au回線を月途中で解約した場合の請求額は?スマートバリューと家族割は適用対象になります

先日Xperia Z3 Compact(SO-02G)をMNP一括0円で購入するために、ちょうど2年契約の満了月だったiPhone 5購入時に契約したau回線を使いMNPした。

いわゆる2年縛り明けの解約というのはタイミングが非常に難しく、特にパケット定額の扱いがややこしい。僕が解約したのは12月下旬だったが、パケット定額料は1日になった地点で発生するため、後はいつ解約しても料金は変わらないのだ。

ただ、1つ気になっていることがあった。スマートバリューの扱いだ。

月途中で解約した場合にスマートバリューは適用されるのか

スマートバリューは月末時点で契約が確認できた場合、適用されると僕は勝手に思っていた。なので、今回のように月の途中で解約した場合、スマートバリューは適用されないのだろうなぁと思っていたわけだが、、、
au_kaiyaku201412
先日12月利用分の明細が届き確認したところ、なんと適用になっている事が分かった。
※金額が934円と安いのは、スマートバリューの適用から2年を経過しキャンペーン適用から外れたため

これは嬉しい誤算だ。

基本使用料の割引も適用されていた

さらにもう1つ良い意味での誤算があった。基本使用料だ。
上記画像を見れば分かるが、「家族割で25%引き」との記載がある。2014年12月は2年縛り(誰でも割)の更新月で、これを更新していないため、LTEプランは50%引きではなく、本来の1,868円に対して日割り計算になるのだと思っていた(日割り金額は1,325円)。

ところが、僕は家族割を組んでいたので、25%割引は生きていてそこから割引となっていた。これは知らなかった。

終わりに

携帯の契約は、最初は色々考えるものの解約時の扱いというのはとても分かりにくい。実は以前失敗したこともある。

今回は良い意味での誤算が多かったが、これも事前に色々確認していたから他の事で焦らずにすんだ。MNPを考えると週末など特価が多い日を選ばざるを得ない面もあるが、純粋な解約の場合は1日が一番無難というのも間違いなさそうだ。

SPONSORED LINK