固定回線(光回線)って必要?モバイルデータ通信のオフロードという役割を忘れて政争の具としないで欲しい

2012年にKDDIが開始した、携帯回線と固定回線のセット割引「auスマートバリュー」というサービスが、とても好評だ。僕も現在使っているし、ここ数年au回線をメインで使用している理由はそこなのだが、これはNTT法の絡みでNTTグループでは実現出来ない。

それが遂に見直し対象になったようだ。
この流れは歓迎したい!

固定回線の位置付け

10年程前まではネット接続と言えば固定回線が主流、携帯電話などモバイル回線を使用した通信は補助的なものだった。iモードなんていうのはその典型だったが、スマートフォンの普及でモバイル回線が主流に躍り出てくる。

さらに、LTEによる高速モバイル通信サービスが普及し、ADSLよりモバイルの方が早いなんて状況にもなり、特に1人暮らしの人で固定回線を契約しない人はかなり多くなる。そして、今やモバイル回線が主流で、固定回線が補助的な位置付けとなった。

こうなると契約数が減るのはもう仕方ないと思う。特に単身世帯にとっては、固定と携帯2回線契約する事によるコスト増の方が気になるからだ。そういう時代において、auスマートバリューというサービスは、モバイル回線を補助する目的として固定回線を再定義した、とてもよいサービスだと思う。

SoftBankの孫正義社長は「値下げの1つでしかない」というような発言をしていて、それは事実だが有限のモバイル回線を効率的に使う為には、やはり固定回線って重要だと僕は思うのだ。

やっぱり高いと感じる光回線

とはいえ光回線の料金はやはり高い。
現在我が家ではauひかりを契約しているが、キャッシュバック等は置いといて、月にかかるお金は大体5,000円くらい。これはNTTのフレッツ光でも、電力系でも大きく変らない。5000円と言えば、モバイル回線1契約分ですよ。

このお金があれば、スピードは落ちるがWimaxでも契約した方が持ち歩きもできるし、よっぽど利便性が高い。やはり重要なのは、単身世帯に再び固定回線を契約するメリットを見せることじゃないかと思う。一戸建てやマンションに住むファミリー世帯の普及率は、多分今もそれほど下がっていないと思うので。

その起爆剤の1つとして、特に単身世帯が住むアパートなんかでは圧倒的にシェアが高いフレッツ光が、携帯(docomo)とのセット割引を行う意義は大きいと思う。欲を言えば、例えば学生限定でもよいので、実家と下宿先とかで複数回線契約した場合の家族割みたいなものもやって欲しい。

モバイル回線のオフロードとしての固定回線

LTE時代になり7GBの通信制限がある事はわりと有名な話。でも、僕はこの制限に引っかかる事は皆無だ。なぜかと言えば、ある程度通信量をセーブする意識を持って使っているからだ。モバイル回線で動画はなるべく見ないとか、急ぎでないなら大容量データはダウンロードしないとか意識している。

逆に特に1人暮らしの人や学生ってビックリするくらい通信している。そりゃあ、あらゆるネット接続がここに集中すれば増えるのも当然だ。で、そういう人に限ってオフロードの意識は皆無だったりする。

そんな事考えずに自由に使えたらその方がよいが、電波というのは国民の共有財産だと思うので、トラフィックをオフロードする意識って皆が持つべきじゃないかと個人的には思う。

で、その為にはやはり固定回線って重要だと思うのだ。
そうやって行かないと、今後増える一方の通信量がいつかパンクしてしまうかもしれない。そういう意味で、携帯キャリアには啓蒙していく義務があるのではないだろうか。

終わりに

こういう話がでると、KDDIやSoftBankは必ず民業圧迫的な感じで反対するが、儲けにならないど田舎にも通信網を整備し維持している事を考えたら、そこまで不公平だとは思わない。今の規制の方が時代に合わなくなっていると思う。

逆にトラフィックオフロードの観点から考えたら、NTTはもう少し通信網を広く安価に開放した方がよいようにも思うが、難しいんですかねぇ。今や通信網なんて電気・水道・ガスなどより、ある意味重要なライフラインなので上手く活用して、確実に維持して欲しいのだが。

まずは総務省の情報通信審議会で検討し、2014年11月に取りまとめを行う予定だそうで、国会に法案が提出されるのは2015年になるようだが、この話は注視したいと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK