【失敗体験】ドコモのdポイントは携帯料金に充当すると、もらえるポイントが減って損するよ

dポイントをドコモの携帯料金に充当するのはおすすめしないよ dポイント
SPONSORED LINK

dポイントをたくさん貯めたいパパンダ(@papanda_life)です。 (´・ω・`)どうも。

「え、ポイントなんて、別になくてもいいじゃん」とか、思っていませんか?
いえいえ、ポイントだって今や「現金と同じ!」といっていいくらいですよ。

ママンダ
そうようねぇ。商品の全額をポイントで交換すると、実に気持ちがいいものよ!

使うときに、スカッとして得した気分になりますよね。

ぱんさん
でも、だいたい100円で1ポイントしか貯まらないの
パパンダ
塵も積もれば山となるだよ、ぱんさん!
コツコツやるのが、勝つコツだよ

dカードの利用などで貯まるdポイント。
このdポイントを、docomoの携帯料金に充当できることを知っていますか?

チー
知ってはいたけど、僕は試したことがない!
やってみてよ

dポイントを携帯料金に充当すれば、その月の携帯料金が安くなりますよね(*‘ω‘ *)
これはうれしい!

この記事では、実際にdポイントを携帯料金へ充当してみたので、手順や利用明細がどのようになっているかなどを紹介しますね。

SPONSORED LINK

dポイントを携帯料金に充当するのはオススメしない

dポイントを、毎月のdocomo携帯料金に充当できるということがわかっても、どんな決まり事があるかなどが気になりますよね。

1番基本的な決まりとして、dポイントは1ポイント単位で使えることです。
1ポイント使うと、携帯料金が1円安くなる計算(*‘ω‘ *)

ほんの少しのポイントでも、携帯料金が安くなるのって、なんだかうれしいですよね。

パパンダ
最初から結論だ!dポイントを携帯料金に充当するのはオススメしない!

なぜかといえば、dポイントで充当した分、もともと付与予定だったdポイントがなくなるからです(´;ω;`)ウゥゥ。損しちゃいますよ。

念のため、どんなルールがあって、手続き方法がこうだ!と紹介しますが、気になったひとだけ読み進めてね。

dポイントの充当ができる対象者

dポイントの充当は、誰でもできるのでしょうか。

▼対象者は以下のとおり。

対象者
dポイントクラブ会員かつdocomo回線を契約しているひと
パパンダ
まぁ、そうだよね

なお、ビジネスプレミアクラブ会員のひとは対象外です。

一括請求している場合

家族でdocomoを利用している場合、一括請求にしてひとまとめにしていることもありますよね。
dポイントを携帯料金へ充当すると、どうなるのか気になるところ。

ぱんさん
代表回線のひとが申し込むと、子回線全体にいい感じで振り分けてくれるんじゃないの?

残念ながらそうではありません。
充当したい回線それぞれからの申込みが必要なんですよ。
一括請求グループの代表回線のひとからの申込みであっても、一括請求グループ内の全回線の利用料金には充当されません。

ぱんさん
それぞれのdポイントは、好きなように使いたいわよね

でも、ポイント共有グループを利用している場合、ポイント共有グループ内の各会員からdポイントの充当利用が可能です。

ただし、代表会員のひとが「ポイント利用拒否設定」を申込みしている場合、対象の子会員のひとはdポイントの充当利用ができません。

dポイントの充当対象

携帯料金にdポイントの充当ができることがわかったあとは、どの料金に充当が可能であるのかが気になります。

たとえば、携帯料金が5,000円だったとして、dポイントを5,000ポイント丸々充当でき、請求が0円になるのでしょうか。

▼dポイントの充当対象は以下のとおりです。

dポイントの充当対象
  • Xi/FOMAの基本使用料
  • 国内通話通信料
  • パケット定額料
  • 付加機能使用料(iモード、SPモード(一部除く))
チー
ふむふむ。請求が0円になることはないね

