MNP一括0円とキャッシュバックはどうなった?近所の量販店をチェック

先週半ばから突如として話題になった、MNP一括0円や高額キャッシュバックが3月16日をもって終了するという噂。

不可解な現象。MNP一括0円と高額キャッシュバックが全キャリア3月16日で終了の噂


この話はネット発だが、かなりの影響力を持っていたようで先週末都内の家電量販店などでは、手続きに数時間とかiPhoneが売り切れなんて事態になったそうだ。

で、週が明けて今週。最終的にはこの話はデマだったようで、先週とほぼ変わらぬ風景が、家電量販店などでは広がっていたが、確かに変化はあった。その辺り昨日所用で家電量販店に行った時にチェックしてみた。

家電量販店では一括0円の文字が少し少なくなった

僕がよく行くのはエディオン倉敷本店(頻繁に行ってるなぁと思う方多いだろうが、何と言うことはない。ポイントでティッシュペーパーが安く買えるから、それ目当てで行ってるのだw)。
先々週僕はこの店で、docomo版iPhone 5s 32GBをMNP一括0円で購入した。先週も実はチェックしたのだが、ショックなことに64GBが一括0円、32GBは一括0円+1万ポイントキャッシュバックになっていたw

で、今週だがそれまでデカデカとポップが貼ってあった「一括0円」の文字は無く、「基本使用料2年間0円」の文字。これ、通常時の風景だと思うが、MNP一括0円はなくなったのかと思えば、実はなにも変わっていなかった。

店員さんが手に持っている価格表はしっかり一括0円だし、聞けばそのような回答が返ってくる。判断しやすいかくらいで、実は何も変わっていない気がするが、特にSoftBankは先週までに比べて確かに大人しくなっていた気がする。

キャリアショップは何も変わった感じがしない

キャリアショップは元々あまり「一括0円」という文字は余りみなくて、キャッシュバックの文字がよく躍っている。

で、僕がよく行くアリオ倉敷にある、キャリアショップは細かい数字は多少変わったかもしれないが、3社とも高額キャッシュバックを全面に出していて、特に何も変わっていないように感じた。

3/16で終了するという噂は何だったのか

例年3月末には一括0円や高額キャッシュバックは落ち着く。
それはキャリアから出る販売奨励金が減額されるからなのだろうが、それが今年はたまたま3月16日だったというだけなのかもしれない。

ただ、今年は3月21日〜23日が3連休でここが最大の商戦期。そこをわざわざ外すというのは不可解な感じがするが、今年は例年よりも早く祭りが始まった印象が強く、終わるのも早いという事なのかもしれない。

まっ、一般人がその真相を知る術はないし、今年の商戦はこれで終わりと言う事になるだろう。

終わりに

今年はdocomoがiPhoneの販売を開始した事で、例年以上に激しい競争となっていた。

僕もこのお祭りには毎年参加しているが、数十万のキャッシュバックなんて特定の地域やっているなんて話は聞いても、ほぼ全国的にどのお店でもやっているなんて記憶に無い。数年前はせいぜい端末が0円で買えて美味しい程度だったが、もはやこれは商売のレベルに達している。

MNVOをMNP弾として利用したり、新規契約即MNPなんて事をする人もいるだろう。これだけの現金をちらつかされて、冷静でいられる人間なんてそういないと思う。やはり、少なくとも現金キャッシュバックというのは良くないじゃないか、ということは強く感じる。

さて、来年はどうなるのだろうか、、、

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

2016年1月から無料メルマガを開始しました。
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • 今回の件は自分が踊らされただけみたいです。いろいろすみません。ひがみだったのかもしれません。MNPなんて利用した事もないし、自分は通話専用のスマートフォンとiPhoneの2台持ちで満足してしまっているので。

    今はMNPで優遇を受けた人たちはこの携帯業界に何をしてくれるのでしょうかと考えたりもします。おそらく転売で儲ける事を考えている人が大多数でしょうから端末自体には意味ないのでしょう。結局は金ですね。まあそれも良しとするしかないのかなと思います。一種のギャンブルですね。

    話は変わりますが、自分はNEXUS端末は結構好きです。シンプルでiPhoneより融通が利くNEXUSシリーズはiPhoneとはまた別のインターネットの世界を見せてくれて勉強になります。ちなみに通話専用のスマートフォンはNEXUSです。

    本来はサービスの差異で契約者が動きやすくするMNP制度がギャンブルまがいに使われるのは好きではありませんが致し方ないのでしょう。自分のようにキャリアが用意する以外の端末を使ってみたい人は多少損する制度であり続けるのでしょう。しかし冷静に見るとこの業界、客と金の奪い合いをしていてその媒体が海外端末で国内端末(Sony端末は海外として見ています)はほとんどなしと言う点がビックリです。土台ボロボロなのに業界大丈夫なのでしょうか?

    • いえいえ。
      問題があると言うこと自体は誰もが認識していることですし、キャリアが自ら動かないなら、最後はお上の力で是正するしかないかなと思います。が、そういう形にはならないで欲しいですが。

      「一種のギャンブル」という表現が一番的を得ていると思います。僕も毎年この時期に購入しますが、いい条件を見つける楽しさ含めてギャンブル的に楽しんでいるのは否定しません。健全とは思いませんが、現実問題として合法的に楽しめるのであれば、わざわざ避けることもないかと思いますので。

      が、MNPという制度やdocomoで言うバリュープランのように、不可解な奨励金が料金に盛り込まれないように是正したはずなのに、結局以前よりも酷くなってしまっていますし、無対策というのはもはやあり得ないと思います。