「Surface Headphones」レビュー。クリエイティビティを追求し、邪魔にならないヘッドホンの細部に詰まった「こだわり」を紹介【PR】

Surface Headphones イヤホン・ヘッドホン
SPONSORED LINK

2019年1月に発売された「Surface Headphones」は、Microsoftが考える「クリエイティビティ」を追求したヘッドホン

Yuhei FUJITA
「クリエイティビティ」を追求したヘッドホンとはどんなものなのか?

以前から気になっていた、「Surface Headphones」を1週間試用する機会をいただいたので、早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「Surface Headphones」を使ってみて良かった点

1週間という短い期間だが、試用してみて良かった点が3点ある。

Surface Headphonesの良かった点
  • 付属ケースに平らに収納できるので、意外とコンパクト
  • Surface専用じゃない、デバイスを選ばない複数同時接続(マルチポイント)
  • 調節可能なノイズキャンセリング機能

ヘッドホンといえば、ノイズキャンセリング(ノイキャン)機能を売りにする製品が多い。

しかし、「Surface Headphones」はノイズキャンセリング機能を調節できるなど、独自の操作方法があり、オーディオ機器っぽくないのが面白かった。

ちなみにワイヤレスヘッドホンの場合、動画再生時の「遅延」が問題になることがあるのだが、全くとは言わないものの、気になるレベルではなかった。

付属ケースに平らに収納できるので、意外とコンパクト

僕は一時期、屋内・屋外問わず、ヘッドホンを利用していた時期があった。

しかし、不便だったのがしまう場所に困る、ということだ。

そのままカバンに入れると、壊れそうなので、基本首にかけていたが、使わないときは邪魔。

ヘッドホンのしまう場所がない

今までは、カバンの持ち手にぶら下げてた

しかし、Surface Headphonesには、専用のケースが付属している。

MVIMG_20190519_060555

専用ケースは他社製品でも同梱していることが多いが、「Surface Headphones」はスピーカー部分が曲がって、平らになるので比較的薄型になる

ケースもしっかりしているので、カバンに入れていて壊れる心配もないのも高評価。

MVIMG_20190519_060541

このおかげで、出先での「ヘッドホンしまう場所ない」問題が、解決した。

Surface専用じゃない、デバイスを選ばない複数同時接続(マルチポイント)

Surface Headphonesは、名前に「Surface」と入っている。

このため、「Surface専用ヘッドホン」と思う方もいるだろうが、そうでもない

基本的にBluetooth接続できれば、どんなデバイスでも、接続可能だ。

  • Windows
  • macOS
  • iOS
  • Android

これらのOSでは問題なくBluetooth接続可能で、音声の再生が確認できた。

Surface HeadphonesはあらゆるOSで利用可能

主要なパソコンやスマホは、問題なく使える

タッチパッドによる操作など、Surface Headphones独自機能のほぼ全てが、デバイス関係なく利用できる。

AirPodsとiOS/macOSのように、「専用デバイス」という感じは全く無い。

Yuhei FUJITA
パソコンはWindowsだけど、スマホはiPhoneなんて人でも、快適に使えます!

マルチペアリングに対応で接続先の切り替え不要

また、Surface Headphonesは同時接続機能も充実している。

パソコンとスマホで同じイヤホンやヘッドホンを使いたい

そんな方は多いと思うが、Surface Headphonesはマルチポイントに対応しているので、複数デバイスに同時接続できる

Surface Headphonesは同時接続可能

シームレスに、再生元のデバイスを変更できるのは、想像以上に便利だった。

AirPodsとiPhone・iPadを繋いでいるようなケースで、再生元のデバイスを変更する場合、いちいち設定をいじる必要があり、地味に面倒なので嬉しいポイントだ。

ちなみに、パソコン2台とスマホ2台を同時に接続してみたが、すべて同時接続できた

マルチポイントに対応するが、同時再生は不可能

しかし、接続はできても、同時再生には注意が必要だ。

Surface Headphonesは、Bluetoothヘッドフォンとしては案外珍しい「マルチポイント」に対応している。

複数機器のペアリング情報を保存できる、マルチペアリングとの違いは以下の通り。

機能意味
マルチペアリング複数のデバイスの接続情報を保存できるPCとペアリング中に、スマホへの接続へペアリング操作無しに切り替えられる
マルチポイント複数のデバイスに同時接続できるパソコンでも音楽を聴きながら、スマホにかかった電話で通話する

しかし、同時接続は維持できても、複数台で同時に音楽を再生することはできない

同時に音楽再生は出来ない

基本的には後勝ちになってしまうのだが、僕はこれのせいで、「パソコンでYouTubeを視聴中に、うっかりスマホで音楽を再生し、パソコンの再生デバイスが本体スピーカーに切り替わる」という悲劇に見舞われた。

調節可能なノイズキャンセリング機能

そして、ヘッドホンとしては目玉機能の1つといえる、ノイズキャンセリング機能。

ノイズキャンセリングというと、周囲の音を聞こえなくするものだ。

しかし、Surface Headphonesのノイズキャンセリングは、効き具合を調節できる。

ノイズキャンセリングの調節

ノイズキャンセリングを強くすると、周囲の音をカットアウトしてくれるが、逆に弱くすると、周囲の音を強調してくれるのだ。

調節可能なノイズキャンセリング

一見、ノイズキャンセリングとは真逆の機能だが、これはかなり便利。

例えば、以下のようなケースは、むしろ周囲の音が聞こえてほしい。

  • 人と会話するとき
  • 外を出歩くとき

そうしたときに、ダイヤルを回すだけで、周囲の音を聞くことが出来る。

わざわざ音量を下げたり、ヘッドホンを外す必要がないというのは、便利だと思った。

クリエイティビティを生み出す工夫

Surface Headphonesは、冒頭で書いたとおり、「クリエイティビティ」に配慮された製品だ。

そのため、細かな工夫が詰まっている。

大学生にクリエイティビティを与えるノートPCは「Surface」。MicrosoftのTouch&Tryイベントに参加してきた

2019年3月12日

具体的には以下の3点が、便利と感じた。

  • 音声ガイドが親切
  • 外すと再生停止、付けると自動再生(=スマホの操作が不要)
  • タッチパッドやダイヤルによる操作

音声ガイドが便利

Surface Headphonesは、電源ON時に、音声ガイドが再生される。

内容は、以下の2項目。

  • 接続されているデバイス名
  • バッテリー残量

これが、思っている以上に便利だった。

どのデバイスに接続されているか確実にわかる

Surface Headphonesは、マルチペアリング対応なので、「確実にこのデバイスに接続されている」という保証がない。

そのため、「スマホにつながっていると思ったら、パソコンにしかつながっていなかった」ということが発生する。

Surface Headphonesは、デバイスと接続されると、デバイス名を読み上げてくれるので、そのようなミスが起きない。

接続端末名の読み上げ

バッテリー残量を「時間」で教えてくれる

「バッテリー残量」の通知も便利だ。

なぜなら、バッテリー残量を「%」ではなく「利用可能時間」で教えてくれる

残り稼働時間の読み上げ

「%」だと、具体的にいつまで使えるのかわからないので、この表現方法は、他でも採用してほしい。

外すと再生停止、付けると自動再生

Surface Headphonesには、スピーカー部分に近接センサーがある。

このため、ヘッドホンの着脱に合わせて、音楽の再生/一時停止が、自動で行われる

ヘッドホンを外したときに、音楽を停止し忘れることは、意外と多い。

ちょっとしたことだが、あると便利な機能だ。

タッチパッドやダイヤルによる操作

最近のワイヤレスヘッドホンは、音楽の再生/停止など、簡易操作が可能な物が多い。

しかし、その大半は、ヘッドホン本体についている「ボタン」を操作するため、誤操作が発生しやすい

そこで、Surface Headphonesはタッチパッドによる操作を採用している

側面はタッチパッド

よくあるのは、本体やコードに小さいボタンがついているもの。

正直、これは場所がわかりにくく、押しにくい。

しかし、Surface Headphonesのように、大きなタッチパッドであれば、手探りでボタンを探す必要もなく、確実にすばやく操作できる

操作方法も単純だ。

タッチパッドとダイヤルの操作方法

一つ残念なのが、左右で機能を変えるなどのカスタマイズはできないことだろうか。

音量とノイズキャンセリングはダイヤル操作で

そして、もう一つの操作方法がダイヤル操作だ。

Surface Headphonesのタッチパッド周辺は、実はダイヤルのようにクルクル回る。

これを回すことで、ノイズキャンセリングと音量を、調節できる。

これの何が嬉しいかというと、直感的な操作が出来る、ということだ。

+/-タイプのボタンだと、音量を変えるときに何度もボタンを押さなければならない。

しかし、ダイヤルであればワンアクションで調節が可能だ。

タッチパッドの周辺がダイヤル

ノイズキャンセリングも、同様の操作で調節可能だ。

操作性の分かりやすさ

Surface Headphonesはこの点にこだわって作られている、ということは強く感じた。

終わりに

ヘッドホンといえば、音質やノイズキャンセリングの性能で勝負する製品が、一般的には多い。

そんな中、MicrosoftのSurface Headphonesは、使いやすさやクリエイティビティといった、今までにない角度で勝負してきた。

音質やノイズキャンセリングの性能は、約4万円という価格を考えると、同価格帯のヘッドホンほど、良いとは言えない。

しかし、その使用感は以下の点で他製品と大きな差があるように感じた。

  • タッチパッドやダイヤル操作
  • 細かい気遣い機能
Yuhei FUJITA
ヘッドホンは集中できるし便利だけど、邪魔

僕はそう思っていたが、これなら日常的に使っても、「ヘッドホンが邪魔」になることがない。

ヘッドホンの不便な部分を、上手く解決した製品と言える。

マイクロソフト
¥26,595 (2019/06/20 16:15:26時点 Amazon調べ-詳細)

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2019年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン4選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
チー
今一番のおすすめは、7,999円でこのタイプとしては安価なAnker「Soundcore Liberty Air」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
Anker「Soundcore Liberty Air」レビュー

Anker「Soundcore Liberty Air」レビュー。AirPodが高いという方におすすめ!1万円以下でも高品質な完全ワイヤレスイヤホン

2019年1月27日

▲信頼と実績の「Ankerクオリティ」が魅力

SONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」レビュー

SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」レビュー。ノイズキャンセリング機能付きで、iPhoneでも使いやすいが惜しい!

2019年1月23日

▲今僕が一番長く使っています。ノイズキャンセリング機能付きで、仕事中に使うと快適!

完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(第1世代)」レビュー。ペアリングが楽でiPhoneユーザー全てにおすすめ!

2017年2月6日

▲iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ

\ iPhoneユーザー必携 /

「AirPods」を買う

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年5月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK