ドコモポイントを交換で大量ゲット!スマホ・充電器・アクセサリを0円で購入します

ここ数年毎年8月から年末にかけて、ドコモが行っている「ドコモポイント25%増量キャンペーン」。

「dポイント25%増量キャンペーン」の直近の開催実績は2016年8月〜10月です。

ドコモ版iPhoneを安く買う方法。dポイントを大量に貯めて一括購入を目指せ!

2016.09.22

クレジットカードのポイントなど他社からドコモポイントに移行すると、レートが25%アップになるというお得なキャンペーンなのだが昨年申し込みを行い、ドコモポイントが更新される1月10日時点で移行が完了した。

2015年の移行ポイントは約44,000ポイント。キャンペーン適用で約55,000ポイントとなり、高額とされるドコモのスマートフォンを購入する準備が整った。何に使うかって、もちろん今年発売されるであろう次期iPhone(iPhone 6s?)だ。

2014年分のポイント移行結果

合計ポイントはこんな感じだ。

おトクな特典が満載の無料会員制サービス(ドコモプレミアクラブ)___お客様サポート___NTTドコモ

元々35,000ポイント程余っていたので、今回55,000ポイント増えて91,000ポイントとなった。

ポイント移行の明細

明細としてはこんな感じ。

移行明細

今年は、例年移行しているメインカードであるANAカード(正確にはANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード)のプレミアム・ボーナスポイント、Gポイントに加えて、嫁のメインカードであるJCB EITカードで取得したOki Dokiポイントも移行した。

これだけ移行すると「25%増量」という部分はかなり強烈で、1万ポイントほど違ってくる。

ただ、僕がメインで貯めているポイントはあくまでもANAマイル。ドコモポイントはサブという位置付けだが、それでもこれだけ貯まる(ここ数年は家を建てたり子供が生まれたりで、何かとものを買ったためクレカ利用額が多いせいもある)。

僕が実践している事は、以下の記事で紹介しているので、よろしければご覧いただけたら。

dポイント(ドコモポイント)とANAマイルを大量に貯める方法。「交換と集中」が重要です

2013.08.22

また、妻のメインカードであるJCB EITカードについては以下の記事で紹介している。

ポイント還元率が高くて年会費無料のJCB EITを嫁用クレジットカードに契約

2012.10.08

このカードも事前の設定は必要だが、年会費無料で比較的ポイント還元率が高いカードだ。

ドコモポイントを貯めるメリット

このポイントを使って僕はスマートフォンを購入する。

今のスマートフォンはiPhoneに限らずどれも高額で、10万円近くするものも珍しく無い。

しかし、これだけポイントがあれば一括0円で購入するのも夢ではないし、今年も発売するであろうiPhone(iPhone 6s?)の購入で使用する事になりそうだ。

ちなみに、ドコモポイントはau・SoftBankなどのポイントと違い、ポイントは税抜価格へ適用される事が昨年iPhone 6購入時にわかった。他社は税込価格への適用なので(少なくともauは間違いない)、同じポイント数でも消費税分価値が高いことなる。

【注意】dポイント利用時に消費税はかかる?税込金額への適用に制度が変わりました

2014.11.25

ドコモポイントからさらに他社への移行は難しいため、ドコモユーザーでなければメリットは少ないが、これは大きなアドバンテージだと思う。

終わりに

というわけで、今年のiPhoneを購入する準備は整った。

来年のiPhoneに向けて、今年もせこせこポイントを貯めて、また8月頃に例年通り「ドコモポイント25%増量キャンペーン」が開始すれば、そのタイミングでドカンと移行しようと思う。

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円の元を取るメリットを解説

2016.08.22

dポイントのまとめページ

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)