Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

音声翻訳機を使いこなすコツは、主語・単語をハッキリと話す。AI多言語音声翻訳機「Langogo」長期利用レビュー【PR】

Langogo_2タイトル
SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

こんにちは、プロフェッショナル世界遺産ガイドの三重野です。

2019年9月に書いたファーストインプレッション記事」から、3ヶ月が経ちました。

チケット売り場

AI多言語音声翻訳機「Langogo(ランゴーゴー)」レビュー。日常会話程度なら使えるが、世界遺産宮島の観光ガイドでも使えるのかを検証【PR】

2019ラグビーW杯は、南アフリカの優勝で幕を閉じました。

日本は、ベスト8!

素晴らしい激闘をありがとうございました!!

広島での試合こそありませんでしたが、宮島にも世界中から多くのラグビーW杯観戦の皆様が来島されたようです。

この間、「多言語翻訳機Langogo」をさらに使い込んできたので、第2弾レビューとして以下を紹介しようと思います。

  • 多言語翻訳機Langogoを3ヶ月間じっくり使い込んだ感想
  • 世界遺産宮島・厳島神社でのレビューの続編

104言語に対応し「高精度な翻訳」を「即時」に実現する世界初のAI搭載音声翻訳機、果たしてその実力はいかに……!?

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

進化し続ける音声翻訳機「オンラインアップデート機能」が改善

ファーストインプレッション記事では、「勝手に始まる強制アップデート」をイマイチな点として指摘しました

イラッとしたシステムアップデートでしたが、いつの間にか「今は行いま…」が選択できるようになったんです!

つまり、アップデートのタイミングが選べるようになったわけで、やっと普通に使えるようになりました。

バージョン更新 Langogo Update

頻繁なオンラインアップデートで確実に安定し、賢くなっています。

しかも、アップデート時の通信は「eSIM」を内蔵しているため2年間は無料です!

メーカー様より提供いただいた、Amazonで利用できる割引クーポンがあります!

クーポンコード63C37PBE
利用期限2019年12月31日まで
内容4,536円割引き(割引後25,704円)

スマート翻訳機「Tern Touch」と使い比べてわかった、「単語の区切り方」による翻訳結果の違い

翻訳結果の違い

実は、スマート翻訳機「Tern Touch」のレビューを同時期にしていました。

アルフレッド表紙

スマート翻訳機「Tern Touch」レビュー。観光現場でどこまで使えるか?世界遺産宮島で翻訳性能をチェック【PR】

両機種を比較して感じたのですが、ちょっとした単語の区切り方でも、翻訳結果がかなり変わります

どちらが良いとか、翻訳結果が正しいという話ではありませんが、使い込んでいくと、改めて日本語の奥深さを感じましたね。

「多言語翻訳機Langogo(ランゴーゴー)」使いこなしポイント

多言語翻訳機Langogo(ランゴーゴー)

また、実際に使い込んで行くなかで、「使いこなすコツ」も見えてきました。

翻訳機全般に言えることかもしれませんが、以下の3点がポイントです。

音声翻訳機の使いこなしポイント
  • きちんと「主語」をつけて話す
  • 言葉使いを丁寧に、単語毎に「間」を開け、はっきり話しかけること
  • 専用機なので、スマホの二刀流ができる

きちんと「主語」をつけて話す

日本語の特徴として、特に会話で多い主語を省くことによる、「あいまいさ」があります。

日常生活で意識することは少ないですが、音声翻訳機を使う場面では、これが重要です。

きちんと「主語」をつけて話す方が、翻訳精度は上がります

翻訳データベース(Google,Microsoft,Nuanceなど)にも、それぞれ一長一短があり、意味不明な翻訳になることもありますが、主語をつけて話す方が翻訳精度が高いようです。

