シンプルが一番!OMAKER社の車載ホルダー「Universal Car Holder 2 in 1」レビュー【PR】

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1

こんにちは!坂井(@sakaimi)です。

今回は、スマホ車載ホルダーのレビューです。OMAKER社より依頼いただきました。

スマホの車載ホルダーって大きくて邪魔そう…なんて思っていましたが、そんな印象ががらりと覆されました。写真を交えながらご紹介します。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

OMAKER社「Universal Car Holder 2 in 1」主なスペック

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1A
  • パッケージ内容:磁力ホルダー、丸型プレート(磁石)×1、角型プレート(磁石)×1、エアコン吹き出し口マウント×1、ダッシュボードマウント×1
  • 販売価格:1,199円(Amazon.co.jp)
  • 保証期間:18ヶ月
  • エアコン吹き出し口マウントは2.5mm-3.5mm、1.5mm-2.5mmと挟み込める厚さを切り替え出来ます
  • 最大耐荷重は250g
  • 海外製ですが、取扱説明書は日本語訳つき
取扱説明書の日本語ページです。違和感のある翻訳はほとんどありません。

取扱説明書の日本語ページです。違和感のある翻訳はほとんどありません。

意外と困る、車の中でのiPhoneのやり場

d46054944470ddb522e8f060a476f49f_m
我が家では休日など家族で外出する際、

  • 運転席:夫
  • 助手席:わたし
  • 後部座席:2歳の娘

という位置で座ります。

運転席と助手席の間にドリンクホルダーがふたつあり普段はここに夫とわたしのiPhoneが収まります。しかし、飲み物や飴の袋などちょっとしたものが置いてあると違う場所(ドアのポケットとか)にiPhoneを置き、しばらくするとそれを忘れて「あれ、iPhoneどこいった?」となる事がよくあります。

最近の車種だと、そうならないようにモバイルホルダーなど搭載されているようですが、我が家の車は9年前のスバル・フォレスター(2代目)。ETCのない時代の車だからか小銭入れはあちこちにあるものの、モバイルホルダーみたいな気の利いたものはありません

さらに、iPhoneに取り込んだ音楽を聴きながらドライブしている事が多いので、乗車中にもiPhoneを触る機会はたびたび訪れます。そのたびに、「えーっと、iPhoneどこ?」となります。

  • 「iPhoneどこ?」のもたつき
  • iPhone置き場代わりであるドリンクホルダーの取り合い

この2つを解消できるんではないか…と思い、今回の製品に興味を持ちました。

SPONSORED LINK

実際に使ってみました

さっそくOMAKER社より提供いただき、使ってみました。

付属の薄型磁石を、両面テープでスマートフォン本体に貼り付けます。かなり薄い磁石で、この上からシリコンケースなら被せられそうです。

ただ、ハードケースはダメでした。わたし自身のスマホケースがハードケースなのですが、磁石の少しの薄さすら邪魔になりケースをパチッと被せ切ることができませんでした。なので、今回は裸で試します。

付属の磁石をスマートフォン本体に張り付けます。

付属の磁石をスマートフォン本体に張り付けます。

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1

黄色のホルダーへ、ぴたっ。ホルダーも磁石なので、磁石同士でしっかりくっつきます。

エアコン吹き出し口マウントで取り付けるとこんな感じです。

エアコン吹き出し口マウントで取り付けるとこんな感じです。

ダッシュボードマウントを使って、ダッシュボードに取り付けました。自然に溶け込んでいます。

ダッシュボードマウントを使って、ダッシュボードに取り付けました。自然に溶け込んでいます。

ダッシュボードマウントをフロントガラスに付けました。

ダッシュボードマウントをフロントガラスに付けました。

見た目がとてもスマートです。iPhoneが浮いてるみたい。磁石タイプならではですね。特にエアコン吹き出し口マウントは、とても小さくてすっきりしています。これだけでも価値があります。

パーツが2つ付属していて、使い分けが可能です。

  • ダッシュボードマウント(ダッシュボードにくっつけるパーツ)
  • エアコン吹き出し口マウント(エアコンの吹き出し口に取り付けるパーツ)

この2つのパーツがセットになっています。

一方のパーツはエアコン吹き出し口に取り付けるため、冬場など暖房を使う際に熱風が出てくる場所への取り付けに不安を感じる際はダッシュボードマウントに切り替えたり…なんて、季節による使い分けが出来そうです。

デザインは、黒一色でツヤ消し素材なので、だいたいの車に溶け込みそうなデザインです。

思ったより小ぶりで邪魔になりにくく、磁石も吸盤も強力!

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1

こういった車載ホルダーはもっと大きかったり、しっかりしている(ゴツい)イメージでした。しかし実際に手に取ってみるととても小ぶりでびっくりしました。

ダッシュボードに取り付けても、運転時に視界を遮ることはもちろんありませんし、むしろかなり小ぶりでスマートです。我が家の車は外付けのナビを着けているのですが、これを取り払ってiPhoneをナビにして、この車載ホルダーを使いたいと思うくらいでした。

また、こんなに強力な磁石をiPhoneの後ろに貼り付けて大丈夫なんだろうか?というくらい磁力が強いです。車載ホルダーからはがす時に、軽く力がいるほどです。

とにかく強力な車載ホルダーをお探しであれば、これで十分かと思います。

ダッシュボードマウント。ダッシュボードと名前に含まれていますが、フロントガラスにも取り付け可。

ダッシュボードマウント。こんな名前ではありますが、フロントガラスにも取り付け可。

さらに、ダッシュボードマウントについている吸盤もとても強力です。こちらのマウントはダッシュボードはもちろん、フロントガラスにも接着し使うことが出来ますが、ガラスに吸盤の跡が残ります。着け直しはあまりおすすめ出来ません。慎重に取り付けましょう

吸盤は、ゴミの付着などで粘着力が落ちた場合でも水洗い出来て、さらに粘着力も復活するそうです。長く使い続けられるための配慮が嬉しいですね。

この黄色は好みが分かれそう

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1
実際に利用する際は、スマホで隠れて目につかない部分ではあるのですが、どうしても気になるこの黄色。

メタリックの縁取りが洗練されたかっこいいデザインなのに、好みが大きく分かれそうな黄色をドカンとメインの位置に持ってきているのは個人的には残念です。

こういった車載ホルダーを手に取る際、「自分の車に溶け込むデザインかどうか」が選択肢に含まれるかと思いますが、この黄色はかなりハードル上げてるなぁ…と感じました。

せめてカラーバリエーションが他にあればと思うものの、現時点ではこの黄色一種類のようです。

メーカーのイメージカラーゆえの配色かと思いますが、せめて黒や白などカラーバリエーションがいくつかあればいいなぁと思います。

良い点、悪い点をまとめると…

良い点

  • (ホルダーの黄色以外は)どの車種にもしっくり来る、黒一色のシンプルなデザイン
  • 全体的に小ぶり
  • 説明書に日本語訳も掲載されている
  • 吸盤が強力で、ゴミがついても水洗い出来る
  • 使用時もスマート、まるでスマホが浮いてるみたい

悪い点

  • なぜ黄色にした…な、磁石部分
  • ダッシュボードに着けるパーツの、吸盤の跡がフロントガラスに残ってしまう

以上です。

黄色が好きな方には問答無用でおすすめですが、個人的には、色にこだわらず、シンプルで磁力の強い車載ホルダーをお探しの方にもおすすめしたいです。

終わりに

OMAKER Universal Car Holder 2 in 1
スマホの車載ホルダーって大きくて邪魔そう…なんて印象を持っていましたが、磁石タイプだとこんなにもスマートになるんだと実感しました。

これまで黄色黄色と言っていますが、すごく気に入り、今でも我が家の車で活躍してくれている車載ホルダーです。「iPhoneどこ?」のもたつきももちろん解消されました。

札幌という豪雪地帯に住んでいるため冬場はダッシュボードマウントで利用することになりそうですが、2つのパーツがセットになっているため買い替えを心配せずに長く使い続けられるのはとても助かります

2通りの使い方が出来て価格が1,199円というのはかなりお手頃価格ではないでしょうか。

我が家の車の内装に合う、黒や白などのカラーバリエーションが出ることを強く期待しております。

車載ホルダーをお探しの方、ぜひ一度試してみてください。

スマホの車載グッズに関する記事

SPONSORED LINK