iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」レビュー。テレワークに最適!PCとスマホに同時接続できるマルチポイント対応が魅力【PR】

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」レビュー
SPONSORED LINK

2016年頃まで「ワイヤレスイヤホン」といえば、左右のイヤホンはケーブルで繋がっているものが主流だった。

このタイプ最大のメリットは、安定感とバッテリー駆動時間が長いことだと思っているが、AirPodsの登場以来、左右独立型の「完全ワイヤレスイヤホン」が主流となった。

しかし、従来型のワイヤレスイヤホンも数は減ったものの販売されており、安価で高機能であることが魅力

この記事で紹介する、TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」は、全世界累計200万台以上を記録したベストセラーモデル「TT-BH07」のバージョンアップ版

  • 価格が「3,500円(税込)」と安価
  • 連続再生時間20時間
  • 2台同時に接続できる「マルチポイント対応」

といったあたりが魅力。

チー
コロナ禍でテレワークが増えたので、パソコンとスマホに同時接続し、1日中つけてもバッテリーが切れない安心感が魅力!

早速紹介しよう。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」の概要

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」

今回紹介する、TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」はTaoTronicsブランドだが、販売主体が「e☆イヤホン」となっている日本専売モデル。

OEM版という感じの製品だ。

スペックのうち、僕が気になる部分のみピックアップすると以下の通り。

方式Bluetooth 5.0
対応プロファイルA2DP(オーディオ)、AVRCPA(リモートコントロール) HFP(ハンズフリー)、HSP(ヘッドセット)
対応コーデックSBC, AAC
通信方式完全ワイヤレスイヤホン(左右独立型)
電池持続時間(連続音声再生時間)20時間
防水あり(IPX5相当)
ノイズキャンセリングなし
音声アシスタント対応
イヤホンサイズ(幅×高さ×奥行)690 mm x 29.4 mm x 32 mm
重さ17.8g
価格3,500円

2020年現在主流の完全ワイヤレスイヤホンではなく、左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプなので、バッテリー駆動時間が「20時間」と長いのが特徴

完全ワイヤレスイヤホンは長いモデルでも「6時間程度」、ケースによる充電含めて20〜30時間なので、単独で20時間使えるというのはかなり長い

その割に価格は安くAmazonでは「3,500円(税込)」で販売されている。

今回はホワイトをレビューするが、カラーバリエーションは以下の4色。

カラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • ピンク
  • レッド
TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

開封レポート

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」パッケージ TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」パッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
パッケージは特に凝ったものでもないが、安っぽくもない感じの作り。

「JAPAN LIMITED」の文字が目立つ!

開封 同梱品

同梱品は以下。

「TT-BH07 MK2」」の同梱品
  • イヤホン本体
  • micro-USBケーブル
  • イヤピース 3ペア ( S / M / L )
  • イヤフック 3ペア ( S / M / L )
  • 収納ポーチ
  • 取扱説明書(日本語対応)
イヤーピース

3サイズあるイヤーピースとイヤーフック。

説明書

日本限定モデルなので、取扱説明書も当然日本語対応している。

有線イヤホン

久々にみる左右のイヤホンが有線で接続するタイプ(笑)

マグネット搭載

イヤホンにはマグネットがついており、持ち運び中にからまりにくいような配慮が嬉しい。

再生ボタン長押しで利用開始

初回利用時は、再生ボタンを長押しすると電源が入る。

引き続き長押ししているとペアリングモードとなり、スマホ側で接続すればセットアップ完了だ。

慣れている人なら1分かからない。

装着後の状態 左側

装着するとこんな感じ。
イヤーピースが耳にフィットするような構造で、装着感は良好。

操作はリモコンを利用する

タッチパッドではなく、物理ボタンを押して操作。

充電はmicro-USBを利用する。

2020年現在はUSB-Cがかなり普及してきたので、できればUSB-Cがよかったなあとは思った……。

TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

「TT-BH07 MK2」を使った感想

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」レビュー

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」を使った感想として、以下の3点が高評価だった。

「TT-BH07 MK2」をのここがいい!
  • 安定感ある音質。動画再生時の遅延もほぼなし
  • バッテリー持続時間は「20時間」と長い
  • マルチポイント対応で、2台以上のPC・スマホから同時接続可能

安定感ある音質。動画再生時の遅延もほぼなし

有線イヤホン

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」は、音質面をそれほどアピールしていない。

ただ、完全ワイヤレスイヤホンよりは音質がよいし、接続安定性が勝っていると感じた

完全ワイヤレスイヤホンは左右どちらかがスマホと繋がり、もう片方に音を飛ばす「リピーター方式」が主流。

  • 音がずれる
  • 片方だけ音がきこえる

なんて事例は珍しくないが、左右のイヤホンが有線接続されている「TT-BH07 MK2」にはそれがない。

もちろん、動画再生時の遅延もなく、音質重視ならこれだなと感じた。

チー
ケーブルはちょっと邪魔に感じるけど、安定性は抜群!
TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリー持続時間は「20時間」と長い

マグネット搭載

冒頭でも紹介したが、左右独立型ではないため、バッテリー持続時間が「20時間」と長いのも嬉しいポイント。

完全ワイヤレスイヤホンは長くても6時間程度なので、圧倒的に長寿命。

充電なしで丸1日使える

という安心感は大きい。

TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

マルチポイント対応で、2台以上のPC・スマホから同時接続可能

マルチポイント対応

最後は少しマニアックだが、複数機器の同時接続規格「マルチポイント」に対応している

具体的には「2台同時接続」に対応しているため、パソコンとスマホに接続して切り替え不要で利用できる。

2020年はコロナ禍で、テレワークが一気に普及した。

  • 作業用のパソコンはZoomなどWEB会議
  • スマホは電話や音楽再生

という感じで、使うシーンも珍しくないが、完全ワイヤレスイヤホンでマルチポイント対応は皆無なので、ここは大きな強みといえるだろう。

チー
マニアックな機能ではあるけど、コロナ禍では必須機能になったと思う!
TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

「TT-BH07 MK2」のここがイマイチ

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」レビュー

音質など基本的には高評価のTaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」だが、もちろん欠点もある。

僕が気になったのは以下の3点

「TT-BH07 MK2」のここがイマイチ
  • 充電は「micro-USB」で「USB-C」非対応
  • ケーブルのとり回しが面倒
  • ペアリング操作に一手間かかる

充電は「micro-USB」で「USB-C」非対応

充電はmicro USB

Androidスマホは2020年現在、ほぼ全製品が「USB-C」を充電コネクタに採用している。

かつては「micro-USB」が主流だったが、一気に切り替わった。

「TT-BH07 MK2」を僕がおすすめしたいのは、iPhoneユーザーよりもむしろ、Androidユーザーだ

iPhoneの場合、「AirPods」という絶対的存在があり、少々音質がよくても利便性の面でどうしてもかなわないが、Androidは絶対的な存在がない。

であれば充電端子は「USB-C」としておいた方が、Androidユーザーには喜ばれるのでここは残念だった。

ケーブルのとり回しが面倒

装着後の状態

これは、言っても仕方ないし、好みの問題だが「ケーブルが邪魔」と感じた。

かつては当たり前だったのだが、首の周りにケーブルがまとわりつくだけで、不快感をどうしても感じてしまう。

ペアリング操作に一手間かかる

再生ボタン長押しで利用開始

最後が、ペアリング操作。

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンとケースが付属し、ケースからイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードに移行するのが「普通」

しかし、「TT-BH07 MK2」では、再生ボタンを長押しして「ペアリングモードを起動」する必要がある

ケーブルもそうだが、ちょっと前は当たり前だった操作なのだが、人間の慣れとは恐ろしい……。

チー
「TT-BH07 MK2」が悪いわけではないんだけど、完全ワイヤレスイヤホンに慣れすぎた(笑)
TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

終わりに

TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」レビュー

久々に使った「左右独立型ではない」ワイヤレスイヤホン。

  • 利便性を重視するなら「左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン」
  • バッテリー持続時間や音質を重視するなら、「非独立型」

このような使い分けになるのかなと感じた。

気がつけば、選択肢が少なくなった「非独立型」として、TaoTronics Bluetoothイヤホン「TT-BH07 MK2」は有力な選択肢になると思う。

TaoTronics
¥2,999 (2020/12/01 17:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

▼iPhoneユーザーでノイズキャンセリング機能が欲しいなら「Pro」
AirPods Proレビュー

Apple「AirPods Pro」レビュー。買って満足!アクティブノイズキャンセリング機能・つまむ操作が使いやすい!

Apple(アップル)
¥28,820 (2020/12/01 12:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!