38歳の誕生日。ブログが続いた本当の理由と子供のためにこれからやりたいこと

SPONSORED LINK

本日9月29日は僕の38歳の誕生日

38歳の1年は多分、転機の年になるだろうなぁと思っている。

ブログが続いた本当の理由

僕のプライベートにおける、活動の中心はブログだ。

2017年で6年目経ったブログの活動は、僕の人生を変えたと思う。

普段こういう暑苦しいことはあまり言わないが、本当にそう思うw

ブログ6周年。PVや収益以外の目的・ミッションが見えて、迷いが消えた1年

2017.07.17
  • 普通にサラリーマンしていては出会えなかった人との繋がり
  • 岡スマ岡ブロなど、『ゼロから作る』という経験

これらはブログをやっていたから得られたものだ。

自分の考え、感じたことを『言語化』し続けたことで、当初見えてなかった夢・目標なんかも見えてきた。

ただ、ここまで続けられた理由は、色々あると思うが、一番大きかったのは、

開始1年以内で、お小遣い稼ぎ程度の収益化が実現した

ことだと思う。
家族の理解・読者の支えそういうのもあったが、きれい事抜きに言えば、やはりお金は大きかった。

それがあるから、さらに周りの理解も得られたと思う。

「どこまで儲けたいか?」は人それぞれだが、僕は元々、

自分のお小遣い(2・3万)を稼ぎたい

これが最初の目的だったので。ここは1つの分岐点だった。

ここ数年で意識している事

だが、『お小遣い稼ぎ』はあくまでも初期の目的であり、その後は変わって行った。

ブログで稼ぐ(ブログ飯)

は短期的な目標にはなるが、長期的には続かないと思う。

「何のために?」に対する答えがないから、数字を追うしかなく、実質的に限界はないからだ。いつか疲弊する。

で、僕がここ数年意識しているのは、

自分や家族以外のためになる行動をする

ってことで、やっていることはブログでもその先に見据えているものは随分違う。

岡山ブログカレッジなんかはその典型だろうか。

ただ、こういう行動が出来るのは、

  • サラリーマンとしての安定した収入
  • ブログからの不労所得

収入源が2つ、という状況から生まれる『余裕』があるからだとも思う。

『サラリーマン VS フリーランス議論』とかどうでもいい話だが、行動を広げるためには、それなりのお金も必要というのは最近強く感じる。

なので、稼ぐことにもそろそろこだわらないといけないな、と思っている。

同時に対外的な活動を増やしていたが、子供もある程度大きくなり、家族との時間も大事にしないといけない、とも思っている。

SPONSORED LINK

昔は良かったと言いたくない

僕には2人の子供がいる。
2017年9月時点で4歳の男の子と3歳の女の子だ。

もう普通に話が出来るし、移動だってわりと楽になってきた。

子供が常に親と行動を共にするのは、僕自身の経験を踏まえても、せいぜい10歳までだ。

つまり、子供と一緒に何か出来るのは長くてあと5年

この時間は大切にしたいと思うし、勉強も大事だがその間に親として何を伝えたいかと言えば、

今が一番楽しいし、未来はもっと楽しくなる

ってことかなと。
大学生ぐらいの頃に、

遊べるのは今のうち。社会人になったら遊べないよ

なんてよく言われたものだが、確かにそう思っていた時期もあった。

だが、40歳が目前に迫って思うのは、

大人だって遊べるし、遊ぶのは楽しい

ってことで、それを言葉だけで無く行動で伝えたいなぁと思っている。

学生時代って小さな世界で生きるから、ちょっとした事で環境が変わる。

いじめなんかは典型だが、「昔がよかった」と思い始めたら、思考が止まり、最終的には生きる意味すら失ってしまう。

「うちの子に限って」

は今の世の中あり得ないと思っていて、そうならないための考え方って、勉強やスポーツが出来ることよりも大切じゃないかって僕は思う。

そのために必要なことを、やっていきたい。というか今もその準備はしているんですけどねw

終わりに

30歳になる時は、

僕ももうおっさんだなぁ

なんて思ったものだが、あと2年後に迫った40歳を考えたとき、

「おっさんであることには変わりないが、案外10年前と変わってないな」

って思っている。

白髪も増えてきたし、肩や腰など痛いところも出てきた。『老化』は確実に進んでいるし、これから環境も色々変わるだろうが、

今までも、これからも未来を見て生きていきたい

って思っている。

Amazonの欲しいものリスト公開します!

というわけで、一応誕生日なので誕生日プレゼントとか受け付けてみますw

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)