草原祭り!松浦亜弥コンサートツアー2003「あややヒットパレード!」ファイナル at 名古屋センチュリーホール

僕もあややは大好きでした
松浦亜弥
SPONSORED LINK

2003年12月7日に行われた、松浦亜弥コンサートツアー2003「あややヒットパレード!」ファイナル参加時のレポートです。

この記事は旧サイト(2001〜2004まで運営していたモーニング娘。ファンサイト)で公開していた記事のリメイクです。最新記事とは文体などかなり違いますが、敢えて当時の雰囲気を残しているため、略称など分かりづらい点があることはご了承ください

SPONSORED LINK

セットリストと内容

セットリスト

  1. ドッキドキ!LOVEメール
  2. トロピカ~ル恋して~る
  3. <MC>

  4. THE LAST NIGHT
  5. <MC>

  6. The 美学
  7. <MC>

  8. GET UP!ラッパー
  9. SHALL WE LOVE?
  10. <MC>

  11. I know
  12. <MC>

  13. GOOD BYE 夏男
  14. ね~え?
  15. <MC>

  16. 桃色片想い
  17. LOVE 涙色
  18. Yeah!めっちゃホリディ
  19. <アンコール>

  20. 草原の人
  21. 笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~

名古屋センチュリーホールでの松浦亜弥コンサート(あややコン)ファイナル。

2003年8月30日の埼玉県三郷からスタート。2002年12月7日の名古屋まで前55公演をこなすというハードスケジュールのツアーでした。その結果、途中から明らかにコンディションが悪くなり、セットリストの度重なる変更などで「カットパレード」と揶揄されたりもしたツアーです。

凱旋コンサートでもあったので

「姫路で締めておくのが正解」

などと言われたりしましたが、何かと話題になった「あややヒットパレード」の最後を見たくて、あややに「お疲れさま」と言いたくて行ってしまいました。

結局このツアーを10回も見た計算となります。

ファイナルのポイントは「草原の人」だったわけですが、自分の中でも2002年から続いたこの曲に対する様々な思いの総括となるコンサートでした。

松浦亜弥「草原の人」の思い出

ちょうど1年前の2002年12月。

当時新曲で美空ひばり作詞ということでも話題になった「草原の人」を聞きたいと思って、名古屋センチュリーホールに足を運びました。

その時ちらちらと噂になっていたのが「草原の人」を歌う時、緑のサイリウムで会場を埋め尽くそうという企画です。
結果は見事に失敗。

そして、2003年春ツアーから「草原の人」はアンコール後に歌われるようになり、曲調的に流れを分断すると言う事で大嫌いな曲になりました。

秋ツアーにおいてもその気持ちは変わらなかったですが、鳥取公演でこの曲を歌う表情を見て再び好きになりました。ところが、その公演を最後にセットリストから消滅。

緑のサイリウムで覆い尽くす「草原祭り」が大成功

そして2003年12月7日のファイナル。

11月から再びセットリストに戻った「草原の人」で、緑のサイリウム企画が発動。今回は大成功でした。

あややも絶句で歌えない。会場で大合唱。曲の中で「ありがとう」を繰り返してました。体を左右に揺らしながらあんなに嬉しそうに、あんなに気持ちよさそうに歌うあややを見たのはもちろん初めてです。

でも、個人的に一番よかったのはその直後。

普通なら改めて「ありがとうございます」でも言いそうなものですが、第一声で、

ねぇねぇ、どうやってやったの?

その一言で会場の空気が和んだ気がしました。

アイドルサイボーグなどと呼ばれた2002年のあややコンとは違う、これが2003年のあややコンなんだなって。

涙を流さないための強がりだったのかもしれません。「お疲れさま」と叫ぶヲタが多い中で「お疲れさまじゃないよ」と否定したところからも、それは読み取れます。

終わりに

本人も今年は自信をなくしてつらくなった事があったとは言ってました。

裏を返せば3000本ものサイリウムがばら撒かれて成功しないほうがおかしい企画ではありますが、あややが自信を取り戻せるならそれでいいよ。

2003年のあややコンはたくさん見た人ほどいろいろ思うところはあったでしょうが、何もかも忘れて「これからも応援しよう」って思えました。

あやや1年間ありがとう。

そして来年も素晴しい歌とステージ、何より楽しいコンサートをやって下さい。
あやや頑張れ!

ハロプロに関するお勧め記事

あわせて読みたい

SPONSORED LINK