Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

「cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」レビュー。ダンボー君も選べる、モバイルバッテリー機能付きワイヤレスイヤホン【PR】

アイキャッチ
SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

こんにちは、三重野です。

モバイルバッテリーで有名なcheeroに、また新しい完全ワイヤレスイヤホンが仲間入りしました。

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」は、 ダンボーバージョンもある完全ワイヤレスイヤホンです

最大の特徴は、モバイルバッテリー機能付きケース

イメージ

つまり、いざという時スマートフォン等への充電が可能なんです!

そして、cheeroの定番(?)といえる「ダンボーバージョン」もあります

早速紹介します。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「cheero Wireless Earphone Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」のスペック概要

cheero Wireless Earphone Bluetooth ver.5.1

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」のスペックは以下の通りです。

型番CHE-627
Bluetooth Ver.Bluetooth ver.5.1
プロファイルA2DP/AVRCP/HFP/HSP
対応コーデックSBC/AAC/aptX
通信距離約10m
防水規格IPX5
充電端子USB-C
連続通話/音楽再生時間本体:約10時間
充電時間充電ケース:約3時間
バッテリー容量本体:3.7V/45mAh
充電ケース:3.7V/2200mAh
重さ片耳:5g
充電ケース:80g
価格Amazonで「5,980円(税込)」

冒頭で紹介したとおり、ケースにモバイルバッテリー機能を搭載していることが最大の特徴ですが、その他にも以下の特徴があります。

cheero Wireless Earphone Bluetooth ver.5.1の特徴
  • 最先端Bluetooth ver.5.1搭載
  • バッテリー残量がデジタル表示
  • ケース充電を繰り返せば、最大180時間再生可能
  • AAC、aptX コーデック対応
  • CVC8.0 通話ノイズキャンセリング
  • USB-C 充電

また、目立った機能ではないですが、ピックアップして紹介したいのがイヤホンフック。

完全ワイヤレスイヤホンって、耳から外れやすいと思いませんか?

このイヤホンには、耳から外れにくくなるフック付「サポートホルダー」が用意されています。

自分に合わせて

しかも、イヤーピースは5種類(L、M、S、SS、SSS)も付属しているんです!

Danboard_ear

ダンボーバージョンには本体色のサポートフォルダー。こだわってます(笑)

三重野
耳から外れにくいのは嬉しい!

ただし、油断は禁物。

運が悪ければ、「海ポチャ」「トイレポチャ」してしまいます。

くれぐれもご注意ください。

カラーバリエーションは以下の3色。

  • ブラック
  • ホワイト
  • ダンボーバージョン

価格は、Amazonで「5,980円(税込)」です。

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1 の開封レポート

パッケージ

通常タイプ、ダンボーバージョン、どちらもcheeroらしい、おしゃれなパッケージ。

同梱されているのは、以下です。

同梱品
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース5種
  • サポートホルダー2種
  • 充電用USB-A to Cケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書(1年間)

cheeroは、日本のメーカーだから、取説もわかりやすくて安心。

日本語取説 取説.2

読むのが大変なくらい、しっかり詳しく説明されています。

同梱品

通常タイプのケースには、お決まりの「cheeroマーク」

ケース

ダンボーバージョンと並べると、

Danboard

素材・質感、なかなかいい感じです。

蓋もきちんと閉まって工作精度も素晴らしい!

ダンボーサイズ感
三重野
ダンボー君、イイ感じです!
モバイルバッテリー機能付でもコンパクト、持ちやすいサイズ。

角も丸くて手に馴染み、ポケットに入れても痛くないです。

ただし、ストラップホールはありません

充電端子は「USB-C」。

充電端子

電池残量デジタル表示、本体充電インジケータは、ケースの中です。

充電インジケータ

使い方は、簡単!

初めて使う時、スマホとペアリングするだけです。

次回からは、ケースから取り出すと自動的につながります。

iPhone SE(第1世代)での動作確認です。すべての端末の動作を保証するものではありません。

ちょっとマニアックな検証ですが、通常タイプとダンボーバージョンを同時登録したらどうなるか試してみました。

デバイス名は同じちょっとややこしいですが、それぞれ個体識別されているので問題なく使い分けられます。

CHE-627-Lが親機なので、Rが未接続という表示で正常です。

BT_0 BT_1

iOS(iPhone SE 第1世代)、iPad mini(第5世代)、Android(Galaxy Note8)、接続安定性(左右の再生)は、全く問題ありませんでした

YouTubeなどの動画再生時も音ズレ(遅延)は、ほぼ違和感がないレベルです(「音ズレチェック用動画」で検証)

シビアなレスポンスが要求されるゲームなどは、自己責任でお願いします。

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1 のここが良かった!

