RAVPower「FileHub RP-WD009」レビュー。スマホの容量不足解決・動画も見られるコンパクトなモバイルバッテリー内蔵Wi-Fiルーター【PR】

「RAVPower FileHub RP-WD009」レビュー Wi-Fiルーター
SPONSORED LINK

スマホの容量(ギガ)が足りない!

スマートフォンが長寿命化した結果、3年以上使うような方も珍しくない。

しかし、2015年辺りに販売されていたスマホは、ストレージ(ROM・ギガ)が「16GB」と少ないモデルが多い

iPhoneで言えば「iPhone 6s」に該当するのだが、多くの方が容量不足に悩んでいる。

容量が足りないなら、パソコンやクラウドにバックアップすればよくない?

そんな意見は確かにあるが、スマホが便利になりすぎて自宅でパソコンを使う人が減ったし、何より「USBで繋いでバックアップ」みたいな操作そのものが面倒くさい

  • 自宅のWi-Fiに直接ワイヤレスで接続できる
  • SDカードスロット、USBポート(USBハードディスク接続可能)搭載
  • モバイルバッテリー内蔵で、コンセントなしで動作可能

使いこなすにはちょっと知識が必要だが、、使いこなせれば便利なガジェット!

RAVPowerモバイルバッテリー内蔵Wi-Fiルーター「FileHub RP-WD009」を紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「RAVPower FileHub RP-WD009」の概要

「RAVPower FileHub RP-WD009」の概要

「RAVPower FileHub RP-WD009」の製品概要は以下の通り。

寸法約11.3 x 7.6 x 2.5mm
重量約199.4g
バッテリー容量6700mAh
ポートUSB-C × 1
USB-A × 1
イーサーネット(LAN)
SDカードスロット
出力5V / 1.5 A, 7.5W(最大)
Wi-Fi規格IEEE 802.1 1ac / 802,11n
Wi-Fiスピード733Mbps(300Mbps@2.4GHZ、 433Mbps @ 5GHz)
バッテリー駆動時間スタンバイ時
最大14.5時間(2.4GHz)/最大8.7時間(5GHz)
価格6,999円
  • ファイルハブ機能
  • Wi-Fiルーター機能
  • モバイルバッテリー機能

これらを内蔵した「コンパクトなWi-Fiルーター」という感じだ。

Wi-Fiルーターと言えば、大きく分ければ2種類ある。

  • 主に「格安SIM」で利用する、SIMカードを挿入するモバイルWi-Fiルーター
  • ADSL・光回線を接続、ACアダプタから給電し自宅で利用するWi-Fiルーター

「RAVPower FileHub RP-WD009」は、機能的には後者、使い勝手は前者という「ハイブリッド型Wi-Fiルーター」という感じの製品

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感

手のひらに乗せられるコンパクトさで、ポケットには入らないが、カバンに入れて持ち歩く分には問題ないレベルだ。

便利そうだけど、何に使えばいいの?

冒頭で「使いこなすにはちょっと知識が必要」と記載した理由はここにあり、スペックだけ見ても何に使うのがよいかパッと思い浮かばない

用途はいろいろあるのだが、僕は以下の2機能をピックアップして紹介しようと思う。

  • ファイルのバックアップ機能
  • Wi-Fi接続機能
チー
僕みたいな、フリーランスは1つ持っておくと便利だと思う!

「RAVPower FileHub RP-WD009」の開封レポート

「RAVPower FileHub RP-WD009」のパッケージ 「RAVPower FileHub RP-WD009」のパッケージ開封後

簡単な開封レポートを。

RAVPower製品ではお馴染み、緑と白色のパッケージ。

「RAVPower FileHub RP-WD009」の同梱品

開封すると以下が入っていた。

「RAVPower FileHub RP-WD009」の同梱品
  • 本体
  • 本体充電用USB-Cケーブル
  • 説明書
  • 保証書

RAVPower製品は、品質の高さもさることながら、30ヶ月というかなり長い製品保証があることが魅力の1つ。

通常18ヶ月保証で、ユーザー登録することでさらに「12ヶ月」延長されます
正面 裏面(PSEマークあり)

製品の外観をチェック。

Wi-Fiルーターなのでパッと見た感じ、これといった特徴は感じない。
バッテリーを内蔵しているが、PSEマーク(電気用品安全法)を取得しているため安心して利用できる。

右側面 左側面 本体下部

右側面には電源ボタン、左側面にはWi-Fiのモード切替・コピーボタン・SDカードスロットがある。

本体上部 本体上部の各種ポート類

そして上部にはルーターらしい端子が配備されている。

  • USB-A
  • イーサーネット(LAN)
  • USB-C(充電用)
iPhone XS Maxとのサイズ比較 iPhone XS Maxとの厚み比較

iPhone XS Max」と比較するとこんな感じで、厚みはあるがコンパクト。

これに6700mAhのバッテリーも搭載しているのだから驚く。

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感

手のひらに乗せてもコンパクト。マットな質感なので指紋なども目立たない作りになっていた。

電源オンするとLEDが点灯

電源ONすると、LEDが点灯する。Wi-Fiの周波数によって変わるのだが、基本的にデフォルト(2.4GHzモード)のままで使うことをおすすめする(理由は後述)

何に使う?使って分かったおすすめの使い方2選

「RAVPower FileHub RP-WD009」は何に使う?

