iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

新しい日常へ!やりたいことの本質に気づいた、ステイホームな2020年3月〜5月の仕事振り返り

閑散とした美観地区
SPONSORED LINK

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、世の中が激変して3ヶ月ほど経った。

そして、2020年6月1日は「区切りとなる日」。

形は変われど、全国的に「日常」を取り戻していく活動が始まるからだ。

  • 子ども達は学校が再開
  • 通勤する人もかなり増えてくる
  • 店舗も大部分が通常営業

2019年までは「当たり前」だった風景

僕はこの3ヶ月、子どもはほぼずっと家にいるし、対外的な予定が無くなり、外出はもちろん人に会う機会も減った。

「やりたいことができない」抑圧された日々

ともいえたが、逆にいえばその中でも残った「僕が大事にしたいもの」に、改めて気づけた期間だった気もする。

SPONSORED LINK

「ステイホーム」期間でやったこと

ステイホーム

僕が2020年3月〜5月の3ヶ月間でやっていた仕事は、大きく分けると4つ。

  • 会社経営(主に対外交渉や資金調達)
  • サイト制作(主にWEBデザイナーさんとの調整)
  • サーバー管理
  • ブログ記事作成

会社経営だけは少し特殊だが、それ以外は基本「僕が手を動かす(コード・記事を書く、など)」ことが多い。

システムエンジニアの仕事を辞めて、2年ほど経つが、

本質的にはマネジメントではなく、「作る」のが好き

というのを再認識した気がしている。

会社経営(主に対外交渉や資金調達)

一般社団法人はれとこ

会社経営は、2019年11月に立ち上げた「一般社団法人はれとこ」の話。

実は、東京で緊急事態宣言が発令されてから、地域メディア「倉敷とことこ」の取材は実質的にストップさせていた

取材をしないので、記事チェックも調整もない。

その代わり、後回しにしていた、対外交渉や資金調達に動いた。

元々「利益を生むのが目的ではない法人」なのだが、資金繰りが厳しいのは昔も今も同じ。

しかし、コロナ禍において影響は受けているので、それ相応の行動はした(持続化給付金の申請など)。

詳しくは後述するが、僕は今回の件がなくても「基本は在宅のテレワーク」なので、仕事的には特に減っていないし、暇にもなっていない

ただ、「忙しいから」と後回しにしていたことを、さばく時間を作れたのは大きかった。

これらができたのは、「ステイホームでうまれた時間」のおかげともいえる。

一般社団法人はれとこ

夢の法人化?「一般社団法人はれとこ」を設立しました。法人化した理由とやりたい事業、理事・監事メンバーの紹介

サイト制作(主にWEBデザイナーさんとの調整)

倉敷とことこ

サイト制作に関して、基本「自分では作らない」という方針で、会社員をやめてから行動している。

これらがこの3ヶ月で実施したこと。

「アナザーディメンション」のリニューアルだけは元々予定していたが、はれとこ・倉敷とことこのHP制作は、ずっと後回しにしていたものだ

WEBデザイナーさんも、コロナで仕事が減り時間的余裕が生まれたこともあり、一気に進められた。

アナザーディメンション2020リニューアル

個人ブログの位置付けを再定義。「アナザーディメンション2020年リニューアル」について

会社HPは「看板」。あるとないとでは「信頼感」が違うと実感

また、会社ホームページの公開に伴い、倉敷とことこを少しリニューアルした。

倉敷とことこトップページリニューアル

この辺り。

会社HPと同じデザインにして、「〜とことこの定番デザイン」としてしまおうという意図がある

という対応も同時に行ったのだが、ちょっと驚くべきことがあった。

運営会社の明記
チー
問合せメール・電話がすごく増えた

会社ホームページは「看板」

あるとないとでは「信頼度」が変わるというのを強く実感した。

サーバー管理

さらに、未来への布石も行った。

実はGW期間中に、倉敷とことこはサーバー移転を行っている。

このブログ「アナザーディメンション」と同じ、ConoHa」へ移転した

アナザーディメンションは「ConoHa VPS」、倉敷とことこは「ConoHa WING」なので環境は違います

個人・法人共に同じサービスを使うことで、管理を楽にし、今後予定しているサイトの制作も円滑に行うための移転。

実は、2020年中に「〜とことこ」シリーズの第2弾を始める予定で、「いつかやらなきゃ」と思いつつ後回しにしていた作業だった。

ブログ記事作成

テイクアウト・デリバリーまとめ

最後が記事作成。

2020年4月〜5月で最大のトピックは、倉敷とことこで掲載した「テイクアウト・デリバリーまとめ記事」。

この記事は、色々な条件が重なり実現したのだが、実は途中でマップサービスを切り替えている

マップサービスの利便性はあがったのだが、その裏でくらとこ記事は「表示が重くなり過ぎる問題」が発生していた

細かい技術的な記載は割愛するが、「iframeタグによる埋め込みが増えすぎたこと」に起因する問題。

久々にプログラムとたわむれて解決したのだが、ある意味一番楽しい時間だった(笑)

問題が解決したときの「快感」は癖になる!!

雑記ブログ「アナザーディメンションのトリセツ」

また、5月は対外予定がほぼゼロだったこともあり、こっそり「毎日ブログ更新」にチャレンジしていた

ブログ運営において「毎日更新」に特別な意味はない。

PV・収益を考えた場合、今はむしろ「悪影響の方が多い」とすら思うが、ブログ記事作成の優先度を上げたとき、今でも楽しめるのかを知りたかった

チー
2020年5月31日に公開したこの記事が、5月の「31記事目」で毎日更新達成です!

コロナ禍において悟った「モノ作りが好き」という本質

僕は2018年7月で会社をやめてから、個人ブログの記事作成以外は、「なるべく自分の手を動かさない」という方針で仕事をしてきた

ピープルソフトウェア株式会社

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

かっこよく言えば、

マネジメント・プロデュースに専念していた

ともいえるかもしれない。

その最たるものは「倉敷とことこ」で、記事を書かないどころか、基本的は表に出ないし、助けてくれる人を「売り込む」ことを重視していたこと

チー
「グルメ記事」といえば〜さんですよ

みたいな感じで、別の仕事に繋がればいいなと思ってやっていたが、考えてみれば「おせっかい」だったかもしれない。

というのも、コロナ禍において僕が感じたのは、

作るのが好き

ということ。

ブログ記事も1ヶ月間、ほぼ毎日1人で書いていても別につらいと感じなかったし、むしろ「これこそがやりたかった」とすら思った。

  • 他者から言われて気づくこと
  • 自分が手を動かして気づくこと

どちらが正解というわけではなく、この気づきは財産になるだろう。

ちなみに、マネジメント系は会社員時代も含めて、どちらかと言えば周りにいわれたり、状況的にやむを得ずやっていたこと。

自分でいうのもなんだが、わりとうまくやっていると思うので、向いているのかもしれない。

ただ、好きか嫌いかでいえば「そんなに好きじゃない」

チー
迷ったり、つまづいた時は、自分で気づいた本質に従って生きていこう

終わりに

こんな感じで、対外的に派手にアピールできることはないが、内部でたまっていた仕事を色々整理できた3ヶ月だった

僕としては「貴重な時間」になったと思う。

  • すぐに感染者が増えて、また緊急事態宣言となるのか
  • コントロールしながら、コロナと共に生きていくのか

この先どうなるのかは分からない。

閑散とした美観地区

この写真はGW直前(2020年4月27日)の倉敷美観地区の風景。

例年なら既に観光客が多い時期だが、見ての通り誰もいない

店舗や観光業界が受けた被害は甚大だが、平成30年7月豪雨と異なるのは、倉敷だけではなく、日本中・世界中が同じ状況であること

「倉敷が大変なので助けてください」は通用しない。

最低でもこれから1年くらいは、「地元で支える」ことが重要だろう。

そう考えた時、何をするべきかを考えながら行動するつもりだ。

ここからが再出発!

そう思ってまた頑張ろう。

チー
ただ、少し疲れたので、1週間くらいはダラダラすごす(笑)
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!