2018年度は仕事とプライベートの境目をなくし、働き方を変えて育児を両立するべく『野心的』に生きます

2018年度は野心的に
SPONSORED LINK

本日は2018年4月1日で、新年度に入る。

  • 社会人として、16年目
  • 今勤めている会社に入社して、10年目

大企業ではないため、異動などもほぼなく、感慨は薄いが、気分を新たにする時だ

普段ならそんなものだが、2018年度はちょっと特別な想いを持って迎えることになる。

まだ、ちょっと言えないこともあり歯切れが悪い面もあるが、

やりたいことが沢山あるので、『野心的』に生きたい

と思っていて、そういう印象が強まるだろうなぁと思っている。

複数の顔を持って生きてます

僕は今38歳だが、周りを見れば、

  • 会社員(または経営者)
  • 父親

この2つの肩書きだけで生きている人が非常に多くなった。

「いい歳して」なんて言われることは増えて来たし、この2つの肩書きで生きることが『普通』なんだと思う。

ただ、僕はやめた。

今は、

などいくつかの一面を持っていて、それを見せるようにしているが、意図的にやっている

結構驚かれるが、

会社の同僚とかも見ているかもしれないFacebookでも、ブログ記事やイベント情報を全てシェアしている

ネットとリアルというか、会社員の仕事とプライベートに区切りを付けないようにしている。

周りから見れば複数の顔かもしれないが、僕は僕なので顔を切り替えることはできないからだ

仕事とプライベート、オンとオフの境目を無くす

仕事のスタンス

とはいえ、

  • 会社にいるときは、会社員
  • 家に帰ったら、プライベート

と分ける人は多いし、それが普通だと思う。それがいいって人もいるだろう。

僕がそれをやらないのは、切り替えることって心理的な負担が大きいなと感じたからだ

よく行き詰まったときに、

切り替えよう

っていうが、実際そんなに上手く行くことは多くない。じゃあ、無くせばいいかなと僕は思った。

それを当たり前にすれば、負担も感じない。

やろうと思ったときに行動する

ということだ。一例を挙げれば、

  • 会社のメールや連絡は、業務時間外でもチェックするし、必要に応じてコンタクトもとる
  • いつでも仕事をする
  • それができるように、ガジェットや通信機器を常時持ち歩く

というようなことだろうか。

当たり前でしょと思う人もいるだろうし、「よくやるわ」って思う人もいると思う。

フリーランスの人なんかは同意してくれる人が多い気もする。

敢えて言えば僕は、会社員だけどフリーランスみたいになっていた

選んで仕事をしたい

こういうことを書くと、

凄いですね。意識高いですね

なんて言う人もいるが、そんな高尚なものではない。

僕がこういうことをやっている、基本的なベースは『怒り』だ。

スピードの遅さや、物事の進め方にイライラすることが多いので、巻き込まれないようにそうしている

だが、そういうのも正直ちょっと飽きてきたし、そもそも合わせることにストレスを感じることも増えて来た。

僕は基本的に、1人で黙々と作業するより、複数人で作り上げていく作業の方が好きだ。

同じゴールだとしても、1人で達成するより、何人かで達成した方が、満足度は絶対高いと思っている。

岡山スマホユーザー会岡山ブログカレッジといったイベントで、複数人運営体制を敷いているのはそういう理由もある。

一番の違いは、

仕事の内容・一緒に仕事をする人を、選べるか選べないか

だと思っている。

本業はシステムエンジニアです

子育ても大切
僕は今システムエンジニアの仕事をしている。
これが、今までもこれからも僕の『本業』だ。

  • 顧客のやりたいことをヒアリングする
  • 設計する
  • 顧客に説明する、交渉する、問合せに対応する
  • プログラミングする
  • テストする
  • リリースする

規模は小さいが、普通はこの中の一部を担当することが多い中で、これらのことをほぼ全部担当している辺りが、僕に合っていると感じている。

何故かと言えば、僕は一部のことに注力するより、全体を俯瞰して広く浅く関わりつつ、調整するのが得意だと思っているからだ。

プログラミングスキル、交渉スキル、業務知識などを単体で見れば、僕より優れている人は沢山いるが、総合力が僕の強みだ。

そういう仕事ができるようにしたいと思っている。

そして、僕が仕事以上に大事にしたいのは、子育てなので、『働き方』についても違った形を実現していきたい

終わりに

2018年度は野心的に

僕はイベント運営をしているが、基本コンセプトは『僕が主役にならない』ことだ。

主催者が主役というのは、特にWEB界隈ではよくあるスタイルで、それが結果として差別化に繋がり、褒められることも増えて来たが、

全ての行動が、みんなのため

とかいい人ぶる気はない。

僕は僕なりの野心があるし、あまり見せないようにしていたのは事実だが、2018年度は僕のやりたいことを実現するために、野心的に行動しようと思っている。

SPONSORED LINK

2018年度は野心的に

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)