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」を実際に使ってみて、感じたことを紹介します。

まずは良かった点。

良かった点
  • いざという時スマホを充電できる、モバイルバッテリー機能付き
  • 自分に合わせて幅広く調整できるイヤーピース、外れにくいサポートホルダー付属
  • ダンボーバージョンがある

いざという時スマホを充電できる、モバイルバッテリー機能付き

このイヤホン1つ持ち歩けば、日常使用なら充電を気にすることなく音楽や動画再生をたっぷりと楽しむことができます。

そして、いざという時、スマホの充電ができる

これは心強いですよね。

実際に、充電してみました。

Galaxy Note8は「4.89V/0.34A」で充電されています。

Note8充電

続いて、iPhone SEは「4.74V/0.55A」で充電されている状態です。

iPhone充電

USB-PD」など急速充電規格には対応していないですが、いざという時の安心感が嬉しい機能です。

バッテリー消費の多い、YouTube視聴やナビゲーション起動時も安心ですよね。

自分に合わせて幅広く調整できるイヤーピース、外れにくいサポートホルダー付属

自分に合わせて

冒頭でも紹介しましたが、このイヤホンには、耳から外れにくくなるフック付「サポートホルダー」が用意されています。

しかも、イヤーピースは5種類(L、M、S、SS、SSS)も付属しているんです!

「完全ワイヤレスイヤホンは便利だけど、耳から外れやすい」

と思っている方には是非使ってみてください。

ダンボーバージョン!!登場

Amazonでダンボーシリーズを探すと、こんな感じ。

実は、cheeroの大人気シリーズ!

danboard検索

ケースが段ボール型!

ダンボーサイズ感

ダンボーバージョンも登場です!

cheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1 のここがイマイチ

ただ、イマイチだった点もあります。以下の3点です。

イマイチな点
  • タッチセンサーによる誤動作
  • 騒音ノイズキャンセリング機能なし
  • バッテリー管理に気を使う?

タッチセンサーによる誤動作

タッチセンサー

タッチセンサー独特の誤動作にイラっとすることもあります。

でも操作に慣れてくると、物理スイッチよりスマートに操作できるかもしれません。

僕はちょっと苦手です。

騒音ノイズキャンセリング機能(アクティブノイズキャンセリング)なし

CVCノイズリダクション機能

本機には、騒音の中で静かに音楽を聴けるような機能、いわゆる「ノイズキャンセリング機能(通称ノイキャン)」には対応していません

SONY「WF-1000XM3」、Apple「AirPods Pro」が対応したことで、「アクティブノイズキャンセリング」はかなり一般化しました

ただ、これらの機能は3万円程度する「高級機」にのみ搭載されており、「5,980円」の本機はさすがに非対応です。

通話時のみ動作する、「CVC8.0ノイズキャンセンリング」には対応します

バッテリー管理に気を使う?

cheeroは今回、ケースにモバイルバッテリー機能を付けました。

そのため、バッテリー管理には今までにない気の使い方が必要かもしれません。

2200mAhのモバイルバッテリーは「おまけ」レベルです

あくまでも緊急用、過度の期待はしないでください。

終わりに

令和2年(2020年)、cheeroからモバイルバッテリー機能付きの完全ワイヤレスイヤホン通常タイプ「ccheero Wireless Earphones Bluetooth ver.5.1(CHE-627)」とダンボーバージョンが登場しました。

cheeroブランドの看板といえる、モバイルバッテリー機能を、イヤホンケースに搭載する

この新しいアプローチ、ユニークですよね。

「見極め」、「見立て」、「見切り」が、今回もcheeroらしい!

と感じました。

三重野
可愛くて、賢いダンボー君もよろしく〜!

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

▼iPhoneユーザーでノイズキャンセリング機能が欲しいなら「Pro」
AirPods Proレビュー

Apple「AirPods Pro」レビュー。買って満足!アクティブノイズキャンセリング機能・つまむ操作が使いやすい!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!