家庭用インクジェットプリンターって必要?インク代の高い事が不満でレーザープリンターを購入した理由

DSCF1222.jpg

皆さんご家庭でプリンターは使っているだろうか。
そろそろ年賀状シーズンだしインク買わなきゃって思う人もいるだろうが、頻度はともかく恐らく多くの家庭にはプリンターがあるんじゃないかと思う。じゃあ、そのプリンターはどの方式か。

なんの事?と思う人もいるだろうが、家庭用のプリンターはほとんど インクジェットプリンター なんじゃないかと思う。我が家もそうだ。ただ、このインクジェットプリンターは近年インクが滅茶苦茶高い。印刷頻度が多い人にとってこのランニングコストがバカにならない。

我が家では今年から印刷頻度が激増した。なので、もう一つのプリンター レーザープリンター を購入したのだが、その経緯・理由を紹介しようと思う。

保育園の保護者会役員(書記)になり印刷する機会が激増

我が家は2人の子供を保育園に通わせている。
そして、今年は保護者会の役員(書記)になった。学校関係の役員というのは初めての経験だったのだが1つ驚いた事がある。恐らく、保育園に限らず幼稚園・小学校・中学校・高校どこも同じだろうが、連絡手段が未だにプリント が中心と言うことだ。

インターネットがまだ普及していない時代ならまあわかる。だが、インターネットやEメールが一般的になって、もう10年以上経つというのに、学校って僕が通っていた20年程前から変わっていないのだ。まあ、この事自体をとやかく言う気は無い。まあ学校の事情があるのだろうし、それを変えようと頑張るほどの情熱は僕にはない。

というわけで、保護者会(PTAみたいなもの)からクラスの人への連絡事項(バザーとか、会費の徴収など)がある場合、原稿を作成し紙で配布する必要に迫られた。結果、我が家では紙を印刷する機会が激増。

今までインクジェットプリンターのインクは年に1回年賀状の頃に買えば終わりだったが(要するにほぼ印刷することはなかった)、全く足りなくなった。

で、ここ数年はほとんど使わないから目をつぶっていた不満が顕在化。使う機会が増えると、インクジェットプリンターには腹が立って仕方が無い。

インクジェットプリンターに対する不満・不便な所

インクジェットプリンターへの不満は主に4つある。

インク代が高い

インクジェットプリンターのインクは今非常に高い。本体を安く売りインク代で回収するというビジネスモデルが未だに継続しているからだが、本当にバカみたいに高い。

我が家で使用しているプリンタ−はCanonの複合機「PIXUS MG6130」という機種。この機種は顔料系のブラック1色と染料系5色、全6色のインクを使うのだが、詰め替えインクは全色で約5,000円もする。

これでプリント可能なのは年賀状だと大体100枚の印象だ(勿論印刷エリアの大小で変わる)。
昔のプリンターはもう少し印刷出来たし、さらに言えばインクも安かった。色数なんて6色も要らないが、色数の少ない下位モデル(カラー印刷が弱い)より、色数の多い上位モデル(カラー印刷が強い)の方が、実質的に安く売られるのだからつい買ってしまうのだ。

そんな色数の多いモデルを買うから悪いという意見もあるだろうが、今までは使う頻度が少ないからそれほど気にしていなかった。だが、印刷枚数が増えれば増えるほど、インクコストの割高感が増していく。

インクの消費が激しい

現在インクジェットプリンターの多くは独立型タンクを搭載している。
色毎に使えるから効率的なんて思う人がほぼ皆無なのは、インクジェットプリンターを使った人なら分かると思う。どんな色で印刷しても、ほぼ均等にインクが減るのだ。

理由は不明。だが、実感としては間違いなくある。
思い当たるのは、インクノズルが詰まるのを防止するために、定期的にインクを消費する事。特に我が家の場合だと例年1月に年賀状を印刷した後、次に使うのは半年後なんてことはざらだ。この時半分くらい残っていたインクが、ほぼ空になっていたりするのだから、使わなくてもインクがどんどん減るというのは間違いない。

あと、これも確証はないが「モノクロ印刷」を実行しても、カラーインクを消費していると思われる事だ。モノクロ印刷していたのに マゼンタ(赤系)のインクが切れました! とか言ってくるのだから、困ったものだ。

正直、納得いかないんですよね。

プリンターの立ち上がりが遅い

これは「PIXUS MG6130」特有の現象かもしれない。

普段は全く使わないプリンターなので、電源は落としている(一応コンセントには繋いでいる)。で、使おうと思って、電源を入れるとウィーンという音が始まり、インクノズルのチェックでもしているのがシャコシャコという音がして、中々使えない。

大体使えるまで3分は待つ必要がある。正直イライラする。

カラー印刷(特に写真)を全く使わない

インクジェットプリンターの特色はカラー印刷が美しいこと。
カラー印刷、特に写真は抜群に綺麗なのだが、そもそも論として今家庭で写真をプリントするかと問われたら、我が家の場合皆無。

昔はもうちょっと印刷する機会が多かった。
だが、今は写真を見るのは大半がスマホ・タブレット。なので、印刷する事はほぼ無いし、仮に印刷する場合はカメラのキタムラとかで印刷する。ネットプリントみたいなサービスも多い。昔は家庭用プリンターで印刷した方が安かったかもしれないが、今やコンビニでも高品位の写真プリントが出来る時代。

いつ使うかも分からないフォト用紙を家に置いておくより、必要ならコンビニで印刷した方が効率が良い。また、docomoのサービスだが、フォトコレクションプラスというサービスもある。

印刷手段は今や多種多様なのだ。
メーカーは写真印刷の高画質さを未だにアピールしているが、10年前ならともかく、今は寧ろ写真を印刷する人が減ってると思う。

モノクロ印刷の品位が低い

インクジェットプリンタはカラー印刷が得意だが、逆にモノクロ印刷は苦手。
構造上インクを吹き付けるため、特に普通紙に対する印刷品位は低い。

具体的にいうと、文字が非常に滲みやすい。
会社員の方だとオフィスに大抵プリンター(複合機)があると思うが、あれはレーザープリンターだ。特に普通紙に対するモノクロ印刷は、インクジェットと段違いに綺麗だ(スピードが分かり易い違いだが、文字のくっきり感も全く違う)。

会社のプリンターは綺麗なのに、家のプリンターだと汚い、、、なんて思う人もいるかもしれないが、それは高い機種を使っているからではなく、印刷方式が違うからだ。

で、我が家の場合カラー印刷(写真)はほぼ皆無になったが、昔とあまり変わらないのは文章の印刷。これは人それぞれだが、作成した文章を確認するために印刷するって人は結構多い。そういう場合、使うのはモノクロ印刷だと思う。

インクジェットプリンターを使うメリットがないのでレーザープリンターを検討

というわけで、冷静に考えると我が家ではインクジェットプリンターを使うメリットが皆無になってしまった。

保育園でプリントするのはWordの文章がほとんど。つまりモノクロ印刷だ。長い目でみれば、今後下の子が小学校を卒業する10年後くらいまで、保護者会・PTAなど何らかの活動に参加することになるだろう。

そういう時に、恐らく役員間の連絡はメールやSNSが使えても、最終的には 紙で配付 というのは変わらないと予想される。じゃあ、レーザープリンターを買ってしまおうというわけだ。レーザープリンターを使うメリットとしては、

  • モノクロ印刷が綺麗
  • 印刷が早い
  • ランニングコストが安い

といった辺りがあげられる。価格は1万から2万くらい。これなら十分元は取れると思った。

終わりに

DSCF1211
というわけで、モノクロレーザー複合機を購入した。機種はCanonのモノクロ複合機 Satera「MF224DW」だ。

まあスモールオフィス向けなので、まあデカいw
レーザープリンターの購入は勿論初めてだし、購入前は色々悩んだのだが、これを購入したのは実は2015年6月の話。つまりもう4ヶ月以上前の話でそれなりに使ってきて、感想なども見えてきたので次回はその事を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

印刷サービスや年賀状に関する記事

SPONSORED LINK