SPIGEN SGP iPhone 5/5s/5s用保護ガラス「GLAS.tR スリムプライバシー(SLIM RPIVACY)」レビュー。覗き見防止機能付き液晶保護ガラス

iPhone SEアクセサリ
SPONSORED LINK

ガラケー時代に流行っていたアクセサリーの代表格はストラップ。もう一つは覗き見防止用液晶保護フィルムじゃないかと思う。

スマートフォン時代になり、特にiPhoneはストラップホールがついていないためストラップ文化は衰退。

覗き見防止フィルムも、大きな画面が魅力のスマートフォンではむしろ邪魔に感じる人が多いのか、あまり見なくなった。

僕もガラケー時代は使っていたことがあったが、覗き見防止フィルムって案外使い勝手が悪い。

一番大きいのは他人から見えづらいかもしれないが、そもそも自分も見づらくなる。あと、製品の性質上どうしても色が付いているので、デザインを損なってしまう。

シャープ製ガラケーにはベールビュー液晶なんて言うハード的に実現した機能もあったが、いらない人には邪魔でしかなかった。

そんな感じで最近使っている人をあまり見なくなった覗き見防止フィルムだが、ガラス製液晶保護フィルムの元祖SPIGEN SGPのシュタインハイルGLAS.tシリーズで、覗き見防止のプライバシー保護ガラスが発売される。

「SPIGEN SGP GLAS.tR スリムプライバシー(SLIM RPIVACY)」という商品名で、今回メーカーのSPIGEN SGPさんからレビュー依頼を頂いたので紹介してみる。

SPONSORED LINK

製品の外観

DSC04984
こんな感じ。
DSC04985
基本的な構成は他の現在GLAS.tシリーズと同様。

違うのは当然保護シートの部分となる。現在GLAS.tシリーズで一番薄いのはナノスリムというタイプで僕も使用しているが、

Spigen iPhone 5/5c/5s用保護ガラス「GLAS.tR NANO SLIM」レビュー。驚異の薄さで装着感0の最強保護ガラス

2013.10.15

これはスリムというタイプで暑さは0.4mmとなる。

で、肝心の保護フィルムだがこんな感じだ。
DSC04987
見ての通り全体的に薄黒い。白い台紙の上に乗せたらその黒さが分かるかと思う。
DSC04989
まだ貼り付けていない状態で手持ちのiPhone 5s スペースグレイに乗せると全く違和感がないが、
DSC04988
iPhone 5s ゴールドに乗せると全体的に薄黒くなり、デザイン的にはイマイチな感じとなってしまう。

つまり、これは前面が黒いiPhone(iPhone 5cとかiPhone 5sのスペースグレイ)に最適な製品となり、メーカーとしてもそれを推奨しているようだ。

覗き見防止プライバシー保護フィルムとしての効果は?

DSC04991
というわけで早速iPhone 5s スペースグレイに貼り付けてみた。全く違和感はない。
貼付のハードルがフィルムに比べて高いGLAS.tシリーズだが(関東近郊の方は渋谷にあるSPIGEN SGPストアで購入すれば、無料で貼付してくれる)、何だか慣れてきた気がするw
DSC04990
まずは正面から見てみるが、見づらさは全く感じない。
DSC04991
で、覗き見防止としての真骨頂となる横から見た場合だが、少し横から見ると確かに見えづらくなる。
DSC04992
そしてもっと離れるとほぼ真っ黒で見えなくなる。
DSC04993
反対からみても同様。
DSC04994
ホームボタンおよびTouch IDとの干渉はもちろん問題なし。

この手のフィルムにありがちな、「自分も見づらい」という状況にはあまりならないように感じた。その分「覗き見防止」としての性能は多少劣るかもしれないが、個人的にはこれくらいが最適と感じる。

この辺りパッケージに「オリジナルテクノロジー」なんて表記があるが、メーカーとしてもどの角度から見えづらくするかを、かなり検討したんだろうなというのを伺わせる。

SPIGEN SGPさすがだな、と思った。

終わりに

僕がGLAS.tシリーズに惚れ込んでいる理由の1つに、指を滑らせた時の手触りの良さがある。

これに慣れると、普通の液晶保護フィルムなんて使えなくなってしまうのだ。

また、価格が4,000円程度とフィルムとしては決して安くないが、落とした時に液晶が割れて、本体を交換する手数料(AppleCare+に加入していても7,800円)を考えたら安い。

もちろんこれを貼ったからといって絶対大丈夫というものではないが、つい先日iPhoneを落としてGLAS.tだけが割れてしまったというシーンが有り、効果は確かにある。

iPhone落下事故から本体を守ってくれた、SPIGENの保護ガラス「GLAS.t」の偉大さ

2014.01.26

その辺りの性能は他のGLAS.tシリーズともちろん変わらない。

GLAS.tシリーズは発売から2年弱経過し、通常タイプと側面がラウンド加工されたGLAS.tRシリーズ、更に厚さ別に無印・スリム・ナノスリムと種類がかなり増えてきた。

今回それにプライバシーというタイプが増えたわけだが、若干混乱するかもしれない。

ガラスフィルムは最近は販売するメーカーも増えて来たが、フィルムとの大きな違いは分厚さ。

どうしても分厚く感じてしまうのがネックなので、万人にお勧めできるのは「GLAS.tR ナノスリム」、覗き見防止機能も欲しいなら「GLAS.tR スリムプライバシー」という感じかもしれない。

まあそれでも一番の魅力は手触りで、GLAS.tシリーズは何を買っても基本後悔しないと思える、お勧めのアクセサリーだ。

iPhone以外でもXperiaなど代表的な端末にも展開されているので、お手持ちのスマートフォンで1度導入してみてはいかがだろうか。

関連記事

iPhoneに保護フィルム・ガラスは必要?いらない人は「画面コーティング」だけでもやっとこう!

2015.10.10

iPhoneの画面が汚れ・皮脂・指紋できたないなら丸洗い!水で洗うとキレイになるよ

2016.11.12

iPhone SEの液晶保護は保護ガラス(ガラスフィルム)がおすすめ。薄くて安いガラスを選ぼう

2017.03.28

iPhone 8 Plusを清潔に保つなら安くて・薄いガラスフィルムがおすすめ!0.15mmの極薄ガラスを試してみた

2017.09.27

iPhoneの液晶保護フィルム・ガラスに関する記事

あわせて読みたい

SPONSORED LINK