運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

大注目!Bluetoothヘッドセット「SBH52」がすごい!

SPONSORED LINK

僕はBluetooth機器が大好きだ。

何でかって1度ペアリングすればすぐに使えるし、消費電力が少なく長持ちするからだ。なので、Bluetoothヘッドセットは長年使っている。そんな僕が一番欲しいと思っていたのは、実はハンドセット。

スマホは電話としてはどうしても使いにくいし、ハンドセット欲しいなぁと思っていたが、それらしいものはウィルコムのSOCIUS(WX01S)くらいしかなかった。ところが、昨日大注目の発表があった。

世間は「Xperia Z Ultra」に注目するだろうし、僕も興味はあるのだが、それよりも同時に発表されたBluetoothヘッドセット「SBH52」ですよ。

これは、日本国内で発売されたら絶対に欲しい!

SPONSORED LINK

Bluetoothヘッドセット「SBH52」の注目ポイント

「ファブレット」と呼ばれるジャンルのスマホとしては大きい電話である「Xperia Z Ultra」とペアリングしておいて、電話がかかったら「SBH52」をシュッと取り出して会話する。

何がいいって、今までありがちなヘッドセットだけでなく、ハンドセットとしても使える事だ。しかも、コンパクト。

ヘッドセットは電話する機会が多い人には便利なのだが、あれを四六時中付けとくかと言われると、結構邪魔だし、街中で会話すると案外恥ずかしいんですよね。

何独り言言ってんだ?って顔でよく見られるし、僕もそういう人いたら見てしまうからw

ハンドセットであればそういう事はない。

何とセットで使いたいか

SBH52
SONY製品であるため「Xperia Z Ultra」となら確実に動作保証されるだろうが、Bluetoothということで対応製品が広がる事も期待できる。

何に一番期待したいかって、「AQUOS PAD SH-08E」だ。

これはヘッドセット経由であれば電話としても使えるタブレットで、実はNexus 7の次期モデルがなかなかでないから今狙っているのだw

僕のガジェット構成はiPhone 5とdocomoのガラケー。ガラケーを使う理由は電池の持ちがいいことが一番だが、もう一つはコンパクトで電話としては一番使いやすいからだ。

これが、「AQUOS PAD SH-08E」と「SBH52」の組み合わせが実現出来れば、もうガラケーはいらなくなるかもと思える。

日本国内での発売はまだ未定だが「Xperia Z Ultra」も当然気になるし、何だか秋辺りにはかなり理想的なガジェット構成が実現出来そう。

「SBH52」は是非国内で発売して欲しいし、これは注目だと思います!

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

▼iPhoneユーザーでノイズキャンセリング機能が欲しいなら「Pro」
AirPods Proレビュー

Apple「AirPods Pro」レビュー。買って満足!アクティブノイズキャンセリング機能・つまむ操作が使いやすい!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年5月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!

2 件のコメント

  • […] >>大注目!Bluetoothヘッドセット「SBH52」がすごい! Author: […]