Xperia Ear DuoをiPhoneで使うのは厳しい。iPhone・Android両方で使った率直な感想

マルチポイント非対応が致命的な欠点 オーディオ
SPONSORED LINK

Bluetoothヘッドセットが大好きなチー(@ktoi_chi)です。こんにちは。

スマホが普及する前から、Bluetoothオーディオ機器は色々使っていて、

  • 片耳式のヘッドセット
  • 本気で音楽が聴ける、イヤフォン・ヘッドフォン
  • Apple純正のAirPods

などこれまで数十種類は買ったと思う

かつては、通信が切れやすかったり、当たり外れも多かったが、2018年現在としては『ハズレ』に出会うことはほぼない。

だが、2018年4月に購入した、「Xperia Ear Duo(XEA20)」は久々に大ハズレと言える製品だった。

誤解の無いように言えば、

その名の通りXperia(Android)で使えばよいのだが、iPhone(iOS)で使うと大ハズレ

という製品だった。

簡単に紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

Xperia Ear Duo(XEA20)とは

Xperia Ear Duo

「Xperia Ear Duo(XEA20)」はSONYが2018年4月に発売した、新型のBluetoothヘッドセットだ。

スペック的なものを箇条書きで記載すると、

  • 自然な外音を聴きながら、自分だけのBGMを楽しむことができる『デュアルリスニング機能』
  • 下掛けスタイル
  • Google Assistant、Siriなど、音声アシスタント機能対応
  • メッセージなど通知の読み上げ機能対応
  • 価格は「29,880円(税別)」

という感じになる。

3,000円も出せばBluetoothヘッドセットが買える時代に、約3万円という価格は正直少し高い。

だが、価格なりの価値があると感じたのは、

デュアルリスニング機能

だと思う。
僕はこの機能に魅力を感じて購入した。

両耳に着けるヘッドセットは「外音が聞き取りづらい」

最強のiPhone向けヘッドセット「AirPods」

僕がここ数年メインで利用しているBluetoothヘッドセットは、Apple純正の「AirPods」だ。

基本的にほぼ不満がないのだが、唯一の欠点は、

AirPodsを着けていると外音が聞き取りづらく、会話がしづらい

ということだった。

カナル型イヤフォンではないため、聞こえないほどではないが、ある程度耳を塞ぐのは間違いないので聞き取りづらいのは否定できない。

Bluetoothヘッドセットを1日中着けると「耳が痛くなる」

デュアルリスニング機能が目玉

また、AirPodsに限らず、Bluetoothヘッドセット全般に言える欠点は、耳が痛くなるということだ

Bluetoothヘッドセットは電話はもちろん、スマホからの通知を音声で知らせてくれるので、何もなくても着けていれば便利に使うことができる。

ところが、丸1日装着していると耳が痛くなってくる。

製品にもよるし、慣れもあるが、丸1日着けて苦にならない製品は少ないと思う。

Xperia Ear Duoは主にこの2点の改善を期待して購入した。

Xperia Ear Duoを使った感想

発売日に購入したXperia Ear Duo

久々にワクワクして、2018年4月の発売日に張り切って購入。

目玉機能である「デュアルリスニング機能」は非常に便利だった。

  • 外音はクリアに聞くことができる(=会話しやすい)
  • BGMが流れるような、独特のスピーカー音

「ただの音声でしょ?」と思うかもしれないが、未来体験といえるくらい、可能性を感じる便利さだった

欲を言えば、もう少し端末が小型だとよかったとは思うが。

Xperia Ear Duoを使わなくなった理由

Xperia Ear Duoの不満

ただ、デュアルリスニング機能は便利なものの、それ以外の機能には不満がたまった。

その結果、Xperia Ear Duoは2週間程度使っただけで終わってしまった

理由は主に3つある。

  • 長時間着けると耳が痛くなった
  • AndroidとiOSの機能差分が大きすぎた
  • 2台同時接続(マルチポイント)に対応していなかった

長時間着けると耳が痛くなった

Xperia Ear Duoは意外と耳が痛くなる

Xperia Ear Duoはオープンイヤー型といえるような形状をしているが、耳を多少でも覆うことには変わりない。

僕は肌が弱いのか(アトピー性皮膚炎は持ってる)、丸1日着けていると痛くなってしまったし、さらに言うと耳に炎症ができてしまった。

いくら外音が聞きやすくなっても、耳が痛くなってしまっては台無しで、このことは少しショックだった。

適度に着け外ししたらいいじゃないか、と言う人もいるだろうが、

Xperia Ear Duoは着け外しに癖があるので、頻繁にはやりたくない

って感じなんですよね。

これは使ってみて初めて気がついた盲点……。

AndroidとiOSの機能差分が大きすぎた

AndroidとiOSで対応する機能に差があるのは、スペック表通りであり、購入前から分かっていた話だ。

公式サイトの記載を引用すると以下のようになる。

AndroidとiOSの機能比較

正直、この差分の機能は大して使わないと僕は思っていた。

ただ、1日中着けていると、あったらいいなと思う機能は増えてきた。

  • メッセージの内容を、スマホ画面を見ることなく読み上げる機能
  • 次の予定を確認することなく、通知して読み上げてくれる機能
  • 音声アシスタントを声をかけて起動する機能

これらの全ては、iOSは非対応で、Androidなら対応している機能だ

Xperia Ear Duoのデュアルリスニング機能が便利だっただけに、iPhoneへの着信、通話、音楽再生、Siriの『起動』にしか使えないのは痛かった。

さらに言うと、Siriの起動もかなり遅い。

AirPodsなら数秒で起動するが、Xperia Ear Duoでは10秒程度待たされるので、Siriは使い物にならない

2台同時接続(マルチポイント)に対応していなかった

マルチポイント非対応が致命的な欠点

iPhoneでは正直使いものにならないが、僕はガジェットヲタク。

メインスマホはiPhoneだが、手元にはAndroidスマホもあるし、

チー
Androidともペアリングさせて、通知を読み上げさせたらいいじゃないか!!

なんて思ったわけです……

マルチペアリング(複数台とのペアリング情報保持)はもちろん対応しているし、近年のBluetooth機器はマルチポイント(2台の機器に同時接続する)対応もほぼデフォルトなので。

ところが、

Xperia Ear Duoはマルチポイントに『非対応』

このことを知ったときの絶望感と言ったら……

終わりに

Xperia Ear Duoの目玉機能である、デュアルリスニングや音声アシスタント機能は確かに便利だった。

ただ、それはAndroidで使えばの話。

iPhone(iOS機器)ではどれも中途半端で、Bluetoothヘッドセットとしてしか使えない。

正直、iPhoneでの利用にはおすすめできないが、Android、特にXperiaユーザーは使う価値があると思う。

次期モデルに期待したいのは、iOSへの対応を進めるのはAppleの方針もあり難しいと思われるため、せめてマルチポイント(iPhoneとAndroidの同時接続)に対応して欲しいと思った。

Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」レビュー。ペアリングが楽でiPhoneユーザー全てにおすすめ!

2017.02.06

あわせて読みたい

SPONSORED LINK