モーニング娘。センター(エース格)の歴史と重圧。鞘師里保卒業理由と次期センターの条件とは

DSC01101-Edit.jpg

2000年からファンになり、紆余曲折を経て2014年から再びコンサートに足を運ぶようになったモーニング娘。

2014年11月にここ数年リーダーとしてグループを引っ張ってきた道重さゆみが卒業。一気に世代交代が進み、しばらく卒業はないかなぁと思っていたのだが、加入以来センター(エース格)を張ってきた、9期メンバー「りほりほ」こと鞘師里保の卒業が2015年10月29日深夜突然発表された。

昨年末の地点でしばらく卒業はないと思っていたものの、実は今年夏ぐらいから ちょっとやばいんじゃないか って思っていた。

特に心配していたのが今回卒業を発表した鞘師里保。明らかにコンディションが悪そうだった。そして、発表された卒業。驚きより、正直「やっぱりか、、、」と思ってしまったのは否定できない。

モーニング娘。のセンターという重圧とメンバーを引っ張るという責任感に、潰されたのかもしれない。

ちょっと今回の件は、娘。ヲタとして複雑な思いがある、、、

2015年のシングルリリースはたった2枚しかなかったモーニング娘。’15

モーニング娘。はアイドル。
なので、シングルをリリースし、その発売記念イベント(リリイベ)を開催し、その曲を引っ提げてコンサート。これが基本的な活動。つまり、シングルリリースの重要性は非常に高い。

しかも今年は12期メンバーが加入して、装いも新たになっているため、露出という意味でもシングルは多くリリースしそうなものだ。ところが、2015年は4月と8月に2枚リリースしたのみ。2枚しかリリースしていないというのは極めて珍しい。

17年という歴史の中で、年間シングルが2枚しかない年は たった2回。2001年(ザ☆ピ〜ス!、Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜)と2008年(リゾナント ブルー、ペッパー警部)だ。

2001年は僕がバリバリのモーニング娘。ヲタクだった頃なのでよく知っている。
当時は 黄金期 と呼ばれるモーニング娘。の全盛期。つまり忙しすぎた事がシングルが出なかった理由だと思う(さらに言えば初代リーダー中澤裕子の卒業など変化も大きかった)。

2008年は今で言う プラチナ期 の始まりとなった時期。この年も前年に吉澤ひとみが卒業し、世代交代したという意味で今と似ているかもしれない。ただ、ものは言いようで、低迷期なのでシングルリリースが少なかったのだと思う。

だが、今年は違う。
復活・復権なんて言われていたし、長年グループを引っ張ってきた道重さゆみが卒業した直後だけに、プロモーションは頑張らなきゃいけないはず。なのに、それをやっているように見えなかった。想像するに、それができないくらい混乱していたのだと思う。

それは総合プロデューサーのつんく♂(実は2014年一杯で卒業していた事が最近明らかになったが)が喉頭がん治療で療養していたことと無関係ではないにしてもだ。

SPONSORED LINK

モーニング娘。のセンター(エース格メンバー)とリーダーの関係

モーニング娘。というグループは歴史的に明確にセンターと言うのは定めていないが、モーニング娘。の顔 とか エース格 と呼ばれるメンバーは存在する。ただその影でリーダーの存在も非常に重要と思っている。僕の印象だと歴代のエース格メンバーとリーダーってこんな感じだ。

時期 エース格メンバー リーダー
1998~2000 安倍なつみ(1期) 中澤裕子(1期)
2000~2002 後藤真希(3期) 中澤裕子・飯田圭織(1期)
2002~2005 石川梨華(4期) 飯田圭織(1期)
2005~2007 高橋愛(5期) 矢口真里(2期)、吉澤ひとみ(4期)
2007~2012 田中れいな(6期) 高橋愛・新垣里沙(5期) 、道重さゆみ(6期)
2012~2015 鞘師里保(9期) 道重さゆみ(6期)譜久村聖(9期)

何が言いたいかと言うと、結成当初を除き、ほとんどの時期でリーダーがエース格メンバーの先輩だったということ。この事でエース格メンバーは、例えばインタービューなど対外的な活動、グループを代表するような発言はある程度押さえられていた。

僕がモーニング娘。を一番よく見ていたのは2000年~2006年くらいだが、この間のエース格メンバーが、テレビ出演・コンサート・イベントなどで積極的に発言しているのをあまり見たことがない。逆に 自由過ぎる発言や行動 の方が目立った印象がある。「天使」と呼ばれてたなっちこと安倍なつみ(なっち天使!なんてネタが通用する人がいまどれだけいるかw)、近年だと田中れいなが典型だと思う。

最初は結果論としてそうなったのだろうが、これが何もしなくても注目を浴び、時には叩かれたり・非難されるエース格メンバーの負荷・重圧を軽減するための役割分担だったのだと思う。センターの子ってちょっと興味がある程度の一般人には人気があるが、ファン(ヲタク)人気は分かれるものだ。他メンヲタはやっぱ妬むので。そういう時叩かれるのは、センターの子と相場が決まっている。