そうですね。
対象がある、ということは「対象外」だってあるハズ。

今度は、dポイントの充当対象外の料金は何なのか気になってきました。
▼充当対象外の料金は以下のとおりです。

dポイントの充当対象外
  • 「ドコモ光」などのXi/FOMA以外のサービス利用料金
  • 分割支払金/分割払金
  • コンテンツ使用料/iモード使用料
  • dマーケット各ストア月額料金 など

なお月々サポートや各種割引がある場合、各種割引適用後の利用料金へdポイントが充当されます。
【dポイントを携帯料金に利用する】毎月の利用料金イメージ

dポイントの充当対象期間

いざdポイントの充当を申し込んだ場合、いつの利用分に充当されるのでしょうか。

充当期間については、申込み月の翌月請求分(申込み月利用分)となります。
たとえば今が1月だとして、1月に重要申込した場合、2月請求分(1月利用分)へ充当ですね。

パパンダ
ようするに、申し込んだ月の利用分へ充当されるってことだね
ママンダ
充当対象外の料金があるって言ってたじゃない。
だったら、充当希望のdポイントがたくさんあった場合、充当対象料金を上回っているときもあるわよね。
どうなるの?

▼充当できる対象料金を超えた場合は、以下のような決まりがありますよ。

充当できる対象料金を超えた場合
  • dポイントが、充当できる対象料金を超えていた場合、超過分は翌月以降に繰り越される(最長6ヶ月充当)
  • 申込み月を含む6ヶ月後の末日までに、追加でdポイントの充当をさらに申込した場合には、以前申込みした充当残額の利用期間は、最新の利用期間に更新される。(繰り越し期間は最後に充当した月から最大6ヶ月)
ママンダ
dポイントは無駄にならないのね!よかったぁ
【dポイントを携帯料金に利用する】dポイントを充当した場合最大で6ヶ月さきまで充当可能

【dポイントを携帯料金に利用する】追加でdポイントを充当した場合、以前のdポイントも最大で6ヶ月さきまで充当可能になる

dポイントの充当についての注意点

ここまでも、何かと注意点がありましたが、基本的な注意点もありますよ。

▼dポイントの充当についての注意点は、以下のとおりです。

注意点
  • 期間・用途限定ポイントは利用できない
  • 一度「ケータイ料金の支払いにつかう」に申し込むと、キャンセル・変更はできない
  • 各種割引(月々サポート含む)や、回線解約により充当対象となる携帯電話料金の請求がない場合、または最長6ヶ月を経過した場合でも、dポイントの返還はない
  • 回線解約時にドコモショップ店頭にて利用料金を支払う場合、利用料金には充当されない。また、その場合dポイントの返還もない
  • 月をまたがって充当する場合に、消費税計算の都合上、1円少なく充当される場合がある
ぱんさん
dポイントが返還されないこともあるのね!これは気をつけなきゃ

dポイントを携帯料金に充当する手順

いろいろと細かいところがわかったところで、実際にdポイントを携帯料金に充当するための手続きをしてみたので、その手順を紹介しますね。

▼まずはMy docomoのトップページを開きます。
「ポイント」のボタンを押しましょう。
【dポイントを携帯料金に利用する】My docomoの「ポイント」のボタンを押す。

▼画面を下に移動すると、「dポイントをつかう」のボタンがあるので押します。
【dポイントを携帯料金に利用する】dポイントをつかう

▼「dポイントクラブ」のページに移動しました。
【dポイントを携帯料金に利用する】dポイントクラブのページ

▼画面を下に移動すると「つかえるサービス」というコーナーがあり、「ケータイ料金」と書かれた部分があります。
特にボタンなどなく、「何もできそうじゃない…」と思うんですが、「ケータイ料金」の文字あたりを押してみましょう。
【dポイントを携帯料金に利用する】ケータイ料金

▼「ケータイ料金の支払いにつかう」のページに移動しました。
【dポイントを携帯料金に利用する】ケータイ料金の支払いにつかう

▼画面を下に移動しながら、注意事項を読んでいきましょう。
「ケータイ料金の支払い」のところに、「交換する」というボタンがあるので押します。
【dポイントを携帯料金に利用する】交換する

