Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

仕事しながらはしんどい!学童保育をやめて、子供と過ごしたコロナ禍の夏休み

コロナ禍の夏休み
SPONSORED LINK

2020年8月24日は、息子の夏休み最終日。

例年なら、7月20日頃から夏休みの予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のため休校が長引き、1学期は7月31日まで延長となったので、3週間ほどの夏休み

倉敷市では元々2020年度から、夏休みの終了が1週間早まる予定だったので、8月25日が2学期の始業式なのは予定通りです

短いので、娘は基本保育園だが、息子は学童保育に行かせず、なんとか家で面倒見ようと決めて、過ごした3週間だったが……。

チー
3月・4月の外出自粛期間とは異なり、それなりに遊びに行かなきゃいけないから大変だった(笑)

そんな2020年夏休みの振り返り。

SPONSORED LINK

コロナ禍の夏休み

夏休み

「夏休み」という意識は、社会人になってから薄くなったが、子供が小学生になると大きく意味が変わってくる。

家族でお出かけに最適な時期

仕事よりも学校を休ませる方がハードルが高いわけで、合法的にお出かけしやすい「夏休み」は貴重な時間だ。

  • キャンプ
  • 夏祭り
  • 花火
  • リゾート
  • 海外旅行

など、特に「アクティビティ系」が最も盛り上がるのは夏休み、というのは子供が小学生になって実感した。

実際、去年(2019年)の夏は色んなところに行った。

しかし、2020年はコロナ禍の夏休み。

「GoToトラベルキャンペーン」で国策として観光振興が行われているものの、人々の動きが鈍いことは、倉敷美観地区の様子をみればよく分かる

チー
夏休みといえば平日でも観光客は多いけど、今年はガラガラ

子供をどこかに連れて行きたいけど、なんとなく行きづらい……。

そんな空気感で、みんな腹の探り合いをしている感じ。

実は北海道旅行を計画していた

夏休みも終わったから書くが、実は8月10日前後で北海道旅行を計画していた。

岡山から北海道には、直行便が飛んでおり、8月は運行再開していたので、北海道の大自然を体験させたいと思ったからだ

だが、結局キャンセルした。

僕一人だったら行ったと思う。
ただ、「万一」感染した時、妻の会社や子供の学校に多大なる影響がでることに、ビビった

正直、新型コロナウイルスに関して、田舎の岡山に住んでいて感じるのは、ウイルス感染による健康リスクより、感染したことによる周りからのバッシングの方が怖い

「コロナウイルス恐るるに足らず」なんて言いたいわけじゃない。

もちろん、かかりたくないし、リスクを負うようなことをわざわざやる気もない。

ただ、大人は今を我慢すればよいが、子供にとっての「今」は取り返しがつかないと思うので、少しでも「非日常体験」をさせてあげたかった。

初めて野生のカブトムシをとった

野生のカブトムシを捕った

というわけで、泊まりがけでの外出もなくなり、基本は家にいる夏休みとなった。

数少ない思い出になればと、大好きな虫取りだけはなるべく連れて行った

  • カブトムシ探し
  • 家で、色んな虫や魚・ザリガニを飼う
  • カブトムシの産卵にチャレンジ

最後のあたりは僕がやってみたくなった面もあるが、今はネットでやり方を調べたら、色々分かるのでできるかもしれない。

息子は今年(2020年)小学2年生。

僕自身の経験からいっても、「虫取り」なんかで喜ぶのはあと数年。

遠出できないことを逆手にとった作戦だったが、一応は喜んでくれたようだ。

「オニヤンマ」をとれなかったことだけは、不満のようだったが……(笑)

終わりに

コロナ禍の夏休み

なるべく頑張ったが、全ての仕事を止めるわけにもいかず、遊びに行く時以外は、家でテレビやゲームに興じる時間が多めだった。

それでも、本人としては、楽しく過ごせたようで、最低限そこはよかった(笑)

ただ、親はわりと大変。

夏休み期間は打合せなどWEB会議を主にして対応したが、自宅で面倒見ながら仕事をしている方は多いようで、打合せ中に子供がひょっこり顔を出すことも(笑)

うちもそうで、そこで別の話題で盛り上がるなど、微笑ましい側面もありつつ、結論はお互いに「大変ですよね〜」で締められる感じ。

実は、小学校入学以来通っていた学童保育も、コロナによる休校から休み続けていて、7月一杯で一度退所した。

来年(2021年)は下の子も小学生になるので、通常通りなら約1ヶ月、子供と一緒に過ごす日々がやってくる

チー
二人の面倒見るのは、結構しんどいぞ……

とりあえず何とか乗り切った「2020年の夏休み」だが、長期休暇対策はわりと頭の痛い問題になりそうだ……。

閑散とした美観地区

新しい日常へ!やりたいことの本質に気づいた、ステイホームな2020年3月〜5月の仕事振り返り

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!