ドコモポイント(dポイント)を大量に貯めるお勧めの方法。移行サービスを活用しましょう

携帯キャリアのポイントサービスは、航空会社のマイレージと同じくらいメジャーで利用者が多いと思う。

しかし、近年携帯キャリアのポイントサービスは改悪が相次いでおり、最後に残っていたdocomoも来年度から改悪することを発表している。

ポイント収集の真っ当な方法は、ポイントを提供している会社のサービスを利用することだ(マイルなら飛行機に乗ることだし、携帯ポイントなら携帯を使い続けること)。だが、少なくとも携帯キャリアのポイントは長年使い続ける中で貯めるのは難しくなってきた。

で、個人的に一番有効だと思うのは、普段はクレジットカードなど関連サービスでポイントを貯めて、必要な時にどかっと移行し使い切ってしまうという方法。僕はこの方法で、必要な時は数万ポイントを移行して端末購入を0円にしてしまう。

その方法とポイントを紹介しようと思う。

内容としては一番レートが良いためドコモポイントを中心に紹介するが、auポイントでも同様の方法は可能。SoftBankポイント(Tポイント)についてはレートも悪く、移行対象も少ないためあまりお勧めできない。

集めるポイントのメインを2つくらいに集約

ポイントを集める基本は、対象を限定することだ。ポイントによっては使える最低ポイントが決まっていたり、有効期限があるためバラバラに集めるとどれもそれなりに貯まるが、使えないという状態に陥る。

僕の場合は、大体以下2種類のポイントサービスに集約する方向としている。

  • ANAマイレージ
  • ドコモポイント

ANAマイレージを集めるのは東京に遊びに行く時とかに便利で、特典航空券として使う事のが一番効率がいいからだ。ドコモポイントはiPhoneを買うまで2年に1度機種変更していて、この原資に使うためだった。

ポイント獲得方法1:支払いをクレジットカード中心にする

ANAマイル獲得が第一目的のため、僕のメインクレジットカードはANAカード(正確にはANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード)。

このカードで貯まるポイントは三井住友VISAカード準拠のワールドプレゼントなので、これをANAマイレージに移行するのが基本ルートとなる(ゴールドカードだと1000円1ポイント→10マイル換算)。

で、支払いのほとんどはこのカードを使う。
公共料金、携帯、飲食店、普段の買い物、家族の買い物、果てはコンビニまで使えるところは少額決済であっても遠慮無く使う。

そうすると、年間100万円くらいは余裕でクレジット決済に回ることになる。単純計算1年で10000マイルほど貯まる計算だ。

さらに、三井住友VISAカードの場合、メインのポイントに加えて、プレミアム・ボーナスポイントというものが貯まる。

最近このポイントもマイルに移行出来るようになったがレートが悪いため(1ポイント3マイル)、僕は必要に応じてドコモポイントに移行する事にしている(通常は1ボーナスポイントがdocomo・auは5ポイント、SoftBankは4ポイントとなる)。

このプレミアム・ボーナスポイントは年間で2000ポイントくらい貯まる。

ポイント獲得方法2:ポイントサイトで集める

docomoポイントに関して言うと、クレジットカード以外にもう一つルートを持っている。Gポイントというサービスだ。

Gポイントはネット上で貯めるポイントで、楽天・Yahoo!ショッピングなどのネットショッピング、楽天トラベル・じゃらんなどのホテル予約など、ここを経由して購入する事でポイントが貯まる。

また、ネット上の各種サービスとのポイント交換サービスが充実しているのが大きな特徴。

最近は忙しくてほとんどやっていないが、アンケートサイトのマクロミルとかでアンケートに回答してセコセコ貯めたポイントを、定期的にGポイントに集約している。

ネットショッピングとかをどの程度利用するかにもよるが、年間5000ポイントくらいは貯められる。ちなみにGポイントもdocomo・auのポイントに交換可能。

docomoポイントを集めるメリット

ここまでの内容で、SoftBankポイントについてはレートが悪い上に、移行可能なサービスが少なくメリットが薄い事は分かるかと思うが、docomoとauについては基本的に同じ条件だ。

しかし、docomoに関しては毎年夏頃から数ヶ月間「ドコモポイント25%増量キャンペーン」というのが行われる。この期間に交換すれば一番レートがいいのはdocomoになる。

このキャンペーンの対象には主要なクレジットカード会社のポイントとGポイントが含まれる。

25%アップと言っても移行後のポイントが1000ポイント程度なら大した恩恵は感じない。しかし、これが万単位になれば話しはガラッと変わる。当たり前だが、数千ポイント変わってくるのだ。この1点でdocomoポイントに移行するメリットが出てくる。

例えば僕の場合だと約2年間暖めて現在貯まっている、三井住友VISAカードのプレミアム・ボーナスポイントとGポイントはこんな感じ。
visa
gpoint
これを全部移行したら通常だと約52,000ポイント、キャンペーン期間中なら約65,000ポイントだ。1万ポイント以上変わってきて。めちゃくちゃでかい。

ポイント移行で携帯キャリアポイントを集めるメリット

まあ、ここまでやっている人は珍しいと思うが、携帯キャリアのポイントを他サービスからの移行ポイントで集めるメリットは結構ある。

  • 有効期限が最大化できるため失効するリスクが少ない
  • 必要な分を移行して、使い切る事が可能
  • キャリアが変わっても移行対象を変えるだけでいい
  • docomoに限れば、キャンペーンを活用することでレートがアップする

注意点は携帯キャリアのポイントに1度移行してしまうと、そこから他社のポイントに移行することは難しいと言うことだ。また、移行を申請してもdocomoの場合、最大で2ヶ月程度タイムラグが発生するため、タイミングは意識しておく必要がある。

要するに、使いたい時を意識して、必要なポイントだけ移行して使い切ってしまうのが重要 だ。

ちなみにこうやって大量に集めたポイントは、スマートフォンなど端末購入時に利用する事が多いと思う。この時覚えておいて欲しいのは、機種変更だけでなく新規契約・MNPの場合でも、一括請求グループ(ファミリー割引に登録)してしまえば、利用可能 だ。

ポイントの価値を最大化したければdocomo、使い勝手重視ならauといった感じだろうか(SoftBankの場合は、Tポイントに移行してカメラのキタムラでTポイントを使用して購入という技を使えばレートはauと同じにできそうな気がする)。

終わりに

ポイントというのは収集する事が目的化してしまいがちだが、やはり使ってなんぼ。どうせ使うなら頑張って貯めた分、価値を最大化する形で使いたいはずだ。色々面倒という意見はあるだろうが、こんな事をもう10年近くしており、お陰でdocomo携帯の機種変更でお金を支払った記憶はあまり無い。

移行サービスを使うことで、ポイントサイトでクレジットカードやFX口座を作ったりすると大量のポイントがゲット出来る。それをドコモポイントに移行することも出来るわけで、この作戦を覚えておくと活用の幅が広がると思う。

是非活用していただけたらと思う。

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円を超えるメリットを解説

2016.08.22

dポイント(旧:ドコモポイント)の関連記事

SPONSORED LINK