▼「お申込みいただく前に」のページに移動しました。
<img src=

▼画面を下に移動すると「同意事項」と書かれたところがあります。
「上記内容に同意して申込む」のチェックボックスにチェックを入れ、携帯料金に充当するポイント数を入力しましょう。
そして、「交換する」のボタンを押します。
【dポイントを携帯料金に利用する】同意事項に同意して交換する

▼「ご連絡先などの入力」の画面に移動しました。
【dポイントを携帯料金に利用する】ご連絡先等の入力

▼「メール配信」ところでは、「ご注文内容確認メール配信」を希望するか、希望しないかを選びます。
基本的に、iモードもしくはspモードメールアドレスに送信されるようですね。

別のメールアドレスに送信希望の場合は、「メールアドレスを入力して」と書いてあるも、入力欄が見当たらず…(;’∀’)

そのまま「次へ(変更内容の確認)」のボタンを押しましたよ。
【dポイントを携帯料金に利用する】ご注文内容確認メール配信

▼「お申込み内容の確認」のページに移動しました。
内容を確認して「申込む」のボタンを押しましょう。
【dポイントを携帯料金に利用する】申込む

▼申込完了です!
【dポイントを携帯料金に利用する】申込完了

▼dポイントクラブのトップページに戻ると、確かにdポイントが使われ、0ポイントになっていましたよ。
【dポイントを携帯料金に利用する】dポイントが0

▼dポイントの利用履歴を確認すると、「ケータイ料金支払いへのポイント利用」と書いてあります。
【dポイントを携帯料金に利用する】dポイント利用履歴にも記載あり

料金明細にはどのように表示される?

dポイントを携帯料金に充当する手続きをしたあと、料金明細の表示はどうなっているのでしょうか。

実際に見てみましょう!
▼特に何もない月であれば約4,800円の請求です。ここにdポイントを約800ポイント充当したので、携帯料金は約4,000円になっていますね。
【dポイントを携帯料金に利用する】充当したあとの料金

▼充当したdポイントは、「その他ご利用料金等」のところに表示されていました。
【dポイントを携帯料金に利用する】充当したdポイント数

dポイント充当した金額のdポイント付与分はどうなる?

docomo回線を契約している場合、利用料金によってdポイントの付与がありますよね。

▼僕はdカード GOLDを持っていないので、4,883円の請求があった月の翌月に、40ポイントのdポイント付与でした。
【dポイントを携帯料金に利用する】docomo回線利用料金に対するdポイント付与

パパンダ
1,000円につき10ポイントだね。ってことは、100円につき1ポイントなのかな?
チー
残念。1,000円未満はポイント対象外だよ

なるほど。
ということは、さきほど充当の手続きをした月のdポイント付与も、40ポイントになりそう!
【dポイントを携帯料金に利用する】充当したあとの料金

ぱんさん
危うく失敗体験しちゃうところだったねぇ。900ポイント充当していたら、約3,900円の請求になっていたんでしょ。
ってことは、dポイントが30ポイントしか付与されない計算!

結論、ポイントを充当するときは1,000円未満の金額に対してやるのが、いいですね(*‘ω‘ *)

チー
そうだね。dカード GOLDを持っているひとの場合でも、1,000円につき100ポイントだから同じだね

おわりに:dポイントは他のところで使おう

dポイントは、普段の買い物でも使えますよね。
他にもたくさん使えます!

でも、どうしても「使う機会は、そんなにないしなぁ」とか思っていた場合は、携帯料金へ充当したほうがお得ですよねぇ(*’▽’)

ただし最初にも書いたように、充当すると本来もらえるdポイントがもらえなくなる事態もでてきて、損をしてします。
それが嫌な場合はポイントの充当はせず、好きなところでdポイントを使うといいですよ。

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

\ 初年度年会費無料 /

dカードをチェック

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元。ドコモユーザーなら持って損のないカード

2016年8月22日
\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDのキャンペーンをみる

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ 年会費永年無料 /

dカードのキャンペーンをみる

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
chimobile

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2019年11月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK