運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPod Touch(初代)のOSバージョンアップ。使って感じたiPod Touchの位置付けとは

SPONSORED LINK

昨日iPhone、iPod Touch向けのSDKに関する発表があった。その内容としてはまあ予想通りで、これからこのSDKを使ったネイティブアプリが数多く開発されることだろうと思う。

だが、非常に気になる一文が、、、

iPod Touchには有料でリリースされる

この言葉を見て愕然とした。そして、1月にiPhoneで標準搭載されているソフトがiPod Touch向けに有償で公開された時に思い始めていたことがほぼ確信にかわった。

SPONSORED LINK

ハッキリしないiPod touchの位置付け

僕はiPod TouchってiPod shuffle→iPod nano→iPod classicと続くiPod達の中で最上位に位置するフラグシップ機であると思っていた。

だがどうやら違うようだ。iPod Touchはこれらには属さず単純にiPhoneの機能削除版と考えた方が良いみたいだ。

確かに見た目はiPhoneと瓜二つ。

機能の違いも電話として使えるか否かくらいだ。

そういう意味では当然なのだが、それでもiPodという今や音楽プレイヤーの代名詞とも言える名前が与えられているのだから、この部分はiPhoneと差別化して行く部分なのだと思っていた。

ところが実際は追加ソフトとはいうもののそれはiPhone向けのものと変わらず、肝であるはずの音楽機能すらもそれらと同じ扱いとなっている。

メールアプリとかは必要ない人もいるだろうから有償でもそれはそれでいいかなとは思う。

でも、歌詞表示とかの音楽再生機能に関しては無償で提供してほしかった。僕も音楽プレイヤーというより動画とかブラウザ機能に魅力を感じて買った人間だ。

ネイティブアプリが増えていろんな事に使えるようになり、追加ソフトによって機能が追加されるのは嬉しいが、それらは全てiPhoneのお下がりと言えるものでかつ有償で提供されるというのが今回ではっきりしてしまった。

iPod Touchはどうもあまり売れていないようだが、一番大きな理由は値段。あとは音楽再生機能ではiPodに劣り、拡張性ではiPhoneに劣るという何とも中途半端な位置づけがそうさせている気がする。

初物に手を出したらこういうことになると分かっていたとはいえ、正直周りにもiPod Touchいいよ!!って勧められないのが何とも口惜しい。

製品としてはすばらしいし、所有欲も十分に満たしてくれる。だが、今買うべきものではないと正直思ってしまう、、、

初代iPod touchに関する記事

チー
僕が初めて買ったApple製品は「初代iPod touch」です。当時のレビューを抜粋して紹介します

iPhoneの最新モデルは「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」ですが、価格が高いです。

2018年モデルの「iPhone XR」は2度目の値下げが実施され、今がそこねなので最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

iPhone XRは2020年10月から「1万円」値下げされ、SIMフリー版も「54,800円〜」と底値になりました
買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone XR徹底レビュー
型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone XRユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!