言葉使いを丁寧に、単語毎に「間」を開け、ハッキリ話しかけること

地図

日常会話は普通に翻訳してくれます。

ただ、話し方にも依存するので、「丁寧な日本語の喋り方」を意識しましょう。

また、単語毎に「間」をあけて、ハッキリと話しかけることもポイントです。

細かいことですが、ちょっとした「日本語の喋り方」次第で、流ちょうに翻訳してくれます。

僕は宮島で観光船ガイドの仕事をしています

仕事場は、「船」や「桟橋」、そして厳島神社境内である「海の上」です。

  • 船の専門用語
  • 厳島神社ならではの表現の翻訳

など、文脈から判断して、ガイドシーンに合わせて賢く翻訳するのはハードルが高いようです。

このあたりは相当な知識と経験のある通訳者でも難しいのですが……。

しかし、これも近い将来、AI翻訳で可能になるハズです。

短期間でもドンドン進化していくので、数年先を考えるとどこまで進化するのだろうと思います。

人間のガイドなんて、よほど魅力が無い限り、いらなくなりそうです……。

ぼんやりしていられませんね(笑)

専用機なので、スマホとの二刀流ができる

「多言語翻訳機Langogo(ランゴーゴー)」は、音声翻訳専用機です。

使いこなしとはちょっと違うのですが、専用機ならではの魅力があります

音声翻訳っぽいことは、スマホアプリでは、無料で出来るかもしれません、でも、所詮アプリです。仕事で使うのであれば、やはり専用機の方が安心感があります。

例えば電話や各種通知による「割り込み」です。

仕事中に電話がかかってきたら、もうお手上げです!(笑)

翻訳はLangogo、スマホには行きたい場所の地図や写真、という二刀流。

地図 写真

また、電話しながら翻訳もしたい、というシーンもあると思います。

スマホで調べ物をしながら、翻訳機で会話するみたいなことは、普通にありえます。

スマホと翻訳機の二刀流は、間違いなく最強のアシスタントになってくれることでしょう。

「多言語翻訳機Langogo(ランゴーゴー)」のやっぱりイマイチな点

チケット売り場

前回のレビューでイマイチな点として以下の2点を上げました。

第1回レビューで感じたイマイチな点
  • バッテリーの持ちは悪い
  • システムアップデートが勝手に始まる(しかも頻繁)

その後、冒頭に記載したようにシステムアップデートの問題は解決しましたが、3ヶ月ほど使い込んでみてやっぱりイマイチと感じたのは以下の3点です。

3ヶ月使って感じたイマイチな点
  • バッテリーの持ちは良くない
  • eSIMが繋がらなくなった
  • 日本語マニュアルがない

バッテリーの持ちは良くない

バッテリー持ちについては、第1回のレビューで指摘したとおりです。

目玉機能と言える「eSIM」による通信機能ですが、Wi-Fi環境に比べ、eSIM通信時は特にバッテリー消費が多くなるようです。

電源ONのままだと、eSIMを使い高頻度で通信しているようです。通信料は無料ですが、いざ使おうと思った時に、バッテリーが切れていたりしました

しばらく使わない時は、こまめに電源OFF!

ココ、重要です!!

eSIMが繋がらなくなった

また、ある日、突然半日くらいeSIMが繋がらなくなりました。原因は不明のままです。

その間、スマホのテザリングでしのぎましたがやはり不便でした。

日本語マニュアルがない

日本語マニュアルは、未だに提供されていないようです。

やはり、最初から高い完成度を求める人にはおすすめしにくいままです。

本機に日本語マニュアルは必須と思います。

終わりに

Langogo_2タイトル

初回レビューは辛口になりましたが、改善アップデートもあり、評価もグッと上がりました。

ドンドン進化していくというのは、今の時代らしい製品だと思います。

家電量販店に専用コーナーが出来るほど、翻訳機市場は活性化してきています。

競合機種もどんどん出てきます。機能も、まだまだ進化していきそうです。

自分には一体どれが良いのか、機種選びの参考にして頂けたらうれしいです。

さて、令和元年も、はや師走です。

令和二年初詣は、ぜひ宮島・厳島神社へ

ナイトクルーズ御笠丸でお待ちしています(笑)

メーカー様より提供いただいた、Amazonで利用できる割引クーポンがあります!

クーポンコード63C37PBE
利用期限2019年12月31日まで
内容4,536円割引き(割引後25,704円)
チケット売り場

AI多言語音声翻訳機「Langogo(ランゴーゴー)」レビュー。日常会話程度なら使えるが、世界遺産宮島の観光ガイドでも使えるのかを検証【PR】

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!