と思われる女性客の多さです。

この子達が本気でアイドルになりたいと思った時、多分ハロプロを選ぶでしょう。

そういうループを作っているハロプロの底力は、ハロプロ以外のアイドルを見れば見るほど感じます

20年続くモーニング娘。人気の秘密って、ここにあるんだろうなって思います。

終わりに

ライブレポートつもりが、モーニング娘。について語ってしまった印象もありますが、、、(笑)

久々に、大きなステージのモーニング娘。を見たくなったんです。

そのタイミングとして、20周年という節目はちょうどいいなと思いました。

というわけで、

2018年6月20日は、12期メンバー尾形春水の卒業コンサートいくよ!

まさか卒業コンサートになると思ってなかったですが。

武道館へ行くのは、4期石川梨華(2018年第1子出産)の卒業コンサがあった2005年以来だぞ!!

▼この時のレポートを、まだ残しているのわりとすごいと思う▼

石川梨華卒業公演「モーニング娘。コンサートツアー 2005春 "第六感 ヒット満開!" at 日本武道館」ライブレポート(5月7日夜公演)

2005.05.16

「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018春~We are MORNING MUSUME。~」香川公演の概要

レクザムホール(香川県県民ホール)
日時2018年5月13日 16:00~18:00
都道府県香川県
場所レクザムホール(香川県県民ホール)
会場キャパシティ1,981人
座席形式全席指定
チケット代7,500円

セットリスト

セットリスト

  1. A gonna
  2. ロマンスに目覚める妄想女子の歌
  3. Fantasyが始まる
  4. 青春Say A-HA
  5. Password is 0
  6. 〜オープニングV〜

  7. 花が咲く 太陽浴びて
  8. Help me!!(updated)
  9. 愛の軍団
  10. 〜MC〜

  11. モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)
  12. ユニットメドレー
  13. シャニムニ パラダイス
    レモン色とミルクティ
    トキメクトキメケ
    INDIGO BLUE LOVE
    坊や
    大人になれば 大人になれる

  14. リゾナントブルー
  15. しょうがない夢追い人
  16. 泣いちゃうかも
  17. Moonlight night〜月夜の晩だよ〜
  18. 〜MC〜

  19. 雨の降らない星では愛せないだろう
  20. メドレー
  21. One・Two・Three(updated)
    泡沫サタデーナイト!
    〜ダンスパフォーマンス〜
    わがまま 気のまま 愛のジョーク
    みかん
    What is LOVE?
    〜MC〜

  22. TIKI BUN
  23. ナルシスかまってちゃん協奏曲第5番
  24. 君の代わりは居やしない
  25. ジェラシー ジェラシー
  26. 〜アンコール〜

  27. Are you Happy?
  28. 〜MC〜

  29. ブラボー!