ワイヤレスヘッドホン「Mpow H20」レビュー。冬に使うなら「暖かい」のが魅力&洗練されたデザインの高コスパヘッドホン【PR】

イメージ イヤホン・ヘッドホン
SPONSORED LINK

こんにちは、三重野です。

皆さま、「Mpow(エムポー)」というメーカーを知ってますか?

以前、「Mpow T5(M5)」という完全ワイヤレスイヤホンを紹介した、コスパの高いイヤホンで評判のメーカーです。

この記事で紹介する「Mpow H20 ヘッドホン」は、Bluetooth5.0 クアルコム製最新チップQCC3034を搭載した「ワイヤレスヘッドホン」です。

僕は冬になってくると、「耳が暖かい・ヘッドホン」で聴きたくなります

耳をすっぽり包み込むヘッドホンは、夏場は暑くてイヤになりますが、冬場は暖かい(笑)

あと、臨場感に優れ、音楽や映像の世界に没入できるのは、やはり「ヘッドホン」だと思います

早速、ご紹介しましょう。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「Mpow H20 ヘッドホン」のスペック概要

「Mpow H20 ヘッドホン」のスペック概要<

Mpow H20 ヘッドホン」のスペックは以下の通りです。

製品型番BH322A
BluetoothバージョンBluetooth V5.0
BluetoothチップQCC3034
対応コーデックAAC,apt-X HD,apt-X,
BluetoothプロファイルHSP,HFP,A2DP,AVRCP
周波数範囲20Hz〜20kHz
充電端子micro-USB
連続再生時間25〜30時間
充電時間2〜3時間
バッテリー容量3.7V/500mAh
ノイズキャンセリング機能通話ノイズキャンセリング
価格Amazonで「5,999円」
本機のノイズキャンセリングは「通話」ノイズキャンセリングです。

騒音を軽減する「アクティブ・ノイズキャンセリング」ではありませんので、ご注意ください。

価格はAmazonで「5,999円」です。

「Mpow H20 ヘッドホン」のいいところ

Mpow H20パッケージ

ヘッドホンは製品としては「枯れた」ものなので、単純なスペック比較をしてもなかなか違いは分かりません。

基本的に「高いものほど、音質も良く高機能」というのは間違いないので、「5,999円」の本機にそういうものを求めるのはナンセンスでしょう。

ただ、コスパは抜群に高いと思いました

実際に使ってみて、良くできていると感心しました。

Mpow H20のいいところ
  • 洗練されたデザイン、高品質な仕上がり
  • ヘッドホンならではの没入感、密閉感があるので、アクティブ・ノイズキャンセリング(以下、ANC)は、ほぼほぼ不要
  • 30時間連続再生可能なバッテリー
  • クリアーな高音と深みのある低音&apt-X HDコーデック対応
  • 折り畳んでコンパクトに持ち運び出来る
  • 伸縮部分はステンレス製で高い耐久性
  • CVC8.0通話ノイズキャンセリング
耳当て

耳当ては、柔らかくふかふか、暖かいです(笑)
ついでに頭頂部も、ソフトパッドでふかふか。

物理ボタン

物理ボタン操作だから、イラッとする誤動作がない!

有線ケーブル

有線ケーブルにも対応。電池切れでも使えます。

折り畳み

折り畳んでコンパクトに持ち運びできます。

ステンレス製

伸縮部分は、耐久性の高いステンレス製。

この価格では信じられないほどの工作精度ですし、目盛りはレーザー刻印されています。

細部へのこだわりを感じました。

これ以外にも、数え上げたらキリがないくらい、とても完成度が高いヘッドホンです。

Mpow H20の開封レポート

Mpow H20パッケージ

簡単な開封レポートをします。
シンプルで鮮やかなパッケージ、大好きな色です。

付属品

同梱品は以下でした。

Mpow H20の同梱品
  • 本体
  • 収納袋
  • microUSB充電ケーブル
  • 3.5mmオーディオケーブル
  • 取扱説明書
  • 充電ヒントカード

収納袋はレザー調で高級感があります。

Mpow H20取説

取扱説明書は、ちゃんとした日本語に対応しており安心して使えます。

使い方は……まず、充電です(笑)
これ、重要。

充電ランプ

充電中は、LEDが赤点灯します。

充電完了後、初めて使う時はスマホとペアリングするだけです。

次回からは、電源ボタンを「5秒くらい長押し」すると自動的につながります。

「Power ON , Connected」という女性の音声ガイドが流れ、接続が確認できます。

Mpow H20 のここが良かった!

イメージ

スペック的な魅力は、記事の前半で紹介したとおり。

ただ、この記事を書いているのは「冬」です。

冬場は、完全ワイヤレスイヤホンより、やっぱりヘッドホンですよ!

暖かいから!

そして、臨場感と没入感、ANCなんて要らない密閉感はヘッドホンならではです。

Mpow H20 のここがイマイチ

とにかく良くできたたヘッドホンですが、強いて挙げれば以下の2点が欠点です。

イマイチな点
  • ブランド力の無さ
  • アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)非搭載

……それくらいです(笑)

CVC通話ノイズキャンセリング機能とは

簡単に補足すると本機は、

CVC8.0通話ノイズキャンセリング

というノイズキャンセリング機能を搭載しています。

確かに、「ノイズキャンセリング機能(通称ノイキャン)」ではありますが、本機のノイキャンは「通話時に働くもの」

SONY「WF-1000XM3」やApple「AirPods Pro」で有名になった、騒音の中で静かに音楽を聴けるような機能「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」ではありません

終わりに

イメージ

Mpow H20 ヘッドホン」の製品としての完成度は、驚くほどです。

「5,999円」という価格から想像できない品質!

アクティブ・ノイズキャンセリングが必要なければ、イチオシのヘッドホンだと思いました。

ワイヤレスイヤホン・ヘッドセットに関する記事

AirPodsの登場以来、「完全独立型ワイヤレスイヤホン」が増えています。まだまだ、進化中の製品ですが便利なので是非使ってみてください。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2019年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン5選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
チー
今一番のおすすめは、5,999円でこのタイプとしては安価な「Mpow M5」です。

「ケーブルってこんなに邪魔だったの!」と驚くくらい、便利なので1度体験してね!
▼マイナーメーカーですが品質は高いです!
Mpow T5レビュー

「Mpow T5(M5)」レビュー。6,288円で買える、使い勝手もよく、音質に優れ、高級感のある完全ワイヤレスイヤホン【PR】

2019年9月8日
▼価格は高いですが、ノイズキャンセリング機能付き「決定版」と言える品質と機能!
SONY完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」レビュー

SONY「WF-1000XM3」レビュー。遅延・バッテリー駆動時間の短さを解消した、ノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

2019年10月22日
▼iPhoneユーザーなら使い勝手含めて一番のおすすめ
第2世代AirPodsレビュー

Apple「第2世代AirPods」レビュー。第1世代と比較して何が変わった?ワイヤレス充電は便利、バッテリー交換も少し安くなったよ

2019年7月20日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年12月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK