40歳の誕生日。知識や経験の成熟・加齢は感じるが、思ったより「おっさん」じゃない気がする40代

チー40歳の誕生日 チーの考え
SPONSORED LINK

本日9月29日は「40歳の誕生日」。

チー
とうとう40歳になったかぁ……。
  • フリーランスとして色々やってみる
  • 地域メディア「倉敷とことこ」を軌道に乗せる
  • とりあえず会社員時代の年収は最低限確保

この辺りを意識しながら、独立1年目ということで、さじ加減がわからないことも含め、がむしゃらに頑張った1年。

それなりの結果はついてきたかなと思ってる。

思うところを綴ってみる。

SPONSORED LINK

誕生日プレゼント歓迎します

というわけで、今やインターネットのお決まり(?)となった感もあるが、誕生日ということでAmazonの欲しいものリストを公開してみる。

よろしければ、誕生日プレゼントください(笑)

\ 誕生日プレゼント待ってます! /

チーの欲しいのリストをみる

もっと「おっさん」を想像してた40歳

チーこと戸井健吾です

30歳になった時、凄く嫌だった。

20代といえば「若者」という感じがするが、30代といえば「おっさん」という雰囲気が強くなる。

「まだまだ若い」なんて話以前に、言葉の雰囲気として「30代」って嫌だった

じゃあ、「40代」はどうかといえば、特に何も思わない(笑)

20代のころ見ていた40代の人は、例えばビール腹で太っていたり、「典型的なおっさん」が多かったが、なってみるとそうでもないし、まわりの同年代もそんな人は少ない。

  • 脂っこいものにそれほど興味がなくなった
  • 気持ち太った気がする(明らかに太りやすくはなった)
  • 白髪が圧倒的に増えた

年相応の「老化」は感じるが、案外何も変わらないなというのが、40歳になった実感だろうか。

1年ちょっとフリーランスとして活動

変化に強くなった1年

2018年7月末で10年間勤めた会社を辞めて、フリーランスになった。

ピープルソフトウェア株式会社

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018年8月1日

以来1年ちょっと、フリーランスとして活動しているわけだが、収入的にはこのブログ「アナザーディメンション」のアフィリエイト収入に依存して生活している。

ただ、最近はGoogleの検索エンジンアップデートが多く、振り回される面も多いため、アフィリエイト以外の収入源を模索し続けているのが、独立後の大きな課題。

フリーランス1年目は敢えてやることを絞らない

これをテーマに活動していて、いろんなことをやった結果、「個人事業主としての適正」は見えてきた気がしている。

一つキーワードを上げるとすれば「マッチング」だろうか。

フリーランスになって1年

フリーランス(個人事業主)になって1年。仕事のやり方・生活スタイルは変わったけど、大切なことは「個人の信用」

2019年8月9日

相談を受けてその道の専門家を紹介するのが得意

相談をたくさん受けた1年

この1年、一番多かったのは「相談を受けた」ということだ。

  • WEBメディア(ブログ)運営
  • SNSなどを使った情報発信
  • イベント運営
  • ブログ運営の設定(サーバー関係)
  • パソコン・スマホの設定、移行、新機種購入
  • システム、ホームページ構築

行く先々で色々相談を受ける。

別に相談して欲しいと言っている訳じゃないし、「看板」を掲げてそんなアピールをしているわけじゃないが、「戸井さん詳しそうだから……」みたいな感じで話を持ちかけられる

この辺り、ブログの影響が大きなと思う。

例えばスマホの購入相談なんて受けていないが、「スマホの記事を書いていれば詳しい」と思われて、ブログを見た人が相談してくるようになる。

おかげさまで、仕事量には困らないと感じになっているというか、自分では抱えきれないから、より詳しい人にパスしている状況

そう、1年間この仕事をして実感したのは、「パスできる人」を知っていたり、その適性を見極められるということなんだと気がついた。

「人材のマッチング」という感じだが、独立前に「師匠(ニックネーム)」に相談して、

「チーさんは『マッチング』が向いてると思うんだよなぁ」

と言われたことを意識して行動した面がある。

で、多分当たっていたと思うわけで、師匠はやっぱすげえ人だと思った(笑)