ちなみに余談だが、ハロプロのユニットでエース格になる子の顔って何となく傾向があるw
上記メンバーで言うと田中れいなだけは僕の中でちょっと異質なのだが、それ以外の子は加入当時の印象がよく似ている。なので、鞘師里保が9期で加入した時、加入前にミュージカルでモーニング娘。と共演していたとか、ダンススキルが凄く高いとか、そういう知識は一切無かったが、「あっ、この子は娘。のエースになるわ」って思ったw

もうこれは感覚的なものなのだがw

エース格メンバーがリーダー的にグループもまとめようとした結末

そんな関係が崩れたのが、道重さゆみ卒業後
エース格メンバーとリーダーが9期(=同期)になってしまった。結果コンサートでは今までとちょっと違う光景が発生していた。2015年春に見たツアー。ここでは鞘師里保がMCとかでも積極的に喋ろうとしていた。

去年5年振りくらいでモーニング娘。のコンサートを見たが、鞘師里保は正直そんなに喋っていなかった。元々ダンススキルが高く、パフォーマー気質なので、そういうメンバーでもなかったと思う。まとめ役含めて、当時のリーダー道重さゆみが回していた。それでグループのバランスが取れていたのだろう。

だが、それが変わった。13人と明らかに大所帯となったグループを必死に引っ張ろうとしてる様子が、何となく見えた。それでも今年春頃まではまだ回せていたのだろう。その後、太ったとか、体調不良で休養、数日前にはグループ内で厳しく後輩を指導する様子などがテレビで流れたりした

非難も含めて全て受け止めようとしている感じがして、これはもうやばいんじゃないかって感じがしていたのだが、そこで発表された突然の卒業発表。近年のモーニング娘。メンバー卒業は、少なくともツアー開始前には決まっていて、千秋楽は「~卒業スペシャル」なんて銘打って、卒業自体が興業という印象もある。

ツアー中に卒業が発表され、そのツアー内で卒業してしまうなんて事は近年例がない。それくらい突然だし、逆に言えば限界だったのだろうなと思う、、、。

SPONSORED LINK

次期エース格メンバーは12期メンバー野中美希(のなかみき)に期待

ここ数年エース格メンバーとして多くの楽曲でセンターを張ってきた鞘師里保の卒業。
そうなると「次は誰?」っていうのが当然気になるのだが、最有力候補は今年に入ってコンサートなどでも明らかに中心的なポジションにいる、10期メンバー佐藤優樹(まーちゃん)なんじゃないかって思う。

だが、僕は敢えてここで12期メンバー野中美希ちゃんを推しておく!
※余談だが12期だと僕は尾形春水(はーちん)推しだw

理由は僕の直感で「この子は娘。のエースになるタイプの子(顔)」って思ったから。あと、やはりエース格の子は後輩にあたるメンバーじゃないとだめだと思うので、12期メンバーは適任だと思うし、そうあって欲しい。

こういう形の卒業発表はもう聞きたくないので。

終わりに

DSC01101 Edit
現在行っているツアーであり、突如モーニング娘。鞘師里保のラストツアーとなった「モーニング娘。’15 コンサートツアー秋 ~PRISM~」。
今週末10/31(土)が出身地である広島公演、11/1(日)が岡山公演という事で、実は岡山公演のチケットを1枚入手していた。

正直今回の件は「卒業おめでとう!」って言う気にもなれず、正直鞘師ヲタさんにはかける言葉がない、、、。ちょっとモヤモヤした感じはあるのだが、これが見納めになってしまうので、しっかり見てこようと思う。

最後に、鞘師里保の卒業発表のブログ記事を引用。

いつもモーニング娘。’15を応援していただきありがとうございます。

皆様にお伝えしなければいけないことがあります。

私、鞘師里保は、
今年の12月31日をもってモーニング娘。を卒業します。

幼稚園の時から憧れだったモーニング娘。に小学6年生で加入して約5年間、
つんく♂さんをはじめ、多くのスタッフの皆さん、モーニング娘。とハロー!プロジェクトのメンバーの皆さん、そして何よりファンの皆さんに支えられて今日まで走り続けてきました。

ですが、その走り続けている中で今後の人生を考えることが今年に入り多くありました。
一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがあるのでは?と思うようになりました。

事務所の方々と何度も相談し、今年から本格的に始動した12期メンバーの後輩達の成長が確認できたこのタイミングでモーニング娘。を卒業する事を決めました。

卒業日に関しても、モーニング娘。に加入して丸5年、
「モーニング娘。’15」として最後の日、12月31日のカウントダウンライブで卒業することを決めさせて頂きました。
モーニング娘。のツアーは、12月7日、8日の日本武道館公演が最後となります。

突然の発表になってしまってごめんなさい。
驚かせてしまったと思います。
でもこれまで私の中でずっと思い悩み続けていました。
その中で導き出したのが、今回の決断です。

今後は、英語やダンスを学ぶために留学をしたいと考えています。
そのなかで、たくさんの経験を積んで大きく成長し、早く戻ってこられるように頑張っていきたいです。

卒業まで2ヶ月と限られた時間となってしまいますが、
それまで、メンバー達と共に「モーニング娘。’15」を全うしたいと思います。

12月31日まで全力で駆け抜けていきたいとおもいますので、皆さんよろしくお願いします!

モーニング娘。’15
鞘師里保

引用元:ご報告 鞘師里保

SPONSORED LINK

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK