安倍なつみ初のソロミュージカル「おかえり」 at 大阪厚生年金会館

SPONSORED LINK

2004年2月7日に大阪府の大阪厚生年金会館 芸術ホールで開催された、なっちこと安倍なつみさんがモーニング娘。卒業後初のソロミュージカルとなる「おかえり」を見に行った際の感想です。

この記事は旧サイト(2001〜2004年まで運営していたモーニング娘。ファンサイト)で公開していた記事のリメイクです。最新記事とは文体などかなり違いますが、敢えて当時の雰囲気を残しているため、略称など分かりづらい点があることはご了承ください

SPONSORED LINK

卒業直後の活動はミュージカル

2004年1月25日にモーニング娘。を卒業し、まだその衝撃も収まらないなか、早速ソロ活動が始まります。

といっても音楽活動ではなく、ミュージカル。
モーニング娘。を含めて、ハロプロのミュージカルはそれほどよいイメージがありません。劇の内容より、

  • 会場がコンパクト
  • 1人1人がそれなりに目立っている

という事と、何と言っても推しメンが近くで見られるということが最大の魅力だと思います。
まあその分、コンサートの場合は6,000円程度のチケット代が、倍以上の1万円オーバーにはなりますが、オークションなどで前方席を定価の何倍も出して買っている人にとっては、寧ろ安いイベントとも言えます。

安倍なつみ主演ミュージカル「おかえり」の感想

というわけで、なっちのミュージカルに行ってきました。感想、

なっちかわいい~~

ストーリーはここがいいというのも無ければ悪いというのも無い、平凡なものだと思います。正直印象には残ってません。アイドルのミュージカルなんてやはりこんなものかなと。

やっぱり、近くで見られることにテンションが上がってしまって、内容なんて覚えちゃいないんです。

なので、ミュージカルなんて普通は何回も見るもんじゃあないでしょうが、何回も見るとなるとちょっとつらいかもしれません。
ボクは1度だけしかも4列目っていう良席で見たこともあって、ミュージカル全体としても多少は楽しく見られましたが。

でも、そんな事は別にしてなっちがあんなに嬉しそうに舞台に立ってることが驚きでした。娘。が嫌だったとか、通過点だったとかそんな事は思ってないと思います。

ただ、それ以上にソロ活動ができることが嬉しい、そんな私を見て欲しいと思ってるのかなとは感じました。モーニング娘。として活動しながら、6年半抱き続けていた思いっていうのは、ボクらの想像以上なんだろうなって。

そういう意味で、この言葉は一緒に見に行った人の受け売りだけど、安倍なつみ卒業コンサートを見て「終わった」、「もうやめよう」なんて思っている人には、

ミュージカルまで見てそれから自分がどうするかを考えて欲しい

そう思いました。

なっちの表情・言葉に注目して欲しいかなぁ。

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)