「倉敷とことこ」では記事執筆など「実作業」はしない

このことを自分自身で強く実感したのが、2018年9月にはじめた「倉敷とことこ」だ。

僕は発起人ということで「代表」という立ち位置だが、記事は立ち上げ時を除きほぼ書いていない

最初はほぼ全て取材に同行していたが、最近はそれも減っている。

  • 記事作成など実作業はライター任せ
  • 僕は最低でも3ヶ月、基本は半年〜1年先を見据えたマネジメントに専念

このような役割分担が自然とできあがってしまった。

一般企業でいえば、管理職と平社員みたいな構図に近いかもしれない。

ただ、僕は会社員時代から、「管理職が上で、平社員は下」という考え方が嫌いだった

年齢的にもスキル的にも「管理職」にならざるを得ない状況が見えてきて、そうなる前に身をひいた面もある。

僕はシステム業界の人間なので、出世コースって以下のような感じがどの会社でも多かった。

  • 優秀なプログラマーが、出世して管理職になる
  • 管理職は見積・スケジュール管理・要員管理が中心で、プログラム(コード)は書かない

システム業界における実作業は「設計書を書いたり、プログラムを書くこと(テストも含む)」だと思う。

優秀なプログラマーが出世した時、プログラムを書かない仕事をするっておかしいと僕は思うんですよね。

実際それで、組織としての戦力が下がることは多いし、優秀なプログラマーがマネジメントが得意とも限らない。

また、本人の気持ちとして「コード書きたい」という願望があるから、わざと平社員に「降格」するような人すらいる

マネジメントと実作業は「役割分担」であり、対等な関係であるべき

僕はそう思っているから、倉敷とことこにおいては「役割分担」として、マネジメントに専念することにした。

逆にいえば「任せられる」ということでもある。最近だと以下の記事が僕のお気に入り。

ただ、僕がこれをかけるかと問われたら、かけない。

知識だったり愛情が違うわけで、好きな人に任せるのが一番。だからこそ、僕は彼らを「ただの外注先」とは思っていないし、「リスペクト」は絶対に失わない。

チー
実作業をやりたいという願望は、このブログ「アナザーディメンション」にぶつけてます(笑)

ブログは楽しいぞ!

終わりに

チー40歳の誕生日

40歳になったからといって、特別な感慨はない。

ただ、知識や人脈などは「成熟」してくる時期なんだな、というのは実感する。

40代は自分の知識や経験を活かすピークと言えるだろう。50代になると、後継者育成などを考える時期だと思うので。

同時に「老化」も感じるお年頃……。

40代を楽しんで充実して活動できるためには、「健康管理」も重要なキーワードになると思う。

チー
とりあえず、日々の生活に「運動」を取り入れるところから……。

Amazonの欲しいものリスト公開します!

というわけで、一応誕生日なので誕生日プレゼントとか受付してみる(笑)

\ 誕生日プレゼント待ってます! /

チーの欲しいのリストをみる

チーの誕生日記事

39歳の誕生日

39歳の誕生日。会社員を辞めて分かった、稼げるフリーランスの特徴

2018年9月29日

38歳の誕生日。ブログが続いた本当の理由と子供のためにこれからやりたいこと

2017年9月29日

37歳の誕生日。自分を認めて行動してきたら景色が変わったという体験

2016年9月29日

子育て&サラリーマンブロガーの1日ってどんな感じ?現状の問題点と朝型生活への変更を考え始めた、36歳の誕生日

2015年9月29日

35歳の誕生日を迎えて「プログラマー35歳定年説」とは何なのかを改めて考える

2014年9月29日

34歳の誕生日。いつもと変わらぬ日常と意外なプレゼント

2013年9月29日

33歳の誕生日。静かな日常と慌ただしいSNSの世界

2012年9月29日

あわせて読みたい

SPONSORED LINK