RAVPower「FileHub RP-WD009」は大きく分けて3つの機能がある。

  • ファイルハブ機能
  • Wi-Fiルーター機能
  • モバイルバッテリー機能

なのだが、それだけ聞いてもイマイチ利用用途が思い浮かばない方もいると思う。

なので僕がおすすめする使い方をピックアップして紹介しようと思う。

「iPhone 6s 16GB」の容量不足に悩む方は「ファイルのバックアップ機能」

SDカードスロット搭載でファイルをバックアップできる

1つ目が「ファイルのバックアップ機能」だ。

特に、「iPhone 6s 16GB」を使っている方におすすめしたいのだが、写真などが増えてストレージ不足に悩んでいると思う。

  • 不要なデータを消す
  • パソコンに写真をバックアップする
  • Lightning端子に接続出来る、USBメモリなどにバックアップする

基本はバックアップするしかないのだが、パソコンにしてもUSBメモリにしても、有線で接続するというのは面倒くさい

しかし、「RAVPower FileHub RP-WD009」はSDカードスロットやUSB-Aポートを搭載している。

ハードディスクを接続することもでき、Wi-Fiルーター機能があるので、自宅で接続したら、アプリ経由で不要なファイルを簡単に移動できる

RAV FileHub 1.3.484(無料)
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
販売元: Shenzhen NearbyExpress Technology Development Company Limited – Shenzhen NearbyExpress Technology Development Company Limited(サイズ: 156.5 MB)

ワイヤレスであれば、何かをしながらでもできるし、何より手軽だ。

アプリ上からファイル操作可能

バックアップするファイルは写真と動画が多いだろうが、DLNAメディアサーバー機能を搭載しているため、専用アプリ経由で再生もできる

チー
Wi-Fiに接続して、専用アプリでファイルを「移動」するだけなら簡単!

プチセキュリティ対策としての「Wi-Fi接続機能(ブリッジモード)」

Wi-Fiアクセスポイントに直接繋げる(ブリッジモード)

2つ目は「Wi-Fi接続機能」だ。

といっても、スマホから接続出来る「アクセスポイント」として使えるという意味ではない。

RAVPower「FileHub RP-WD009」自身が、別のWi-Fiアクセスポイントに接続できる機能

「ブリッジモード」に近いものだが、例えばこんなシーンで便利だ。

カフェなどオープンなWi-Fi接続時のクッション

カフェなどお店のWi-Fiに接続すると、パソコンの共有フォルダが見えてしまっているなんてことはないだろうか?

同じアクセスポイントに接続すれば、仕組み上そうなってしまうのだが、「RAVPower FileHub RP-WD009」を接続させることで、それを防ぐことができる。

まあ、完璧な仕組みではないのだが、ダイレクトに見えちゃうよりはマシだと思う。

また、僕は「岡山ブログカレッジ」などイベント運営を行っているが、こんなことを言われることがある。

普段はオープンにしてないけど、お店のWi-Fi使ってもいいよ

そんな時参加者にもそれを教えることになるのだが、お店の秘密を教えるような行為なので、なるべく遠慮している

だが、「RAVPower FileHub RP-WD009」をお店のWi-Fiに接続し、参加者には「RP-WD009」の接続情報を周知すれば、解決できるかもしれない。

チー
こういう使い方するには、「最大5台」という接続台数が少なすぎるけどね……。

使用時の注意点は「2.4GHz帯」のみで使うのが無難

利用する周波数は「2.4GHz帯」が無難

「RAVPower FileHub RP-WD009」を使う上で、1つだけ注意して欲しいのがWi-Fiの周波数だ。

  • 2.4GHz(デフォルト)
  • 5GHz
  • 2.4GHzと5GHzの同時利用

この3モードで利用でき、本体側面のボタンを3秒間長押しするごとに切り替えが可能となっている。

ただ、先ほど紹介した「Wi-Fi接続機能(ブリッジモード)」は2.4GHzでないと動作しないなど、利用する周波数によって一定の制限がある

また、コンパクトな製品なので、持ち歩くこともあるだろうが、5GHzは屋内での利用が前提となる

なので、「RAVPower FileHub RP-WD009」を使うなら「2.4GHz帯のみ」での利用をお勧めする。

終わりに

「RAVPower FileHub RP-WD009」レビュー

Wi-Fiルーターと言えば、光回線などを自宅で接続し、アクセスポイント化するのが一般的だ。

基本は自宅で使うわけだが、モバイルバッテリーを内蔵することで、使い方が大きく広がることに驚いた

RAVPower製品は、主にモバイルバッテリーや充電器の販売を行うメーカーだ。

モバイルバッテリー内蔵扇風機が2019年夏は流行っているが、バッテリーが安価になったことで今までなかったアイデア製品が増えているように感じる。

TaoTronics TT−HP025 2600mAh バッテリー内蔵携帯扇風機

TaoTronics「携帯扇風機 TT-HP025」レビュー。バッテリー内蔵・6枚羽根で静音、いつでもどこでも涼しくなれる夏の必需品【PR】

2019年5月24日

「RAVPower FileHub RP-WD009」はそんなアイデア製品と感じたので、是非一度使ってみて欲しい。

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK